申請依頼書とは何か?軽自動車の手続きを代理人に依頼するための書類

初心者向け!
申請依頼書の解説

申請依頼書とは?

申請依頼書とは、軽自動車の検査や手続きを行う際に、車の使用者/所有者ではなく代理人が申請を行う場合に必要となる書類です。
本来なら、軽自動車協会で配布している申請用紙には、使用者や所有者の押印と署名が必要になります。
しかし、あらかじめ申請依頼書に押印と署名をすることで、使用者や所有者ではない代理人が申請出来るようになります。

申請依頼書にはいくつかの種類があります。
名義変更・住所、氏名変更・抹消のための申請依頼書の他、廃車(解体返納・解体届・重量税還付申請)専門の申請依頼書があります。
また、所有者変更記録・検査記録事項の証明のための申請依頼書もあります。
内容をよく確認して使用するようにしましょう。

申請書依頼書の書き方

旧所有者欄に、車検証に記載されている氏名・住所と同じ氏名・住所を記入し、認印を押印します。
※法人の場合は、法人印を押印します。

注意点。必ず車検証に記載されている氏名・住所を記入してください。結婚や引っ越しなどで氏名・住所が変わっている場合であっても、車検証に記載されている氏名・住所を記入してください。

その他の注意点

上記は車検証上の所有者欄に記載されている名前が個人(またはディーラー・ローン会社以外の法人)の場合です。

車検証上の所有者欄に記載されている名前がディーラーやローン会社の場合、廃車手続きを行うためには「所有権解除の書類(名義変更に必要な書類一式の総称)」が必要となります。

この場合、使用者欄に記載の人の書類は廃車手続きをする上で運輸支局に提出する必要はありません。
しかし、ディーラーやローン会社から「所有権解除の書類」を取得するために、使用者欄に記載の人の書類が必要と言われることがほとんどです。

今一度ご自身の車検証を確認し、所有者欄にされている名前がディーラーやローン会社ではないかどうか、ご確認いただくことをおすすめします。