車を廃車にする時にパーツは取り外してもいいの?知らないと違法になる危険性も!

公開日:2018年5月1日 日本全国対応 廃車の豆知識
最終更新日:2021年1月21日
廃車 パーツ 取り外し

「廃車にする時にパーツは取り外してもいいの?」

 

結論からいうと、取り外してもいいパーツと、取り外すと違法になるパーツがあります。

 

例えば、後付けパーツなら取り外しても問題ありません。

 

本記事では、廃車する時にパーツの扱い方について、掘り下げて解説します。

 

また、廃車を検討しているなら廃車買取のハイシャルにお任せください。

ハイシャルなら廃車を余儀なくされた車でも0円以上の買取保証

車両状態によっては10万円以上で買取をします。

 

それに加えて、ご指定の住所まで車の引き取りも無料で可能。

査定もお電話1本で、申し込み後すぐに買取価格がわかります。

お客様からお金は一切頂きません!しかも買取価格も付けられる!

 

 

廃車時に取り外しができるパーツは後付けパーツのみ

取り外し可能なパーツ一覧

音楽や画像関連の部品
カーナビ、プレイヤー、オーディオ類など、音楽や画像関連の部品は、走行に影響することはないので取り外し可能です。

ETC関連
ETC関連も取り外しても大丈夫です。次の車に使いたい場合もあるでしょう。配線などが難しく、自分で取れない時は解体業者に依頼することもできますが、専門業者ではないので保証はされません。自動車修理工場や自動車の電装業者に依頼すると確実に取り外してくれます。

防犯系の部品
ドライブレコーダーや盗難防止のための装置なども取り外して大丈夫です。

日よけ関連の部品
サンバイザー、サンシェード、日よけカーテンを始め、虫よけネットなども取り外しても良いものです。部品取りをしたい場合は、買取の値段に含まれる可能性もあるので、買取金額が提示される前に業者に相談することをお勧めします。

廃車時に取り外すと違法になるパーツとは?

取り外すと違法になるパーツ

■マフラー
■ライト
■ハンドル
■ドア
■シート
■ミラー類
■メーター類
■ガラス
■バッテリー
■タイヤ
■ホイール
■エアバッグ

基本的に、車の走行性や性能に関わるもの、それが無いと車検に通らない部品などは取り外してはいけません。

 

ただし、後付けとして自分で購入したものを取り外し、元々ついていた部品を付けなおした場合などは大丈夫です。

 

特にエアバック装置や、エアバック内臓ハンドルについては、厳しい基準があります。

命を守るものなので、業者間でも再販は禁止され、特別な廃棄が求められます。

 

必ず、使用済み自動車につけたまま、解体業者に引き渡すようにしましょう。

 

パーツの取り外しは、事前に業者に相談するのがおすすめ

パーツの取り外しに関しては、事前に廃車買取の業者に相談するのがおすすめです。

 

なぜなら、廃車買取業者や解体業者は車のパーツが全て揃っている前提で買取金額を提示しているからです。

 

勝手にパーツを取り外してしまったら、契約で決まっていた料金も白紙に戻り、もう一度話し合いをしなくてはいけない場合も。

 

後々のトラブルにならないように、パーツを取り出している場合は、その旨を一緒に伝えておきましょう。

 

また、査定後にパーツの取り外しをすると契約違反になり、別途手数料が請求されることもあるので、注意してください。

 

廃車にする車のパーツ・部品の取り扱い方は、査定時に確認したらいいんだね。

そうですね。後々のトラブルにならないように始めから伝えておきましょう。

 

 

ナビやETCの取り外しは、結果的に損をする

ナビやETCを取り外して、次の車で使いたいと思う人は多いのではないでしょうか?

 

これらを取り外しについて、いくつかの注意点を挙げておきます。

 

取り外しの工賃がかかることも

ご自身で取り外すことが難しい場合は、業者に依頼することになります。

 

簡単なものであれば無料でやってくれますが、ケーブルで繋がっているようなパーツの場合は手数料が発生します。

 

相場の工賃としては、5,000円~10,000円ほど。

 

作業時間は30分~60分ほどになります。

 

実質、買取価格は5,000円~10,000円ほど安くなると言えます。

 

パーツの取り外しの工賃を考えると、実質は買取価格が下がっちゃうね。

工賃がかかるパーツであれば、そのまま残しておくのがおすすめです。

 

タイヤやホイールがなくても、廃車は可能?

まず、ご自身で廃車手続きをする場合は、タイヤやホイールがなくても廃車は可能です。

ただし、タイヤやホイールがなければ走行は当然できません。

その為、廃車の際に、車を移動するためのレッカー代金がかかってしまいます。

 

これらを踏まえて、タイヤやホイールを取り外すことが、お得かどうかを検討してください。

 

廃車買取の業者にお願いする場合は、注意が必要です。

買取業者は、パーツを取り外しての売却を考えているので、査定価格が下がってしまうことも。

ちなみに、ハイシャルならば、レッカー代や廃車手続きの代行が無料となります。

やっぱり、タイヤ・ホイールを取り外す時も、事前に確認しといたほうがいいね。

ハイシャルなら廃車に関わる全ての費用が無料。さらに、どんな状態の車にも0円以上の買取金額が付きます!
廃車を検討されている方は、ハイシャルにご相談ください!

パーツの取り外しに関わる「自動車のリサイクル法」とは?

車を廃車にする時に、取り外していいパーツと、取り外したら違法となるケースがあります。

 

取り外しが違法となるパーツを解説する前に、自動車リサイクル法について触れておきます。

 

自動車リサイクル法とは2005年1月1日から施行され、ゴミを減らし、資源を無駄遣いしないリサイクル型社会を作るために、車のリサイクルについて車の所有者、関連事業者、自動車メーカー・輸入業者の役割を定めた法律です。

 

近年は不法投棄する業者が増えたため、不法投棄を取り締まり、かつ、リサイクルを徹底させるために法律が施行されました。

 

車を解体しスクラップするまでの工程を細かくチェックすることで不正がないよう管理しています。

 

 

◯クルマの所有者(最終所有者)
リサイクル料金の支払い、自治体に登録された引取業者への廃車の引渡し。

 

◯関連事業者

引取業者
最終所有者から廃車を引き取り、フロン類回収業者または解体業者に引き渡す。

 

フロン類回収業者
フロン類を基準に従って適正に回収し、自動車メーカー・輸入業者に引き渡す。

 

解体業者
廃車を基準に従って適正に解体し、エアバッグ類を回収し、自動車メーカー・輸入業者に引き渡す。

 

破砕業者
解体自動車(廃車ガラ)の破砕(プレス・せん断処理、シュレッディング)を基準に従って適正に行い、シュレッダーダスト(クルマの解体・破砕後に残る老廃物)を自動車メーカー・輸入業者へ引き渡す。

 

◯自動車メーカー・輸入業者
自ら製造または輸入した車が廃車された場合、その自動車から発生するシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類を引き取り、リサイクル等を行う。

 

引用元 |自動車リサイクル法とは(METI/経済産業省)

 

 

つまり、役割の決められた業者しか、その作業をしてはいけないということになります。

 

ちなみに、解体業者以外が部品の取り外しを不正に行った場合、「1年以下の懲役又は50万円以下の罰金」となります。

 

 

廃車をご検討の方は廃車買取のハイシャルにお任せください!

廃車買取のハイシャルなら、ディーラーや買取店で買取価格がつかなかった車でも0円以上で買取します。

車種や状態によって10万円以上で買取ができることも!

 

査定もお電話1本で、申し込み後すぐに買取価格がわかります!

 

累計相談件数は25万件を突破。
無理な営業なども一切ございませんので安心してください。

 

なお、買取価格のお振込は、書類に不備がないことを確認したのち2営業日以内にお振込いたします。

しかも、自動車税の還付金も返還いたしますのでご安心ください。

 

動かない車、大破している車、ボロボロの車などどんな車でもOK!
最短翌日でのお引き取りも可能なので、お気軽にご相談ください。

この記事の執筆者
安部哲史

ユニオンエタニティ株式会社(廃車買取のハイシャル 運営会社) 代表取締役

昭和59年生まれ。34歳。大阪府出身。大学卒業後、廃車買取会社で7年間勤務。支店長を経て、取締役営業部長として業績拡大に貢献。

現場経験と書類の知識が豊富で困難な案件もこなす。これまで携わった廃車台数は約30万台を誇る。新たな仲間と廃車の可能性を最大限に引き出す為に起業、現在に至る。


簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

お客様について

関連記事

無料見積もりはコチラから

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

お客様について