お電話はこちらから フリーダイヤル0120932037

低年式の車買取ならディーラーよりも廃車買取がおすすめな理由

2019年10月9日
低年式 廃車

「車の買取をして欲しい」と思っている方も多くおられると思います。

 

車の買取は車種や年式などによって変わってきますが、できれば「しっかり買取金額を高くして買取をしたい」と思うはず。

 

車を高く買取する際に「低年式では高く買取するのは難しいかも」と感じるかもしれません。

 

しかし、低年式の車でも買取価格がつく可能性があります。

 

どのように低年式の車を買取するのがお得なのか紹介していきます。

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県

 

低年式とは?

 

始めに車にもいろいろな年式がありますが、「低年式ってそもそも何?」と思う人もいるはずです。

 

低年式とは一般的に年式が低く古い車を低年式車とされています。

 

年式は、初年度に登録されてから年数がどれくらい経っているのかを表したものであり、経過年数が短ければ高年式となります。

 

低年式と高年式に車は分けられますが、年式がどれくらい経てば低年式になるのかは正確に決められていません。

 

一般的には10年が1つの区切りとされており、10年以上経てば低年式の車でとなってしまいます。

 

低年式の車でなれば車としての価値はかなり落ちてしまい、中古車販売店でも安い値段で売られるようになります。

 

低年式の解説まとめ

・ 低年式は一般的に年式が低く古い車としての意味がある
・ 一般的に10年以上経てば低年式の車でとして評価される

 

【たった3分】車の年式の調べ方!車検証から車の年式を調べよう

 

低年式の車でも買取価格はつく?

 

車は低年式と高年式に分かれますが、なら「低年式の車は買取価格が付くのか?」と疑問に思われるかもしれません。

もちろん、低年式の車でも買取価格はつく可能性があります。

 

海外で日本の車はとても人気

海外では新車ではなく、中古車も乗る人が多いので、低年式の車であっても海外では高値で売ることができます。

 

また、日本と違い海外は質を重視しており、年式を気にされないことが多いです。低年式でも車を売ることができるので買取をしてもらえます

 

希少価値が高い車はマニアにも人気

 

低年式の車は生産が終了している車もあるため、希少性が付いていることがあります。

 

希少性が付いている車は車マニアに人気があり、低年式で外装も内装もボロボロでも買取る人が多くいます。

 

低年式の車でもパーツとして利用できる

低年式 廃車

低年式の車なので劣化している部品も多いかもしれませんが、使うことのできる部品も残っているはずなので、使えるパーツが多ければ買取をしてくれるはずです。

 

低年式で珍しい部品が残っていればパーツだけで高く買取りをしてもらうこともできます。

 

リサイクル券の制度

 

リサイクル券は購入時にリサイクル料金を前払いで納めたときに発見され、これがあればリサイクル料金を払わずに車を廃車にできます。

 

パーツを分解して廃車などにする際に、このリサイクル券があれば費用をかけずに処分でき、買取をしてくれます。

 

年式の古い車であれば、リサイクル料金未納の可能性も考えられます。リサイクル料金の支払い状況については、「自動車リサイクルシステム」から確認できます。

 

このような理由から買取をしてくれます。

 

ここまでのポイント

・海外で人気があるため低年式でも買取ってくれる
・希少性がある
・パーツとして売却することができる
・廃車にする際無料とすることができる

 

低年式の車の買取価格をあげる方法は?

 

低年式の車を買取する際「買取してもらえるなら価格を上げて欲しい」と思うかもしれません。低年式の車で価格を上げるにはポイントを押さえておくことが大事です。

 

1つ目は車のコンディション。

 

走行距離なども目安に見られますが、低年式なので走行距離は長いはずです。そのため、それ以外のタイヤと車検残り、車両本体を見ておくといいです。

 

タイヤは残り溝が多ければ加点されていきます。車検も4ヶ月以上あれば加点され、車両本体も内装や外装に傷が無い、エンジンが正常であればプラス査定とされます。

 

車の状態ではこれらの点を見ておけばいいですね。

 

 

また、2つ目は海外に再販ルートを持っている業者に買取してもらうこと。

 

海外ならば低年式の車でも使用してくれるため、低年式の車の使い道が大きいです。国内の再販しかしていないところであれば、パーツのみの買取になることが多く、買取できても高額は期待できません。

 

そのため、海外への再販ができる業者で査定をしてもらうと買取価格がつきやすくなります。

 

買取価格をあげる方法のまとめ

・車の状態を見ておき、できれば車検4ヶ月以上で買取するのがベスト
・海外に再販ルートを持っているところで買取してもらう

 

低年式の車なら廃車買取がおすすめな理由

低年式 廃車

 

低年式の車を買取してもらうなら「どこで買取するのか」がポイントになります。車の状態によりますが、全ての買取店が低年式の車を買取ってくれるわけではありません。

 

年式があまりに古いと買取してくれないこともあり、買取額がとても少ないこともあります。特にディーラーであれば買取をする技術が無いので買取できずに処分してしまうことが多いです。

 

そのため、確実に買取して少しでも高額で買取って欲しいなら廃車買取業者がおすすめできます。

 

廃車買取業者であれば海外に再販するルートを持っているところも多く、車を分解してパーツとして売る技術も持っています。

 

また、車を買取する際の手続きも無料で行なってくれるので、買取にかかる手間もかからず余計な出費を出さずに買取してもらうことができます。

 

普通の業者よりも廃車買取業者の方が低年式の車は買取してくれる要素がたくさんあるので、低年式の車を買取してもらうなら廃車買取業者を利用するのがおすすめです。
 

廃車買取実績の一覧

 

まとめ

 

低年式の車を買取してもらうことはできます。

 

低年式の車でも海外に輸出するのが1番大きな利益を得る方法なので、低年式の車を買取してもらうなら海外への再販ルートを持っている業者を利用するのがいいですね。

 

海外の再販ルートを持っている業者は廃車買取業者になります。

 

廃車買取業者であれば面倒な手続きもしなくて良くなるので、時間を節約して、しかも高額で買取をしてもらうことができるはずです。
ぜひ、検討してみてください。

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県