自動車税を滞納していても廃車にできる?

公開日:2019年12月27日 日本全国対応 廃車の豆知識
最終更新日:2020年10月30日
自動車税 滞納 廃車

「車が古くなったので廃車にしたい」と思っている人もおられるはずです。
 
車を廃車にするためには、いろいろな手続きなども必要になるので、期間を考えてみると早い段階から準備をしておくのがいいです。
 
ただ、自動車として使用しておらず自動車税を滞納しているなら、「自動車税を滞納していても廃車にすることはできるの?」と疑問を抱いてしまうかもしれません。
 
廃車をする際の自動車税の滞納について紹介していきます。




自動車税を滞納していても廃車にできる?

自動車を廃車するときに自動車税を支払っておらず滞納しているなら「廃車できるの?」と心配になるはずです。
 
基本的に自動車税は1年以内であれば廃車にすることができるので、1年を経過していなければ廃車できます。ただ、廃車手続きをした後に自動車税の未払い分は支払う必要があるので、自動車税は後でしっかりと請求されます。
 
廃車手続きを行った後に未納分の請求書が1〜2ヶ月経過してから自宅に郵送されます。
 
その請求書をしっかり払うことで納税をすることができますが、この支払義務を無視すれば財産の差し押さえまで問題が大きくなってしまうこともあるので、注意しておくことが必要です。
 
自動車税は4月になれば課税されてしまうので、4月が来る前に廃車の手続きを行っておけば自動車税の支払いはしなくて済みます。
 
4月2日を越えれば納税義務が生じるので、早めには手続きをすることを心がけてください。
 
3月は自動車税の関係から混み合うため、早めの廃車手続きがおすすめです。

2年滞納していると廃車できない?


自動車税 滞納 2年以上

自動車税を2時年以上滞納している場合「廃車の手続きはできるの?」と思われるかもしれません。
 
2年以上の滞納がある場合は廃車の手続きが行えない場合もあります。
 
自動車税の未納があることで自動車が差し押さえられたり抵当がついてしまったりしているなら手続きをすることができないためです。
 
そのため先に未払い分の自動車税を納めて手続きができる状態に回復するようにしておく必要があります。

自動車税が2年以上未払いの場合は

自動車税が2年以上も未払いとなっているなら車の状況次第で廃車手続きをしてもらうことができないこともあります。
 
運輸支局で登録事項などの証明書という書類を交付して今の車車検証登録情報見ることができますが、備考欄に滞納のための差し押さえや税事務所の抵当権ありなどの記載ななされていれば運輸支局から廃車手続きを止められます。
 
そのため、2年以上の未払いや滞納があれば車を廃車にすることができないので、まずは未払い分や滞納分の自動車税をしっかり支払うことが大事になります。

数年間自動車税が未納で納付書も来ていない場合は

数年間車検を通さずに自動車税も未払いでも納税書が来ていなければ「大丈夫」と思ってしまうかもしれません。
 
しかし、それは職権抹消状態となっていることがあります。
 
職権抹消状態とは車検が切れて3年以上放置の状態が続いていることになります。
 
この状態になれば運輸支局側で「車を乗り続けることはできない」と判断され、運輸局の権限で永久抹消が行われてしまっています。
 
そのため、この車を回復させようと思えば運輸支局へ行き回復届をしに行かなければなりませんし、車検が切れて以降の未払いの自動車税も納める必要が出てきます。
 
職権抹消状態の車は書類上では廃車になっているので、後は解体作業を業者に頼むことで車を処分することができるはずです。
 
回復させようと思えば滞納金を支払う必要が生じるので何十万円もの費用を支払う必要が出てきます。

未納分は分割払いもできる

自動車税 滞納 分割払い

自動車税が未払いとなっている場合は、その分の自動車税を支払う必要が生じますが、「未払いの自動車税の支払い方は何があるの?」と疑問が生じることもあるはずです。
 
支払い方法は、一括払いをすることもできれば分割払いをして自動車税を支払うこともできます。
 
経済的理由で自動車税を一括で支払うのが難しければ最寄りの県税事務所に連絡して納税の方法の手続きを行うことができます。
 
後日輸送にて分割納付の振り込み用紙が届くので、期限通りに支払いを行うようにしてください。

自動車の分割払いができないケースとは

「自動車を分割払いしたい」と思っても分割払いができないこともあります。
 
分割払いができないケースにはいくつかの理由があります。
 
1つ目に自動車税を分割で支払うための明確な理由がないことです。
 
県税事務所へ分割払いの相談をする際には明確な理由を言わなければ分割払いにしてもらうことができません。
 
明確な理由には例えば、失業中であることや仕事が無くて収入が無い状態であること、育児出産や病気の療養中など、自動車税を支払うことができない状態について明確な理由が必要です。
 
明確な理由がない場合や理由があまり正当なものでないことや、納税の期限が迫っている状態であれば分割払いを行うことができません。
 
2つ目の理由は軽自動車税の支払いです。
 
自動車税は車種によって金額が異なっています。
 
一般的の車の場合は排気量などによって数万円という高額な金額になってしまいますが、軽自動車の場合はどんな車種であっても安い金額となっているので「一括払いができる」という判断をされてしまうことがあります。
 
軽自動車税の場合は分割払いには対応していないので、「分割払いができない」と思っていた方がいいです。

クレジットカードで自動車税を支払うことができる

いくつかの自治体ではクレジットカードで自動車税を納付することができます。
 
東京や大阪府、三重県では各自治体のウェブサイト上で支払い手続きをすることができます。
 
直接現金を持たずにカードで支払うことができるので楽な部分もありますが、引き落としてではなく、あくまでクレジットカードで支払うことができるのみです。
 
インターネットをつなぐことができればクレジットカードで支払うことができますが、税事務所や金融機関、コンビニ窓口からはクレジットカードの決済を行うことができません。

分割にすると延滞金が生じることも

自動車税を納付できなかったり延滞金が発生することになったりすれば分割払いをしたとしても延滞金が生じてしまいます。
 
延滞金は1ヶ月目までは2.6%、1ヶ月を超えると8.9%になります。
 
1000円未満であれば延滞金に関しては切り捨て扱いになるため延滞金は発生しません。
 
延滞金の詳細な内容は延滞金の範囲や自治体の対応によって違いが生じます。

車を廃車にするならハイシャル

車を廃車にすることを考えているならハイシャルを利用することができます。
 
車の廃車手続きには費用がかかってしまうので、自動車税の納付した後にさらに廃車の手続きを自分で行おうと思えば、さらに大きな負担となってしまうこともあります。
 
しかし、ハイシャルにであれば車の廃棄処分を代行してくれて自分では一切面倒な手続きをしなくてもいいので楽であり、手続きにかかる手数料もなくて0円で処分をすることができます。

まとめ

車を処分する際に自動車税を納めていない場合、1年ほどの滞納であれば廃車することができますが、2年以上であれば廃車をするのが難しくなります。
 
そのため、廃車を考えているなら2年以上納税の滞納をしないようにするのが大切です。
 
納税を滞納した後に廃車できても滞納した後の自動車税は支払う必要があるので、お金を用意しておくことも大事です。
 
ハイシャルであれば直ぐに廃車できるので、ぜひ利用を考えてみてください。


簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

お客様について

関連記事

無料見積もりはコチラから

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

お客様について