車の寿命ってどのくらい!?20年落ちの車って価値が無いの?

公開日:2020年8月25日 日本全国対応 廃車の豆知識
最終更新日:2020年8月25日
車 寿命 20年

長く車に乗っていると、「車の寿命が来るまでに、買い替えた方がいいのかな」と不安にある事もあるでしょう。

 

「そもそも、車の寿命ってどのくらい?」「20年落ちの車って価値が無いの?」などの疑問にお答えしておりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

なお、廃車をお急ぎならハイシャルへご相談下さい。ハイシャルではどんな状態の車でも0円以上の買取保証をしています。

 

そもそも車に寿命はあるの?

 

キチンと整備さえすれば乗り続けられるよ。ただし、中古車としての価値は年々下がってしまうんだ。

 

車の寿命ってどのくらい?20年も持つの?

 

車の寿命、日本の場合

 

一昔前までは、「10年、10万キロが寿命」なんて言われたこともありました。なぜ「10万キロ」が目安になったのかというと、タイミングベルトを始め、消耗部品などの劣化が目立つ頃だからです。

 

タイミングベルトが壊れると、エンジンへの影響も大きいため、大きな事故にもなりかねません。タイミングベルト自体の部品代は1万円もかからないのですが、周辺機器や消耗品の交換や工賃を合わせると10万円ほど請求される事もあり、結構な出費となります。

 

一般的に車の走行距離は、1年で1万キロを想定されていますので、「10年、10万キロ」という「目安」が生まれたのでしょう。

 

もちろん、日本車の性能が良くなり、車検のたびに整備や部品の交換がされている現状では、10年どころか、20年でも故障しないで走行することは可能です。

 

「クラッシックカー」のように、何十年と現役で走れる車はたくさんあります。お手入れさえキチンとしていれば、寿命は無いものと考えてもよいでしょう。

 

とはいえ、最新の車は燃費もかなり良くなっていますし、エコカー減税などの適用もあります。さらにガソリン車は13年目から自動車税が高くなります。

 

また、車の部品は、製造中止後10年以上過ぎると保管義務がなくなるので、在庫がない可能性も出て来ます。年間維持費やガソリン代、故障が増えてきた、など、気になる部分が出てきたときこそ「寿命」といえるのではないでしょうか。

 

ちなみに、減価償却期間は普通車が6年(軽自動車は4年)に設定されています。また、2019年3月末の新車買い替え年数は、普通車で8.65年と、過去最高になっています。

 

以上のことから、現代では20年くらい乗れば十分に車としての使命を果たした、と言えそうですね。

 

車の寿命、世界の場合

 

日本では、数年ごとに「車検」が義務付けられていますが、そのような制度が無い国はたくさんあります。

 

その場合、自分で点検や整備を行うので、ちょっとでもおかしいと感じた場合は、こまめに修理に出すことになります。

 

そういったこともあり、古い車でも大切に乗り続ける国が多く、日本では見られないようなボロボロの車もたくさん走っています。

 

「耐久財の使用年数分布の国際比較分析」によると、車の平均使用年数は、アメリカ15.3年、デンマーク16.8年、フィンランド22年、オーストラリア22.6年と、日本よりもかなり長く乗っています。壊れにくい日本車が世界中で人気なのも頷けますね。

 

車を買い替えるタイミングは?

 

車の寿命は明確ではないものの、ある程度の「タイミング」はあります。

 

・中古車買取専門店では、買取金額が高いのは「5年」まで、ある程度の金額が付くのは「10年」まで
・普通車は「13年」、ディーゼル車は「11年」で自動車税が上がる
・部品の製造終了後、部品の保管は約「10年」
・フルモデルチェンジが行われる前
・事故や故障で「骨格部分」に損傷があった場合
・事故や故障の修理代金が大きい場合
・車検前、新たな税金がかかる前

 

など、きっかけはたくさんあります。買いたい車が出てきた時とタイミングが合えば、それが「買い替え時」なのかもしれません。

 

20年落ちの車は価値が無いの?

 

ディーラーや中古車買取専門店の場合

 

中古車買取専門店では、20年落ちの車のほとんどに値段がつかないでしょう。

 

というのも、中古車買取専門店は「すぐに売れる車が欲しい」からです。中古車市場では、やはり高年式で綺麗な車の人気が高く、売れない車の在庫は持ちたくないのです。20年落ちの車は買取をしてもらえないばかりか、廃車処分代や廃車手数料を取られる可能性もあります。

 

ディーラーも、同じような対応になるでしょう。

 

廃車買取専門店の場合

 

20年落ちの車を処分するなら、廃車買取専門店が一番お得です。廃車処分代や手数料を取られることもなく、メリットがたくさんあるからです。

 

20年落ちの車は廃車買取業者をお勧めする訳

 

0円以上で買取ってくれるから

 

廃車買取業者のほとんどが、どんな車でも0円以上で買取をしてくれます。

 

それは、中古車買取専門店とは違った「販売ルート」があるからです。使える部品は取り外して「中古パーツ」として販売していますし、残りの部分は「鉄」「アルミ」などの素材として売却しています。

 

さらに、高品質の日本車は海外での需要が高く、古い車でも輸出する場合もあります。なので、どんな車でも買取をしてくれるのです。

 

引取り料が無料だから

 

多くの廃車買取業者では、どのような状態の車でも無料で引取りをしてくれます。

 

レッカー車やユニック車を常備していますので、タイヤの無い車や、故障で動かなくなった車でも安心してお任せすることが出来ます。

 

廃車手続きを依頼出来るから

 

車の廃車は、車を解体しただけでは完了になりません。廃車手続き(永久抹消登録)が必要になります。

 

この手続きは、陸運支局や軽自動車協会で直接申請しなければいけませんし、初めての人には面倒で手間がかかります。この廃車手続きも、廃車買取業者を選べば、無料で行ってくれます。

 

つまり、廃車買取業者なら、廃車にお金がかからないのね?

 

そうだよ。賢く業者を選べば、20年落ちの車でも買取をしてくれるし引取りや廃車手続きを無料で行ってくれるよ。

 

まとめ

 

車の寿命についておわかりいただけましたでしょうか。こまめに整備や修理をすれば何年でも乗り続けることが出来ますが、20年くらい乗ると、そろそろ次の車を考えてもいいのではないでしょうか?

 

廃車買取のハイシャルなら、どんな状態の車でも買取0円以上の保証をしています。引取りや面倒な書類手続きも無料で、重量税だけではなく、自動車税や自賠責保険の返戻金も受け取ることが出来ます。もちろん車に応じた高価買取を致します。

 

年中無休で様々な状況に応じたご相談を承ります。専門スタッフが対応したしますので、廃車手続きが初めての方や女性でも安心してご利用下さい。廃車買取に特化したハイシャルは、あなたのお車を素早く適切に買取いたします。

 

関連記事

無料見積もりはコチラから

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

お客様について