サイドバー

廃車 廃車

【たった1分】2〜3万の廃車費用の相場を無料にする裏ワザ

更新日: 2022/04/19

愛車の査定価格をチェック 愛車の査定価格をチェック
ご利用の愛車について
必須
必須
任意
お客様について
必須
必須
任意
任意
×

メーカーを選択してください

国産車

トヨタ

レクサス

日産

ホンダ

マツダ

スバル

スズキ

三菱

ダイハツ

いすゞ

光岡自動車

日野自動車

UDトラックス

輸入車

メルセデス・ベンツ

AMG

BMW

BMWアルピナ

アウディ

フォルクスワーゲン

オペル

ポルシェ

スマート

キャデラック

シボレー

ビュイック

ポンテアック

ハマー

GMC

フォード

リンカーン

クライスラー

ダッジ

ジープ

ロールスロイス

ベントレー

ジャガー

ランドローバー

ロータス

ローバー

ボルボ

サーブ

プジョー

ルノー

シトロエン

フィアット

アルファロメオ

フェラーリ

ランボルギーニ

マセラティ

ランチア

ヒュンダイ

その他・不明

車種を選択してください

走行距離を選択してください

10万キロ以上でも高価買取!

2万km未満

2万~4万km

4万~6万km

6万~8万km

8万~10万km

10万~15万km

15万~20万km

20万km以上

都道府県を選択してください

全国どこでもお引き取り無料!


 
車を処分するのに廃車費用が数万かかると言われた・・・
納得いかない廃車費用をはるか安くできる方法があるとしたら、知りたくありませんか?
 
実はあります!
 
この記事では、一般的な廃車費用の相場とその費用を格安にする裏ワザを紹介します。
 
これらの方法を使うことで、処分にお金がかかると思っていた車に買取価格が付くかもしれません。
 

  • 妥当な廃車費用を知りたい方
  • 廃車にお金をかけたくない方


はぜひ参考にしてください。
 
※廃車には下記の2つの種類がありますが、当記事でいう廃車とは永久抹消登録のことを指します

廃車の方法 説明
永久抹消登録 車を解体し廃車する手続き。今後、車に乗らない際にする。軽自動車では解体返納という
一時抹消登録 車を解体せず、一時的に車を乗れなくする廃車手続き。軽自動車では自動車検査証返納という

 

7月中に廃車すると


23,000

※普通自動車(1600CC)の場合※軽自動車には自動車税の還付制度はございません※自賠責・重量税の還付金は買取価格に含めて提示します。

ハイシャルなら自動車税の還付金が受け取れる

廃車費用の平均相場は2~3万円

車の状態によって異なりますが、廃車費用の平均相場は2~3万円です。
 
また、不動車や車検切れの車でレッカーが必要な場合はさらに1〜2万円が必要なため、最大5万円ほどかかることもあります。
 

なぜ、廃車にお金がかかるの?

吹き出しquestion

 

  • 廃車にお金がかかる理由
  • 廃車費用の内訳


について説明していきます。
 

廃車にお金がかかる理由

廃車にお金がかかる理由は、レッカー費用や解体費用、手続き費用が必要だからです。

廃車の手続きは、自分でするのではなく業者にやってもらうのが一般的です。
 
依頼先として真っ先に思いつく業者は、車を買ったディーラーや中古車買取業者でしょう。
 
ディーラーや中古車買取業者で廃車する場合、車を店まで持ち込まないといけません。
自走できる場合は良いですが、動かない車や車検切れの車はレッカーが必要です。
 
また、専門の業者に解体を依頼したり、陸運局等で廃車の手続きをしたりするなど、廃車にはさまざまな手順を要します。
 

吹き出しanswer

ディーラーや中古車買取業者は、それぞれの手続きに費用を取っていることが多いため、廃車にお金がかかってしまうのです。


 

廃車費用の内訳をチェック

廃車にお金がかかる理由がわかったところで、費用の内訳についてご紹介します。

 
レッカー費用とは、車を運ぶ際にかかる費用です。料金は約1~2万円で距離や車種によって異なります。
自走できる車にはいりませんが、動かない車や車検切れの車には必要になります。
 
解体費用とは、車を解体する費用です。
自動車の解体は国が定めたルールに従って行うことが法律で義務付けられています。
そのため、大規模な設備や高い技術を要するため、約1〜2万円かかります。
 
手続き費用とは、陸運局等での廃車手続きの費用です。
自動車の解体後には、陸運局等で廃車手続きをする必要があり、代行費用に約1万円かかります。
 
レッカーの有無によって異なりますが、廃車費用の内訳は下記の通りになります。
 

レッカーの有無 提携の解体業者なし
レッカーが不要な場合 解体費用1~2万円+手続き費用1万円(合計2~3万円)
レッカーが必要な場合 解体費用1~2万円+手続き費用1万円+レッカー代1~2万円
(合計3~5万円)

 

-補足-
ごく稀なケースですが、リサイクル券(預託証明書)がない場合はさらに費用がかかります。
料金は約6,000円~18,000円
※車種によって異なります
 
リサイクル券とは、リサイクル料金を支払った証明書のこと。
リサイクル料金は、車を解体する際に出るフロンや廃棄物を処理する目的に使われます。
2005年(平成17年)以降に車を購入もしくは車検を通している場合、リサイクル料を支払っていることになります。
 
リサイクル券は車検証入れの中に保管されていることが多いです。

リサイクル券についてもっと詳しく知りたい方は、廃車に必要なリサイクル券とは?金額や紛失時の対処法も解説 の記事をご確認ください。

 

無料で廃車する2つの裏ワザ

廃車するのに、こんなに費用かかるの?

吹き出しquestion

と思った方もいるかもしれません。
 
そこで、廃車費用を無料にできる2つの裏ワザをお伝えします。
 

  • 車を乗り換え、廃車費用を割引してもらう
  • 廃車買取業者を利用する


1つずつ深堀りしていきましょう。
 

車を乗り換え、廃車費用を割引してもらう

無料で廃車する1つ目の裏ワザは、【車を乗り換え、廃車費用を割引してもらう】です。
 
なぜなら、ディーラーや中古車買取業者は車の乗り換えをするのであれば、廃車費用を割引してくれるからです。
 
ディーラーで200万円の新車の購入を検討している人を一例にあげてみます。
 
今の車の廃車費用が3万円かかる場合、新車の料金を3万円安くしてくれ、実質0円で廃車してもらえることがよくあります。
 
廃車費用を安くしたとしても、新しく車を買ってもらうと利益が出るため、ディーラーや中古車買取業者はサービスをしてくれます。
 

吹き出しanswer

ですので、廃車と同時に車を乗り換える予定があるなら、廃車費用を無料にしてもらえる可能性が高いです。


 

廃車買取業者を利用する

無料で廃車する2つ目の裏ワザは、【廃車買取業者を利用する】です。
 
なぜなら、廃車買取業車はどんな車でも0円以上の買取を保証しているからです。
 
廃車買取業者は古い車や事故車、動かない車の買取を専門にしています。
車を分解してパーツを販売するほか、車の鉄やアルミなどを資源として再利用することで収益を出しています。
 

吹き出しanswer

そのため、ディーラーなどで処分費用がかかっていた車でも、廃車買取業者では数千円~5万円ほどの買取価格がつきます。


 

廃車方法の正しい選び方

無料で廃車できる方法がわかったところで、どのような基準で依頼する業者を選べばいいのかを説明します。
 
結論から言うと、下記のように決めれば良いでしょう。
 

依頼する業者 こんな人がおすすめ
中古車買取業者
ディーラー
スムーズに車を乗り換えたい人
廃車買取業者 車を手放す人、不動車や故障車を持っている人

 
順を追って、理由を説明していきます。
 

スムーズに車を乗り換えたい人はディーラー・中古車買取業者

廃車後にも車を買う予定があり、スムーズに車を乗り換えたい人はディーラー・中古車買取業者に頼むのが良いです。
 
なぜなら、廃車費用を無料でやってもらえ、乗り換えに手間がかからないからです。
 
たとえば、中古車の大手のガリバーでは、乗り換えする場合、廃車費用を無料にしてもらえることがあります。
 

ガリバーの廃車買取では、手数料などは一切頂いていません。買い取ることができず廃車引取となった場合のみ、原則として9,800円の手続き費用を頂戴しています。ただし次のクルマもガリバーで購入していただいた場合、手数料が無料になるケースもございます。店舗により異なりますので、まずはお問い合わせくださいませ。ガリバー

 
通常であれば廃車にお金がかかるケースでも、車を乗り換える場合は廃車費用が無料になることがあります。
 
また、ディーラーや中古車買取業者に頼むと、廃車と乗り換えが1つの窓口で同時にできます。
廃車するために、他の業者を探したり、連絡を取ったりする必要がないので労力もかかりません。
 

吹き出しanswer

ですので、スムーズに車を乗り替えたい人はディーラー・中古車買取業者で廃車するのがおすすめです。


 

車を手放す人は廃車買取業者

車を手放す人は廃車買取業者に頼むのが良いです。
 
なぜなら車を乗り換えない場合、ディーラーや中古車買取業者で廃車すると、最大6万円の廃車費用がかかる可能性があるからです。
 
一方、廃車買取業者に頼むと費用がかかることは一切なく、むしろ買取額をつけてもらえる可能性が高いです。
 
ディーラーで廃車すると1万円の処分費用が必要だった車が、廃車買取業者に依頼すると3万円の買取額がついたというのはよくある話です。
 

吹き出しanswer

ですので、車を乗り換えるつもりがなく、手放す人は廃車買取業者に頼むのがおすすめです。


 

不動車や車検切れの車を処分したい人は廃車買取業者

不動車(動かない車)や車検が切れてしまった車を廃車する人も廃車買取業者に頼むのが良いです。
 
というのも、ディーラーや中古車買取業者に不動車の廃車を依頼すると、レッカー費用が1〜3万円かかってしまうからです。
一方、廃車買取業者の場合、自宅や修理工場など指定した場所に車を無料で引き取りに来てくれます。
 
ですので、不動車や車検切れの車を処分したい人は、車の輸送費用を浮かすために廃車買取業者に依頼するのがおすすめです。
 
不動車や車検切れの車の廃車について、詳しく解説した下記の記事もご参考ください。
 

不動車(動かない車)の買取価格は電話一本ですぐに知れる|相場も紹介
 
【電話で完結】車検切れの車の引き取り費用と即日で廃車にする方法

 
電話をかける 電話をかける

0120-932-037

愛車をWEBで査定 愛車をWEBで査定

 

廃車すると3つの還付金を受け取れる

自分がどの業者に廃車を依頼すれば良いかをわかったところで、廃車することで返ってくるお金についてご説明します。
 
実は、廃車することで次の3つの還付金を受け取れます。
 

還付金 説明
自動車重量税 自動車の重量に応じて支払う税金。車の購入時か車検時に2〜3年分をまとめて支払う
自賠責保険 車の所有者が加入義務のある保険。自動車重量税と同様に購入時か車検時に2〜3年分の保険料を先払いする
自動車税 4月時点に自動車の所有者にかかる税金。税額は排気量に応じて変わり、5月末までに1年分をまとめて支払う

 
これらは年単位でまとめて支払うので、廃車することで車を使わなかった期間分が還付されます。
 
それぞれの還付額の決まり方について、詳しく説明していきます。
 

自動車重量税(車両の重量と車検の残り期間で決まる)

廃車すると、車検の残り期間分の自動車重量税の還付金を受け取ることができます。
 
たとえば、車検残りが10ヵ月で、重量が1t〜1.5tの自動車を廃車した場合、還付金は10,250円になります。
 
自動車重量税は、重量が重いほど料金が高いため、大きな車の場合は還付金も多くなります。
 

自賠責保険(保険期間の残りで決まる)

廃車すると、車検の残り分の自賠責保険の還付金(解約返戻金)を受け取ることができます。
 
たとえば、保険期間の残りが10ヵ月の普通自動車の場合、還付金は6,780円になります。
自賠責保険の還付金は、軽自動車と普通自動車で還付される金額が決まっています。
 

自動車税(廃車する月で決まる)

廃車にすると、4月までの残り月分の自動車税の還付金を受け取ることができます。
 
たとえば、排気量1,600ccの車を10月に廃車にした場合、還付金は16,400円になります。
しかし、還付の対象になるのは普通自動車のみで、軽自動車には還付制度がないことに注意してください。
 

-ポイント-
廃車にして受け取れる還付金は下記になります。
 
軽自動車:自動車重量税+自賠責保険
普通自動車:自動車重量税+自賠責保険+自動車税
 
※いずれも車検の残りがあり、自動車税を納付済みの場合

詳しく還付額を知りたい方は、【丸投げでOK】廃車の還付金を最大8万円以上もらう方法 の記事内にある早見表を参照にしてみてください。 
 

お得に廃車するためのポイント

廃車の還付金をお伝えしてきましたが、

できるだけお得に廃車する方法はないの?

吹き出しquestion

と思っている方は多いと思います。
 
そのためのポイントは次の2点です。

  • なるべく早めに廃車する
  • 免許返納のキャンペーンを利用する


1つずつ見ていきましょう。
 

還付金を多く受け取るため早めに廃車する

お得に廃車するためのポイントの1つ目は【なるべく早めに廃車する】です。
 
なぜなら、早く廃車することで還付金を最大限に受け取れるからです。
廃車するタイミングが遅くなればなるほど、廃車することでもらえる還付金は少なくなっていきます。
 
たとえば、1,600ccの普通自動車を11月と12月に廃車した場合を比較してみます。
 

11月に廃車した場合:自動車税の還付金:13,100円
12月に廃車した場合:自動車税の還付金:9,800円

廃車の時期が1ヵ月違うことで、還付金が3,300円も違ってくるのです。
 
吹き出しanswer

もらえるはずの還付金を受け取り損ねないように、なるべく早く廃車するのが1つ目のポイントです。


 

免許の自主返納のキャンペーンを利用する

お得に廃車するためのポイントの2つ目は【免許の自主返納のキャンペーンを利用する】です。
 
なぜなら、廃車を依頼する際に免許返納をしたことを伝えると、買取額をUPしてくれる廃車買取業者があるからです。
 
たとえば、当サイト【ハイシャル】では
 

  • 普通自動車⇒10,000円買取額UP
  • 軽自動車⇒5,000円買取額UP

の特典を受けられます。
詳しくは、運転免許自主返納の特典のお知らせ
をチェック!


特典の利用方法は簡単。初回問合せ時に免許返納の特典を利用したい旨と運転経歴証明書の番号を伝えるだけです。
 
吹き出しanswer

簡単に買取額がUPするので利用するのがおすすめです。


 
-補足-
運転経歴証明書とは、運転免許を自主返納の日から過去5年間の運転経歴を証明するもの。身分証明書として利用できるほか、飲食店や公共交通機関などの協賛店で提示するとさまざまな特典を受けられる。警察署や運転免許更新センター、運転免許試験場で申請できる。発行には1,100円の手数料がかかり、運転免許証・顔写真(申請から6ヶ月以内)が必要。

電話をかける 電話をかける

0120-932-037

愛車をWEBで査定 愛車をWEBで査定

 

自分で廃車手続きをするのはお金と手間がかかる

ここまでは廃車を業者に依頼する前提で紹介してきましたが、もしかすると自分で廃車したらいいのでは?と思った方がいるかもしれません。
 
結論から言うと、自分で廃車するのはおすすめしません。
というのも、お金と手間がかかるからです。
 
自分で廃車するのにかかるお金や手間は下記です。
 

廃車でかかるお金 価格
解体業者への依頼費用 1~2万円
陸運局での廃車手続き費用 1万円
車の引き上げ費用 1~2万円

 
さらに、それぞれの手続きを自分でするとお金だけでなく手間もかかります。
 
まず廃車をする場合、解体業者を探す必要があります。
 
解体業者はホームぺージを持っていないことが多く、素人では探すだけでも一苦労です。
無料で解体をしてくれる業者もありますが、解体費用を約3万円取っている業者も存在します。
 
車の解体後には、陸運局等で廃車手続きをする必要があります。
 
陸運局は交通アクセスが不便な場所にあり、平日のみの9~17時の営業であることが多いです。
 
加えて、面倒な書類の手続きをする必要があります。手続きには少なくとも約3時間(繁忙期の2~3月には半日)ほど時間がかかってしまいます。
 
一方、廃車買取業者に廃車を頼むと、これらの手続きをすべて代行してくれます。
廃車に慣れていない場合、廃車買取業者に丸投げするのが良いです。
 

廃車買取業者に頼むときはキャンセル料に注意

メリットが多数ある廃車買取業者ですが、1点だけ注意点があります。
それは、キャンセル料がかかることです。
 
たとえば、当サイト【ハイシャル】でも成約後に廃車自体を取りやめるとなれば、キャンセル料が3万円かかってしまいます。
 
というのも、成約後にすぐに提携業車に車の引き取りを依頼するからです。
廃車がキャンセルになった場合は、提携業車への依頼が無駄になってしまうため、キャンセル料金が発生してしまうのです。
 
ですので、廃車することをしっかり決めた上で廃車を依頼することをおすすめします。
ご家族が代理でする場合は、家族会議をして話し合うと後々揉めることはありません。
 

急用ができて都合が悪かったら、どうすればいいの?

吹き出しquestion

吹き出しanswer

急な予定で都合が悪くなった場合、日程変更は無料でするのでご安心してください。


 

まとめ

最後に記事のおさらいをしましょう。
廃車費用の相場は1~6万円でした。
 
この金額を無料にする方法は2つあります。

  • 乗り換え割引を使うこと
  • 廃車買取業者に頼むこと


これらは下記のように使い分けると良いでしょう。

依頼すべき業者 こんな人がおすすめ
中古車買取業者、ディーラー スムーズに車を乗り換えたい人
廃車買取業者 車を手放す人、不動車や故障車を持っている人

 
廃車買取業者はキャンセル料がかかることが多いので、廃車することが確定した後に頼むのが良いでしょう。
 
もし、当記事を読んで廃車買取業車に依頼したいと思った方は当サイト【ハイシャル】にお任せください。
 
ご指定の場所まで車を引き取りにお伺いし、廃車手続きに代行するので手間がかかることはありません。
買取額0円以上を保証しているので、廃車にお金をいただくことも一切はございません。
 
廃車の知識豊富なスタッフがご相談にも乗りますので、廃車にしようか迷われている方もぜひ一度お問い合わせください。

この記事の投稿者
板野
廃車業界に3年以上身を置く三児の父。 週末には、子どもを連れてキャンプや山登りに出かけるアウトドア好きなパパさん。乗りたい車は、シトロエン グランドC4スペースツアラー。
お客様から満足頂いている

廃車買取実績

買取価格
¥850,000
車種
三菱 RVR
型式
年式
2015(H27)
走行距離
5,500 km
満足度
100%
買取エリア
神奈川県
買取価格
¥100,000
車種
ダイハツ キャスト
型式
DBA-LA250S
年式
2019(R1)
走行距離
21,800 km
満足度
85%
買取エリア
東京都
買取価格
¥110,000
車種
BMW 5シリーズツーリング
型式
GH-NG25
年式
2004(H16)
走行距離
49,000 km
満足度
100%
買取エリア
神奈川県
買取価格
¥50,000
車種
トヨタ アルファード
型式
TA-MNH10W
年式
2002(H14)
走行距離
140,000 km
満足度
100%
買取エリア
神奈川県
買取価格
¥60,000
車種
トヨタ クラウンアスリート
型式
CBA-GRS180
年式
2004(H16)
走行距離
100,000 km
満足度
100%
買取エリア
大阪府
買取価格
¥20,000
車種
ホンダ ライフ
型式
DBA-JB5
年式
2006(H18)
走行距離
130,000 km
満足度
100%
買取エリア
神奈川県
買取価格
¥35,000
車種
日産 ブルーバード
型式
E-HU14
年式
2006(H18)
走行距離
75,000 km
満足度
100%
買取エリア
東京都
買取価格
¥45,000
車種
トヨタ アイシス
型式
CBA-ANM10W
年式
2004(H16)
走行距離
100,000 km
満足度
100%
買取エリア
東京都

関連する記事