お電話はこちらから フリーダイヤル0120932037

車の車体番号の調べ方。車体番号の検索方法について

2019年1月5日
車体番号の調べ方

 

車を売却する時や、車の個人売買の時に、車体番号を聞かれる場合があります。

 

車体番号とは、車のマイナンバーのようなもの。ナンバープレートのように、他に被ることがない情報(数字)になります。

 

 

車体番号だけで、車の年式や型式を判断できるので、適正な査定価格(買取価格)が付けられます。

 

希少価値の高い車に乗っていたら、これらの情報を伝えることにより査定価格が上がることも。

 

 

この記事では、車体番号の調べ方について、掘り下げて解説していきます。

 

 

車体番号とは?

 

車体番号とは、自動車の車台部分に打刻されている、車両の固有認識番号になります。

 

国土交通大臣が車両にひとつずつ与える番号で、道路運送車両法により車両への打刻が義務付けられています。

 

 

車を登録する時や車検を受ける際にも必要な番号で、この番号がない車は登録や車検を受けることは出来ません。

 

 

正式名称は「車台番号」(しゃだいばんごう)と呼びます。ですから、車検証の項目を見ても「車台番号」と表記されています。

 

意味合いとしては、同じなので、車台番号=車体番号という認識で間違いありません。この記事では「車体番号」として統一して説明していきます。

 

 

ちなみに、ナンバープレートは「車両番号」とも呼びます。

 

 

車体番号と車両番号(ナンバープレート)の違いについて

 

車体番号は、フレームに直接刻まれている番号。

 

車体番号を確認すると、車種、グレード、製造場所の情報がわかります。

 

そして、リコールの対象になっているか?を調べられ役立ちます。

 

 

一方で、車両番号(ナンバープレート)は陸運局が登録する番号。

 

一般道や高速道路などの公道を運転する時に必ず必要です。

 

ナンバープレートがない状態で公道を運転することは違法行為に当たります。

 

 

 

車体番号の調べ方

 

 

車体番号を調べる方法は2つあります。

 

 

・車検証を確認する

 

・打刻されている場所を確認する

 

 

車検証から確認

 

車体番号を調べるためには、車検証を確認するほうが簡単。

 

車検証は車のダッシュボードに置いている方が多いので、確認してみてください。

 

 

車検証の「車台番号」の項目に記載されています。こちらのサンプル画像を参考にしてください。

 

 

車台番号(車両番号)の調べ方|車検証

 

直接、打刻されている場所から確認

 

こちらの方法の方がややこしいですが、打刻されている場所を直接確認することも。

 

すぐに車検証を見つけられなければ、こちらの方法をお試しください。

 

 

打刻されている場所は、車種によって異なります。

 

ほとんどの車種では、ボンネットを開けたエンジンルームの奥の「ダッシュパネル」部分の骨格に打刻されています。

 

 

また、最近の新車では、金属プレートに打刻したものを貼り付けていることも。

 

一般的には、外から見えにくく外的損傷を受けにくい位置に配置されています。

 

 

ダッシュパネルとは、エンジンルームとキャビンを隔てる隔壁板のこと。バルクヘッドとも呼ばれます!

 

ダッシュパネル
画像引用元|https://www.carsensor.net/nintei/help/help_dashpanel.html

 

 

車体番号からリコール対象車かを確認

 

車を売却する他にも、ご自身の車がリコール対象になっていないか?を確認するために、車体番号を知りたいかたもいるでしょう。

 

この項目では、国土交通省の車体番号検索ページ、各自動車メーカーのリコール検索ページ、の一覧を用意しました。お役立てください。

 

 

国土交通省の車台番号検索ページ一覧

 

SUBARU|リコール等情報対象車両検索

 

DAIHATSU|リコール等情報対象車両検索

 

TOYOTA|該当するリコール等の内容と実施状況の検索

 

NISSAN|リコール等対象車両の検索

 

HONDA|4輪 リコール・改善対策・サービスキャンペーン 対象車両検索

 

MAZDA|リコール情報検索

 

MITSUBISHI|リコール・改善対策・サービスキャンペーン 検索

 

AUDI|リコール等情報検索

 

BMW|タカタ製エアバッグのリコール等情報

 

Volkswagen|リコール関連情報

 

Mercedes-Benz|リコール検索

 

まとめ

 

車体番号を調べる方法は、車検証の「車台番号」を確認する。

 

もしくは、打刻されている場所を直接調べる。(多くの車は、エンジンルーム奥のダッシュパネルの骨格部分にある)

 

 

2つの方法があります。車検証から確認する方が簡単なので、そちらをお勧めします。

 

 

車を売却する時に、年式、型式、走行距離、車両状態(傷や凹み、走行できるか)、車検の満了日など聞かれます。

 

車検証を用意した上で、走行距離、車両状態を確認すると、速やかに査定価格が提示されるでしょう。

 

関連記事


放置車両は撤去できるの?撤去までに行う6つの行動... 私有地や店舗の駐車場などに、車両を放置されてお困りではありませんか? そして、「このままにしておくわけにはいかないし、どうすればいいのだろう・・・」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。  「放置車両を撤去したいけれど、まず何を...
事故車とは?事故車について最低限知っておきたい7つの知識... 安全運転を心がけていても、車を運転していると、事故が起きる可能性は誰しもあります。 「バンパーを擦った程度でも、事故車になるの・・・?」と事故車の定義について疑問に思うかたも少なくはありません。  「事故車になると査定額はどれくら...
自動車税未納付でも廃車は可能?|属託保存(しょくたくほぞん)とは?... いつもハイシャルコラムをご覧いただきましてありがとうございます。 今回は、自動車税と廃車についてご紹介します。廃車を決めている車に対して税金を払いたくないですよね。 もしかしたら、廃車するから税金を未納付中という方もおられるかもしれません。...
車がオーバーヒートした原因と気になる修理代は?... 走行中に、車が突然オーバーヒートになってお困りではないでしょうか? あまり経験したことがないトラブルで、対処法もわからずに、パニックになってしまうことも。  「車が突然オーバーヒートした!どうやって対処すればいいの・・・」...
車にかかる税金を詳しくご紹介|車の購入を考えている方必見... いつもハイシャルのコラムをご覧いただきましてありがとうございます。 車を所有している人の悩みのひとつに、「車にかかる税金の納付」が挙げられると思います。 とくにはじめて車を購入の際に、取得時にかかる税金の種類が複数ありびっくりされた方もおられるので...
車の処分方法!もっともお金になる処分方法とは?... 車の処分方法でもっともお金になる方法は? 「長年愛用してきたけど、そろそろ維持費が大変。」 「引っ越し・転勤が決まったので車を手放そうと思っている。」 「事故にあったから新しい車に乗り換えたい。」  ...
簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県