ハイシャルなら面倒な手続きはすべて丸投げ
無理な営業は一切いたしません
無料見積もりはこちらから

廃車の豆知識

【はじめての廃車買取】車の廃車手続き方法や書類をプロが解説!

更新日: 2021/04/27
車 廃車

「車の廃車手続き方法はどうやってやるの?」
 
廃車の手続きは、自分でやる方法と業者に任せる方法がありますが、結論からいうと、廃車買取業者に任せるのがオススメです。
 
なぜなら、自分で手続きをするのは手間もお金もかかるからです。
 
近くの解体業者を探したり問い合わせる手間や、平日しか受け付けていない運輸支局に行く手間に加えて、解体費用や手続き費用がかかるのです。

廃車にかかる費用

・廃車引取費用(0円~30,000円程度)
・解体費用(0円~20,000円程度)
・廃車手続き代行費用(10,000円程度)

一方で、ハイシャルのような廃車買取業者に依頼すれば、これらの手間や費用が一切かかりません。その上、廃車にしようと思っていた車を0円以上で買取します。
 

車種や車両状態によっては10万円以上の買取価格がつくことも。加えて、ご指定の住所まで車の引き取りも無料でできます。ハイシャルへご連絡いただければ、お電話口で愛車の査定額をお伝えします!


電話をかける 電話をかける

0120-932-037

愛車をWEBで査定 愛車をWEBで査定

お客様にメリットのある

ハイシャルならではの特典

7月中に廃車すると

ハイシャルなら自動車税の還付金が受け取れる ハイシャルなら自動車税の還付金が受け取れる

 

そもそも廃車とは?

 
「廃車」と聞くと、もう乗らない車を「解体処分する」というイメージがありますが、実際はそうではありません。
 

廃車の本来の意味とは「車籍を抹消して公道を走れないようにすること」です!車の登録情報を消すことで、車の車籍が失われ「廃車」となるわけです。


 
よって、「車が故障した状態」「車検が切れた状態」「車を解体した状態」だけでは廃車にしたとは言えません。
 
車がどんな状態であっても、書類による正式な手続きを完了し、車籍を抹消してはじめて「廃車」になるのです。
 

注意点は、もし廃車手続きが完了していなければ、車がどんな状態であっても自動車税を払い続けなければならないということ。


 
また、廃車の手続きの種類は、廃車にする車や理由などによって異なります。

・永久抹消登録(普通自動車を解体する場合)
・一時抹消登録(普通自動車の使用を一時的に停止する場合)
・解体返納(軽自動車を解体する場合)
・自動車検査証返納届(軽自動車の使用を一時的に停止する場合)
・輸出抹消登録(国外に輸出する場合)

今回は、普通自動車の廃車の手続き「永久抹消登録」と「一時抹消登録」について以下で解説していきます。
 

「永久抹消登録」の意味と手続き方法

 
以下では、今後もう乗らない普通自動車を廃車にするための「永久抹消登録」の手続きの流れや費用、必要書類を解説します。
 

永久抹消登録とは?

永久抹消登録とは、
 
永久的に公道を走れなくする手続きのことを指します。
永久的に自動車税の支払いがストップされます。
 
解体処分を行い、車籍を抹消することを「永久抹消登録」といいます。
 

「永久抹消登録」は普通自動車での名称で、軽自動車の場合は「解体返納」と呼ばれ、手続き場所や必要書類が異なります。


 
車の故障や事故、災害などで、もう二度とその車に乗らない方は永久抹消登録をしましょう。
 

永久抹消登録のやり方と流れ

①解体業者に自動車を引き取ってもらう
解体業者に依頼し、車を解体してもらいます。
 
②必要書類をそろえる
解体業者から解体通知とナンバープレートを受け取り、その他永久抹消登録に必要な書類をそろえます。
 
③運輸支局で廃車手続きをする
管轄の運輸支局にて、永久抹消登録手続きをします。窓口で手続きの説明があるので、指示に従いましょう。
 
④廃車手続き完了
自分で永久抹消登録をする場合、手続きは3~10日ほどかかります。解体業者が混み合っていると、さらに日数がかかります。加えて、運輸支局は平日の午前から夕方までしか窓口が開いていません。
 

自分で永久抹消登録する際の必要書類

自分で永久抹消登録する際の必要書類
自分で用意するもの ・車検証
・ナンバープレート(前後2枚)
・所有者の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
・所有者の実印
・身分証明書
・自賠責保険証(車検切れであれば不要)
・移動報告番号(リサイクル券)
・解体報告記録日
運輸支局で用意するもの ・手数料納付書
・OCR第3号様式の3
・自動車税、自動車所得税申告書(地域によって不要)

 

自分で永久登録抹消した際にかかる費用

自分で永久抹消登録を行う場合、

・永久抹消登録申請書の用紙代(現在は無料配布のため0円
・廃車引取費用(0円~30,000円程度)
・解体費用(0円~20,000円程度)

が必要になります。
 
廃車引取費用に関しては無料の解体業者もあれば、引取りのためのレッカー費用が発生する解体業者もありますので、事前に調べておきましょう。
 
解体費用に関しても、無料でやってくれる解体業者もあれば、費用がかかってしまうなど様々ですので、こちらも事前に調べておきましょう。
 

「一時抹消登録」の意味と手続き方法

 
以下では、ある理由によって普通自動車を一時的に廃車にする「永久抹消登録」の手続きの流れや費用、必要書類を解説します。
 

一時抹消登録とは?

一時抹消登録とは、
 
一時的に公道を走れなくする手続きのことを指します。
一時的に自動車税の支払いがストップされます。
 
海外出張や入院などで長期間車に乗らない、車が盗難に遭ってしまった場合でも、登録車である限り自動車税を払い続ける必要があります。
 
しかし一時抹消登録を行うことで、抹消している期間中の自動車税を一時的にストップすることができます。そして「中古車新規登録」の手続きをすれば再度公道を走ることができます。
 
もう一度乗る可能性のある車であれば永久抹消登録ではなく、一時抹消登録を行うとよいでしょう。
 

「一時抹消登録」は普通自動車での名称であり、軽自動車の場合は「自動車検査証返納届」と呼ばれ、手続き場所や必要書類が異なります。


 

一時抹消登録のやり方と流れ

①ナンバープレートを取り外す
解体業者に依頼するか自分でナンバープレートを取り外します。
 
②必要書類をそろえる
ナンバープレートと一時抹消登録に必要な書類をそろえます。
 
③運輸支局で廃車手続きをする
管轄の運輸支局にて、一時抹消登録手続きをします。窓口で手続きの説明があるので、指示に従いましょう。
 
④廃車手続き完了
自分で一時抹消登録をする場合、2〜3日ほどかかります。運輸支局は平日の午前から夕方までしか窓口が開いていません。
 

自分で一時抹消登録する際の必要書類

自分で永久抹消登録する際の必要書類
自分で用意するもの ・車検証
・ナンバープレート(前後2枚)
・所有者の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
・所有者の実印
・身分証明書
・自賠責保険証(車検切れであれば不要)
運輸支局で用意するもの ・手数料納付書
・OCR第3号様式の3

 

自分で一時登録抹消する際にかかる費用

 
自分で一時抹消登録を行う場合、

・一時抹消登録手数料(350円程度)
・OCR申請書(第3号様式の2)(2017年より無料配布)

が必要になります。
 

廃車の手続きを廃車買取業者に依頼するメリット

 
さて、ここからは廃車買取業者に依頼するメリットやお得な理由について解説していきたい思います。
 

▼廃車にかかる費用の比較表▼

業者 廃車買取業者 自分で廃車
引取り費用 無料 0円〜3万円
解体費用 無料 1万円〜2万円
廃車手続き費用 無料 なし
買取金額 0円以上で買取 なし

 

なお、ディーラーに廃車を依頼した場合、廃車手続き費用がかかります。廃車をするなら、廃車買取業者に依頼するのが一番お得なのです!


電話をかける 電話をかける

0120-932-037

愛車をWEBで査定 愛車をWEBで査定

車の引き取り費用が無料

通常、車の引き取りには0万円~2万円ほど費用がかかります。
 
ハイシャルのような廃車買取の専門業者に依頼をすると、無料で引取りをしてもらえます。
 
もし車がボロボロで動かない(不動車)場合でも、全国どこでも自宅まで無料で引取に伺います。
 
ディーラーや中古車販売店だと持ち込みになり、費用が掛かってきますが、ハイシャルのような廃車買取業者であれば、レッカー代(引取費用)なども必要ありません。
 

面倒な廃車手続き作業もすべて無料

廃車買取業者に依頼することで、陸運局での廃車手続きも無料代行してくれます。つまり車の売主は必要書類を買取業者に送付するだけで、陸運局での廃車手続きを代わりに進めてくれます。
 

自分で廃車手続きや車の処分をすると、なにかとお金や時間がかかるものです!


 
廃車買取業者に任せることで、無料で廃車手続きの代行をしてくれ、さらに時間もかけずに済ますことができるのです。
 

どんな状態の車でも0円以上の買取保証をしている

まず、廃車買取では、どんな中古車でも0円以上の買取査定額がつきます。また、年式が古くても綺麗な車であれば高く売れることもあります。
 
一般的に廃車の車両は価値がないといわれ、処分の費用をとられることが多いです。
 
しかし、廃車買取業者なら、海外への販路やオークションでの販売に強みを持っているため、車両の価値を最大限に引き出すことができ、0円以上の買取保証を実現しています。

廃車買取実績の一覧
電話をかける 電話をかける

0120-932-037

愛車をWEBで査定 愛車をWEBで査定

廃車買取はどこへ依頼すればいい?ハイシャルに依頼する3つのメリット

ここまでは廃車買取業者に依頼するメリットを説明してきました。
 
しかし、数多くある廃車買取業者の中からどこを選べば一番お得なのか気になりますよね。
 
そんなときは、廃車買取のハイシャルにご相談ください。どこよりも高く買取いたします!
 

①ハイシャルなら、他のどの廃車買取業者よりも高価買取ができます。
②ハイシャルなら、電話1本、お電話口ですぐに買取査定額をお伝えできます。
③ハイシャルなら、廃車引き取り時の日程を柔軟に調整できます。
電話をかける 電話をかける

0120-932-037

愛車をWEBで査定 愛車をWEBで査定

まとめ

 
今回は、廃車手続きの概要や、やり方について解説しました。
結論としては、廃車を検討しているなら廃車買取業者にお任せするのがお得でラクです。
 
ハイシャルならどんな車でも0円以上の買取保証。
その上で、車種や状態によって10万円以上で買取ができることも!
 
査定もお電話1本で、申し込み後すぐに買取価格がわかります!
だから、隙間時間のお電話でも大丈夫です。
 
累計相談件数は25万件を突破。
無理な営業なども一切ございませんので安心してください。
 
なお、買取価格のお振込は、書類に不備がないことを確認したのち2営業日以内にお振込いたします。
しかも、自動車税の還付金も返還いたしますのでご安心ください。
 
動かない車、大破している車、ボロボロの車などどんな車でもOK!
最短翌日でのお引き取りも可能なので、お気軽にご相談ください。
 

お客様から満足頂いている

廃車買取実績

メルセデス・ベンツ Mクラス
買取価格
¥300,000
車種
メルセデス・ベンツ Mクラス
型式
DBA-164186
年式
2010(H22)
走行距離
120,000 km
満足度
100%
買取エリア
大阪府
ダイハツ ハイゼットバン
買取価格
¥6,000
車種
ダイハツ ハイゼットバン
型式
LE-S320V
年式
2007(H19)
走行距離
180,000 km
満足度
90%
買取エリア
奈良県
スズキ キャリイトラック
買取価格
¥30,000
車種
スズキ キャリイ
型式
EBD-DA63T
年式
2006(H18)
走行距離
120,000 km
満足度
100%
買取エリア
大阪府
トヨタ クラウンアスリート
買取価格
¥60,000
車種
トヨタ クラウンアスリート
型式
DBA-GRS182
年式
2005(H17)
走行距離
150,000 km
満足度
100%
買取エリア
神奈川県
日産 ラティオ
買取価格
¥40,000
車種
日産 ラティオ
型式
DBA-N17
年式
2012(H24)
走行距離
15,000km km
満足度
90%
買取エリア
神奈川県
日産 フーガ
買取価格
¥20,000
車種
日産 フーガ
型式
CBA-PY50
年式
2004(H16)
走行距離
120,000 km
満足度
100%
買取エリア
神奈川県
トヨタ プレミオ
買取価格
¥40,000
車種
トヨタ プレミオ
型式
CBA-NZT240
年式
2006(H18)
走行距離
10,000 km
満足度
100%
買取エリア
兵庫県
スズキ アルト
買取価格
¥5,000
車種
スズキ アルト
型式
DBA-HA25S
年式
2012(H24)
走行距離
100,000 km
満足度
100%
買取エリア
兵庫県

関連する記事