サイドバー

【知らなきゃ損】ディーラーで廃車手続きする際の3つの秘訣

愛車の査定価格をチェック 愛車の査定価格をチェック
ご利用の愛車について
必須
必須
任意
お客様について
必須
必須
任意
任意
×

メーカーを選択してください

国産車

トヨタ

レクサス

日産

ホンダ

マツダ

スバル

スズキ

三菱

ダイハツ

いすゞ

光岡自動車

日野自動車

UDトラックス

輸入車

メルセデス・ベンツ

AMG

BMW

BMWアルピナ

アウディ

フォルクスワーゲン

オペル

ポルシェ

スマート

キャデラック

シボレー

ビュイック

ポンテアック

ハマー

GMC

フォード

リンカーン

クライスラー

ダッジ

ジープ

ロールスロイス

ベントレー

ジャガー

ランドローバー

ロータス

ローバー

ボルボ

サーブ

プジョー

ルノー

シトロエン

フィアット

アルファロメオ

フェラーリ

ランボルギーニ

マセラティ

ランチア

ヒュンダイ

その他・不明

車種を選択してください

走行距離を選択してください

10万キロ以上でも高価買取!

2万km未満

2万~4万km

4万~6万km

6万~8万km

8万~10万km

10万~15万km

15万~20万km

20万km以上

都道府県を選択してください

全国どこでもお引き取り無料!


年式の古い車や故障車を、ディーラーでお得に廃車手続きをしたいと思っていませんか?

実はディーラーでお得に廃車するためには下記の3つの方法があります。

  • 新車購入の特典を利用する
  • 自分でディーラーに車を持ち込む
  • 親しい販売員に依頼する


上記の方法を使えば、ディーラーでもお得に廃車できます。

今回はこれらの方法を深掘りするほか、ディーラーで廃車手続きをする手順について解説します。

また、ディーラーでお得に廃車できなかった場合のために、ディーラー以外で廃車する方法についても紹介。

この記事を読めば、自分がどうやって廃車するのがベストなのか?明確になります。

※本記事でいう、ディーラーと新車の定義は下記の通り

ディーラー:トヨタやホンダなどのメーカーと特約店契約を結んでいる販売業者のこと
新車:一度も使用されておらず、初年度登録がされていない車のこと

12月中に廃車すると


23,000

※普通自動車(1600CC)の場合※軽自動車には自動車税の還付制度はございません※自賠責・重量税の還付金は買取価格に含めて提示します。

ハイシャルなら自動車税の還付金が受け取れる
目次

ディーラーでお得に廃車手続きする3つの秘訣

結論から言うと、ディーラーでお得に廃車する秘訣は次の3つです。

  • 新車購入の特典を利用する
  • 自分でディーラーに車を持ち込む
  • 親しい販売員に依頼する


なぜなら、上記の方法を使わずディーラーで廃車手続きをすると、数万円かかるからです。

たとえば、買取額がつかなかった年式が古い車の廃車手続きをした場合、約5万円(手続き代行費用2万円、陸送費用3万円)かかったというケースもあります。

ですので、ディーラーで廃車手続きをする際はこれらの方法を使いましょう。

1つずつ詳しく説明していきます。

新車購入の特典を利用する

ディーラーでお得に廃車手続きする秘訣の1つ目は、【新車購入の特典を利用する】です。

なぜなら、車を買う前提であれば廃車手続きを安くしてくれたり、廃車の費用分(1~5万円)を新車代金から割引してくれることが多いからです。
その他、カーナビなどのオプションを無償でつけてくれるケースも。

ディーラーは新車を購入予定の顧客を逃がさないようにしているため、このような特典をつけてくれます。

もし、ディーラーで車を乗り換える予定なら、新車購入の特典があるか確認すると良いでしょう。

自分でディーラーに車を持ち込む

ディーラーでお得に廃車手続きする秘訣の2つ目は、【自分でディーラーに車を持ち込むこと】です。

なぜなら、持ち込めば引き取りの費用がかからないからです。
ディーラーに車の引き上げをお願いすると、約2~3万円の費用がかかってしまいます。

車が自走できる状態であれば、自分でディーラーに車を持ち込みましょう。

もし、車が動かない場合や故障で自走できない場合は、自分でレッカーを手配するのがおすすめです。

会員ステータス 料金
JAF会員 15km圏内は無料
非会員*1 13,130円*1

*1 非会員の場合、けん引料730円(1km毎)が別途必要

JAF会員だと15km圏内は無料で車を運んでくれます。非会員の場合は13,130円です。

ディーラーにレッカーをお願いすると、3万円と高額になることもあるので、JAFなどのロードサービスと比較して、価格が抑えられる方を選びましょう。

新車を購入し、自宅で納車してもらうオプション(5,000円~1万円)をつけた場合、廃車予定の車を乗って帰ってもらえることがあります。動かない車の場合は乗って帰ることができないため、引き上げ費用が別途約2~3万円必要になります。

親しい販売員に依頼する

ディーラーでお得に廃車手続きする秘訣の3つ目は、【親しい販売員に依頼する】です。

その理由は、車検や点検などで対応してもらっている得意先の販売員がいれば、廃車費用を安くしてもらえることがあるからです。

基本的にはディーラーで廃車をする費用はディーラー全体で決まっています。
しかし、ディーラーとの付き合いが長いのであれば、交渉次第で廃車費用を安くしてくれる場合があります。

そのため、ディーラーで廃車する場合は、良好な関係性が築けている販売員に頼むのが1つの手です。

ディーラーで廃車すると、最大5万円かかる場合もありますが、

  • 新車購入の特典を利用する
  • 自分でディーラーに車を持ち込む
  • 親しい販売員に依頼する

上記の3つを使えば、この料金を無料にできますよ。

ディーラーで廃車手続きをする際の注意点

ここまではディーラーでお得に廃車する方法を説明してきましたが、手続きをする上での注意点があるので紹介します。

それは還付金を受け取れるかはディーラーによって異なることです。

具体的に説明していきます。

廃車の手続き(永久抹消登録*2)をすると、下記の還付金を受け取れます。

*2永久抹消登録とは・・・車体を解体した後に行う廃車申請

還付金 説明
自賠責保険 自動車の所有者が加入を義務付けられた保険。車検の残りがある場合は月割りで還付される。例)車検の残りが6カ月ある普通自動車を廃車した場合の還付額は4,070円
自動車重量税 自動車の重量に応じて支払う税金。車検の残りがある場合は月割りで還付される。
例)車検の残りが6カ月ある0.5超~1t以下の重量の普通自動車を廃車した場合の還付額は4,100円
自動車税 4月時点で自動車の所有者が支払う税金。3月以外に普通自動車を廃車した際に月割りで還付される。※軽自動車は還付の対象外
例)12月に1,000cc超~1,500ccの普通自動車を廃車した場合の還付額は8,600円

詳しい還付額はこちらの記事で、早見表を使って紹介しています。

ディーラーで廃車する際の【自賠責保険】や【自動車重量税】の還付金は、廃車の手続き費用と相殺されます。

【自動車税】は、廃車して約2カ月半後に都道府県税事務所から別途還付されることが一般的です。

例)車検の残り6ヵ月、重量1t、1,500ccの車を12月に廃車した場合

廃車費用が15,000円を仮定すると、
自賠責の還付金(4,070円)と自動車重量税の還付金(4,100円)が相殺されるので、実質の負担は6,830円になります。

また、自動車税8,600円は廃車手続きの約2カ月半後の12月中旬頃に還付されます。

上記のような還付の流れが一般的ですが、なかにはこれらの【自賠責保険】や【自動車重量税】や【自動車税】の還付金を客に返さないディーラーもいます。

トラブルを避けるためにディーラーに廃車手続きを依頼する前に、還付金は受け取れるかを確認することが大切です。

-補足-
自賠責保険は車両入替という手続きを取ると、現状の契約を新しい車に引き継げます。
その場合、今の車を廃車しても自賠責保険の還付金は受け取れませんのでご注意をください。

車両入替は下記のように、できる場合とできない場合があります。

できる場合
⇒現状の車から同じ車種に乗り換え、同じ保険会社の契約を継続する場合

できない場合
⇒現状の車から別の車種に乗り換える場合や保険会社を他社に変更する場合

ディーラーでは、自分の車が車両入替できるか教えてもらえるほか、手続きも無料で代行してくれます。

ディーラーで廃車手続きする手順

次にディーラーで廃車手続きをする手順を3つに分けて紹介します。

  1. 車を引き取る日を決める
  2. 必要書類を準備し、引き取り時までに渡す
  3. 自動車税の還付を受け取る


1つずつ説明していきます。

車を引き取る日を決める

ディーラーで廃車することに決めれば、車を引き取ってもらう日時を決めます。
新しく車を購入する場合は、納車と廃車のタイミングを合わすため、納車日に引き取ってもらうことが一般的です。

新車は在庫がある場合でも、成約してから納車されるまで1~3週間ほどです。
人気の車種で生産が間に合っていない場合は、2カ月以上要することもあります。
(2022年1月現在では半導体不足のため、納車にさらに時間がかかります)

納車日を考えて、車を引き取ってもらう日時を決めましょう。

必要書類を準備し、引き取り時までに渡す

引き取り日が決まれば、廃車に必要な下記の書類を集めます。

  • 車検証
  • 自賠責保険の証明書
  • リサイクル券*3
  • 印鑑証明書(普通自動車の場合必要)

*3リサイクル券とは・・・車を購入した際にリサイクル料金を支払ったという証明書。リサイクル料金は、廃車の際に出るゴミのリサイクルやフロン類を処分するコストに使われる。紛失した場合は、自動車リサイクルシステムのHPからダウンロードできる。詳しくは、廃車に必要なリサイクル券とは?金額や紛失時の対処法も解説をご参考ください。

これらの書類に加えて、ディーラーが用意してくれる以下の書類を記入する必要があります。

  • 譲渡証明書(押印が必要)
  • 委任状(押印が必要)

※普通自動車の場合は実印、軽自動車の場合は認印でOK

引き取りの日までに上記の必要書類を渡して、ディーラーに車を引き取ってもらいましょう。

自動車税の還付を受け取る

車の引き取りが終わり、無事に車が廃車されると、廃車した車の自動車税の還付金を受け取ります。

廃車の手続きが完了した約2カ月半後に、都道府県税事務所から還付の通知書が来るので、その書類を指定された金融機関の窓口に持参することで、還付金の受け取りができます。

これらがディーラーで行う廃車の手続きの一連の流れになります。
ディーラーの販売員が説明してくれるので、難しくないですよ。

ディーラーで廃車手続きをする最大のメリットは、窓口が1つで済むことです。
廃車から新車の乗り換えを1つの窓口ですべて完了させることができるので、スムーズな乗り換えが可能です!

ディーラー以外の廃車を頼む方法もある

ここまではディーラーでお得に廃車手続きする方法を解説してきました。

しかし、なかには新車購入の特典が使えないケースなど、ディーラーならではのメリットを受けられない場合もあるかもしれません。

ディーラー以外で、お得に廃車手続きをする方法はないのでしょうか?

ディーラー以外で廃車手続きをする方法として、下記の2つが挙げられます。

  • 中古車買取業者に依頼する
  • 廃車買取業者に依頼する

それぞれのメリットとデメリットを表でまとめてみました。

メリット デメリット
中古車買取業者 ・スムーズに乗り換えが可能

(中古車買取店で乗り換える場合)

・費用がかかる

※乗り換えの場合、手数料は無料になることも

廃車買取業者 ・0円以上の買取を保証

・車の引き取り費用が無料

・廃車手続き費用が無料

・ディーラー以外に連絡を取る必要がある

特徴を1つずつ詳しく見ていきましょう。

中古車買取店で廃車する

中古車買取業者に廃車を依頼すると手続きを代行してくれますが、約1万円かかります。
しかし、車を買い替えする場合、手数料を無料で行ってくれることもあります。

下記は中古車買取業者ガリバーのサイトを参照。

ガリバーの廃車買取では、手数料などは一切頂いていません。買い取ることができず廃車引取となった場合のみ、原則として9,800円の手続き費用を頂戴しています。ただし次のクルマもガリバーで購入していただいた場合、手数料が無料になるケースもございます。
※2022/1/25時点
ガリバー

もし、中古車買取店で車の乗り換えを検討しているならば、お金をかけずに廃車できる場合もあり、スムーズに乗り換えすることができます。

廃車買取業者で廃車する

廃車買取業者とは、ディーラーや中古車買取業者で値段がつかなかった古い車や故障車の買い取りを専門にしている業者で、どんな車でも0円以上の買い取りを保証しています。

廃車買取業者で廃車を依頼すると、手続き費用は一切かかることがありません。
また、車の引き上げ費用もかからず、廃車の手続きもすべて代行してくれます。

ディーラーにお願いしたら、廃車扱いで処分費用が1万円かかってしまう車でも、廃車買取業者に頼むと数万円の値段が付いたというケースも多数あります。

廃車買取業者が古い車を買い取れる理由は、使えるパーツを取り出すほか、車を解体して鉄やアルミなどを資源として再利用しているからです。

そんなメリットがたくさんある廃車買取業者ですが、注意点もあります。
それは、ディーラー以外にも連絡を取る必要があるので、少し手間が増えることです。

ディーラーで廃車する場合は、納車日=廃車する車の引き上げ日 のようにディーラーがすべて調整してくれます。

一方、廃車買取業者を利用する場合は、自分で日程調整をしないといけません。
新しい車が納車されると同時に、車を引き取ってもらわないと車のない生活を数日送ることになるので、通勤や送り迎えなど普段から車をよく使う方は注意が必要です。

たいていの廃車買取業者は、1週間以降の予定であれば予約を取ることができます。
もし、車を乗り換えるのであれば、納車日を決める同時に廃車買取業者に連絡をし、引き取りしてもらう日時を決めましょう。

廃車買取業者の場合は、ディーラーで車を引き取ることも可能です。ですので、新しい車をディーラーで受け取る日にちに合わせて廃車の引き取りの手配することもできます。

中古車買取業者に頼んだ方がいい人

2つの廃車手続きの選択肢を紹介しましたが、中古車買取業者で廃車手続きを頼むべき人はどんな人でしょうか?

ズバリ、中古車買取業者で新しく車を購入する人です。

なぜなら、車を購入した場合は廃車費用をタダでやってくれる中古車買取業者があるからです。

さきほど紹介したようなガリバーでは、買取額がつかなかった車は約1万円の手続き費用がかかります。
ですが、廃車して車を購入する人はその費用を無料にしてもらえることもあります。

また、ディーラーで乗り換えする際と同様、購入と廃車の窓口が1つで済むので、手間をかけずに手続きをすることができます。

しかし、廃車手続きをするためには中古車買取業者に車を持ち込む必要があります。
ですので、自走できる車の場合に限ることを念頭に入れておきましょう。

廃車買取業者に頼んだ方がいい人

次に廃車買取業者に依頼すべき人ですが、下記の3パターンです。

  • 新車購入の特典が使えない人
  • 動かない、故障で車を持ち込めない人
  • 車を手放す人

1つずつ詳しく見ていきましょう。

新車購入の特典が使えない人

廃車買取業者に廃車を依頼した方がいい人の1つ目は【新車購入特典が使えない人】になります。

なぜなら、廃車にかかる手続き費用を割引してもらえない場合、トータルの金額を考えると廃車買取業者に任した方がお得だからです。

たとえば、以下のようなケースが考えられます。

今の車がディーラーで下取りできず、5万円の廃車費用がかかるとします。
その場合、車を乗り換えるのに合計105万円必要です。

ですが、廃車買取業者に頼んだ場合は、廃車の手続き費用はかかることはなく新車購入にかかるお金は100万円です。
さらに、車体の買取額を受け取れる可能性が高いので、手元に残るお金は多くなります。

このように、廃車分の費用を割引してもらえない場合は廃車買取業者に任せるのが良いといえます。

動かない、故障で車を持ち込めない人

廃車買取業者に廃車を依頼した方がいい人の2つ目は【動かない、故障で車を持ち込めない人】になります。

なぜなら、廃車買取業者は自宅などの指定した場所まで車を無料で引き取りに来てくれるからです。

ディーラーで廃車するには、車をディーラーまで持ち込む必要があります。
自走できる場合は問題ありませんが、不動車(動かない車)や故障車はレッカーのサービスを手配する必要があります。

前述したようにJAFなどのロードサービスに加入している場合は15km圏内までは無料でレッカーを手配できますが、ディーラーに依頼すると2~3万円のお金がかかってしまいます。

一方、廃車買取業者に頼むと全国どこでも無料で引き上げをしてくれ、費用がかかることはありません。
ですので、不動車や故障車を廃車する場合は廃車買取業者に依頼するのが1番お得といえます。

車を手放す人

廃車買取業者に廃車を依頼した方がいい人の3つ目は【車を手放す人】になります。
なぜなら、自宅まで車を引き取りに来てくれ、廃車手続きもすべて丸投げできるからです。

車を手放す場合、乗り換え割引が使えないディーラーや中古車買取業者では廃車するのにお金がかかりますが、廃車買取業者に頼むと無料で廃車することができます。

ですので、今後車を購入する予定はなく、車を手放す人は廃車買取業者を利用するのが良いでしょう。

廃車買取業者は電話1本をするだけで見積もりを取れて、引き取りの日程もその場で決めることができるので、廃車の相談をしてみることがおすすめです。

【当サイトハイシャル】もこれまで累計30万台の廃車のご相談をいただき、多数のお客様の廃車手続きのお手伝いをしてきました。廃車の経験豊富なスタッフが誠意を持ってご対応しますので、気軽にご相談してみてください。

電話をかける 電話をかける

0120-932-037

愛車をWEBで査定 愛車をWEBで査定

まとめ

最後に本記事をおさらいしていきましょう。

ディーラーでお得に廃車にする方法は次の3つでした。

  • 新車購入の特典を利用する
  • 自分でディーラーに車を持ち込む
  • 親しい販売員に依頼する


一般的にディーラーで廃車するには約1~5万円の手数料がかかります。

この費用を抑えるには、自走できる車であれば、ディーラーに自分で車を持ち込みましょう。

新車を購入するのであれば、その分の新車の価格や廃車の費用を無料を安くしてもらえるなど、特典を受けられることが多いです。

これらの方法を使うことで、最大5万円の廃車費用を抑えることができます。
ディーラーで受けられるメリットを最大限に利用しましょう。

ディーラーで廃車する1番のメリットは、やり取りする窓口が1つで済むことです。
また、長い付き合いのある販売員がディーラーにいる場合は安心感もあります。

しかし、ディーラーで頼んでもメリットを享受できない下記のようなケースもあります。

  • 新車購入の特典が使えない人
  • 動かない、故障で車を持ち込めない人
  • 車を手放す人


そのようなケースは、廃車買取業者に廃車を依頼するのが良いでしょう。

廃車買取業者の場合は、自宅や所定の場所でも無料で車を引き取りに来てくれますし、無料で廃車手続きをしてくれます。
また、ディーラーでは値段がつかなかった車に価格をつけてもらえる可能性が高いです。

しかし、廃車買取業者に依頼すると、ディーラーとは別に連絡を取る必要があるため、少し手間が増えます。
その手間をかけても問題ないのであれば、廃車買取業者に依頼するのがおすすめです。

もし、廃車買取業者にメリットを感じていただいた方は当サイト【ハイシャル】に一度お問い合わせてください。

お電話口で買取額をすぐにお伝えし、スムーズな廃車手続きのお手伝いをします。無理な営業は一切しませんので、お気軽にご相談ください。

この記事の投稿者

板野のアバター
板野

廃車業界に3年以上身を置く三児の父。 週末には、子どもを連れてキャンプや山登りに出かけるアウトドア好きなパパさん。乗りたい車は、シトロエン グランドC4スペースツアラー。

お客様から満足頂いている

廃車買取実績

買取価格
¥60,000
車種
ホンダ フィット
型式
DBA-GD3
年式
H17(2005)
走行距離
93,000 km
満足度
100%
買取エリア
大阪府
買取価格
¥2,000
車種
ホンダ ザッツ
型式
ABA-JD2
年式
H19(2007)
走行距離
110,000 km
満足度
100%
買取エリア
北海道
買取価格
¥150,000
車種
トヨタ アクア
型式
DAA-NHP10
年式
H25(2013)
走行距離
110,000 km
満足度
100%
買取エリア
神奈川県
買取価格
¥80,000
車種
トヨタ エスティマ
型式
TA-ACR30
年式
H15(2003)
走行距離
210,000 km
満足度
100%
買取エリア
神奈川県
目次
閉じる