お電話はこちらから フリーダイヤル0120932037

自分で車の名義変更をする方法!費用は?書類は?

2019年1月15日
車 名義変更 やり方

ここ数年、オークションなどで車の個人売買をする機会が増えてきました。また、家族や友人との間で、車を譲る譲り受けることもあります。

 

車を譲る時や譲り受ける時には、必ず「名義変更」が必要。

 

今回の記事では、車の名義変更の流れ、必要な書類・準備物、費用、自分で名義変更をするメリット・デメリットについて、解説をしていきます。

 

初めて自分で名義変更をするかたのお役に立てれば幸いです。




簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県

 

名義変更の必要書類

 

名義変更 書類

 

まずは、名義人変更の手続きをする時の、必要書類についてを解説します。

 

新所有者が用意する書類

 

・車庫証明書(取得から1ヶ月以内のもの)

・印鑑証明書(取得から3ヶ月以内のもの)

・実印(印鑑証明書と同じもの)

 

 

旧所有者に依頼。新所有者が受け取る書類

 

・車検証

・印鑑証明

・委任状

・譲渡証明

・住民票(車検証の住所と印鑑証明書の住所に相違がある場合)

 

 

新所有者が陸運局で入手。記入する書類

 

・手数料納付書・・・陸運局で記入

・自動車税・自動車取得税申告書・・・陸運局で記入

・OCRシート 1号用紙

 

ちなみに、OCRシート1号用紙は、自宅でダウンロードをして記入することもできます。

 

国土交通省のホームページからダウンロードしてください。

 

自動車:OCR申請書各種様式について – 国土交通省

 

自分で名義人変更をする時に必要な書類は、この通りになります。改めて一覧にまとめておきましょう。

 

 

名義変更の必要書類

(新所有者が用意する)

・車庫証明(取得から1ヶ月以内のもの)
・印鑑証明書(取得から3ヶ月以内のもの)
・実印(印鑑証明書と同じもの)

(旧所有者から受け取る)

・車検証・・・旧所有者から受け取る書類
・印鑑証明・・・旧所有者から受け取る書類
・委任状・・・旧所有者から受け取る書類
・譲渡証明・・・旧所有者から受け取る書類

(新所有者が陸運局で記入する書類)
・手数料納付書・・・陸運局で記入
・自動車税・自動車取得税申告書・・・陸運局で記入
・OCRシート 1号用紙

計9点となります。

 

 

念のために補足をしておくと、自動車運転免許証(免許証)も必要です。常時、携帯しているものなので必要書類からは外しています。



必要書類を取得する流れ

 

名義変更 流れ

 

必要書類・準備物がわかったところで、次は、必要書類の取得方法についてを解説していきます。

 

車庫証明の取得方法(新所有者)

 

車庫証明は、管轄の警察署で申請をして取得できます。車の新所有者になる人物が、今後に使用する駐車場の申請を行う必要があります。

車庫証明の取得に必要なものは以下の4点です。

 

 

・自宅から駐車場までの周辺地図

・4枚綴りの申請書(警察署で入手)

・駐車場と周辺道路の幅などの計測

・使用承諾書or駐車場契約書

 

 

これらの書類を用意して申請をすると、後日、警察官が駐車場の確認をして、4日〜6日程度で取得できます。

 

車庫証明の取得費用は、2,500円程度。※地域によって多少異なります。ちなみに、代行業者を利用すると、15,000〜20,000円程度かかります。

 

 

印鑑証明書の取得(新所有者)

 

印鑑証明書は、住民票がある役所で取得をできます。手数料は300円程度。印鑑登録が済んでいるかたは、すぐに印鑑証明書が発行されます。

 

実印登録が済んでいない方は、役所へ実印にする印鑑を持って行き、実印登録を済ませてください。実印登録は20分程度で完了して、印鑑証明書を取得できます。

 

 

委任状・譲渡証明書の入手・書き方(旧所有者)

 

委任状とは、名義変更の申請を委任する時に必要なもの。

 

譲渡証明書とは、車の急所有者が、新所有者へと譲渡することを証明するための書類。

 

新所有者は、旧所有者からの「委任状」と「譲渡証明書」がなければ、名義変更はできません。

 

委任状と譲渡証明書は、国土交通省のホームページからダウンロードできます。そちらから印刷を行ってください。

 

また、書き方についても迷うかたも多いかと思います。「委任状の書き方」や「譲渡証明書の書き方」は、この記事を参考にしてください。

 

【画像付き】廃車手続きの委任状の書き方と注意点

 

【画像付き】廃車手続きでの譲渡証明書の書き方と注意点

 

 

必要書類が揃ったら、陸運局へ

 

名義変更 陸運局

 

これらの必要書類が揃ったら、新所有者は、陸運局へと向かいます。

 

陸運局とは、国土交通省に属する行政機関で、全国に存在します。そして、車の登録・名義変更(移転登録)・廃車手続きなどを行えます。

 

また、陸運局へ行くときは、「実印」を忘れずに持っていきましょう。記入ミスがあると、訂正印として必要になります。

 

お近くの陸運局は、こちらから探してください。

 

全国運輸支局等のご案内

 

 

陸運局での流れ

 

陸運局での流れは、以下の通り。基本的に窓口で確認をすれば、スムーズに名義変更の手続きを進められます。

 

 

1:「移転登録申請書」「自動車税・自動車税取得税申告書」を入手して申請。購入価格は200円程度。

2:印紙販売窓口で印紙を購入。500円程度。

3:陸運局の窓口に必要書類一式を提出。

4:新しい車検証を受け取る。

 

 

以上で、車の名義変更が完了をします。

 

 

名義変更の注意点

 

名義変更 注意

 

名義変更をする時の注意点について解説をします。

 

自賠責保険・任意保険の名義変更を忘れずに

 

車の名義変更をした場合、自賠責保険の名義変更も必要です。加入している保険会社へと連絡をして、必要な手続きを済ませてください。

 

また、任意保険の名義変更もしなくてはいけません。家族間での譲渡なら、契約者が変わっても等級の引き継ぎが可能です。加入している任意保険への連絡を忘れずに行ってください。

 

個人間の譲渡でも自動車取得税などの費用がかかることも

 

個人間の譲渡でも、自動車取得税、ナンバープレート代(必要な場合)がかかることも。ナンバープレート代は、1500円〜3000円程度になります。

 

自動車取得税は車両価値によって異なるため一概には言えません。ちなみに、取得価格が50万以下の場合は、課税されません。

 

 

自分で名義変更をするのにかかる費用

 

 

最後に、自分で名義変更をする費用をまとめていきます。目安として参考にしてください。

 

 

・移転登録手数料|500円

・印鑑証明書の取得手数料|300円程度

・車庫証明の取得費用|2,500円程度

・ナンバープレート代(変更をする場合)|1,500円〜3,000円程度

・申請書の購入価格|200円程度

 

計|5,000円程度

 

乗らなくなった車は、廃車にすることも考えて

 

 

名義変更をする時に、古い車の処分方法について考えるかたも多いかと思います。

 

「廃車費用がかかる。」「買取価格がつけられない。」と言われた車の処分は、廃車買取の専門業者にお任せください。

 

多くのひとが勘違いをしていることは、「廃車には廃車費用がかかる。」ということ。

 

しかし、弊社、廃車買取のハイシャルなら、「廃車費用は全て無料」「レッカー代などの引き取り費用も無料」「廃車手続き代行費も無料」と、お金も時間もかけることなく、廃車にできます。

 

他の業者では、「廃車費用がかかる」と言われた車でも、思わぬ高価買取価格がつけられることも。

 

「なぜ、廃車でも買取価格がつくのか?」と疑問を持たれるかたも多いのではないでしょうか?弊社、廃車買取のハイシャルでは、海外への販売ルートや中古車のパーツ販売のルートがあります。

 

他社では、「廃車費用がかかる。」「ボロボロで買取価格がつけられない。」と言われた車でも、車両価値を引出すことにより、廃車費用をかけることなく廃車手続きを進められます。

 

「廃車にお金も時間もかけたくない!」という方は、廃車買取のハイシャルにお任せください。




まとめ

 

名義変更は自分で行うことができます。代行業者に依頼をすれば、2万円〜3万円程度の費用がかかりますが、自分での名義変更は5,000円程度で済みます。

 

必要書類を集めて陸運局での手続きをしなければならないので、手間と時間はかかりますが、安くしたいというかたは自分でするのもおすすめ。

 

古く乗らなくなった車の処分は、廃車買取のハイシャルへとお任せください。

 

以上、「自分で車の名義変更をする方法・やり方」でした。

 

この記事の執筆者
安部哲史

 
ユニオンエタニティ株式会社(廃車買取のハイシャル 運営会社) 代表取締役
 
昭和59年生まれ。34歳。大阪府出身。大学卒業後、廃車買取会社で7年間勤務。支店長を経て、取締役営業部長として業績拡大に貢献。
 
現場経験と書類の知識が豊富で困難な案件もこなす。これまで携わった廃車台数は約30万台を誇る。新たな仲間と廃車の可能性を最大限に引き出す為に起業、現在に至る。


簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県