お電話はこちらから フリーダイヤル0120932037

ナンバープレートを紛失しても廃車はできるの?

2018年3月1日
ナンバープレートを紛失しても廃車は可能?

ナンバープレートが紛失や盗難にあった場合、廃車にすることは可能か?

 

通常では、廃車手続きをする際には、ナンバープレートも同時に返納する必要があります。

 

しかし、盗難や天災で、ナンバープレートを紛失してしまった場合は廃車はできるの?とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

 

結論から言うと、廃車にすることは可能です。

 

ナンバープレートを無くしてしまったら、不正や悪用されないか不安に思うことも。

 

今回の記事では、プレートを紛失してしまった時の対処法や、廃車の手続き方法について解説していきます。

 

また、廃車にするナンバープレートを記念に欲しい!という方向けの、ナンバープレートを記念に保管しておく方法について解説します。

 

ナンバープレートがなくても廃車はできる

 

窃盗被害や天災で、ナンバープレートを紛失してしまった場合。

 

まずは、警察署に盗難届または紛失届けを提出する必要があります。

 

そして、陸運局でナンバープレートを再発行してもらい廃車手続きを行います。

 

 

天災による場合、市役所で罹災証明書(りさいしょうめいしょ)を発行しよう

 

天災により場合は、消防局・市役所などで罹災証明書が発行できます。

 

この罹災証明書と車検証を提出すれば、車体やナンバープレートがなくても、廃車にすることが出来ます。

 

 

地震や洪水などの場合、車検証も同時に無くしているケースも多いでしょう。

 

車検証がない場合は、陸運局で発行してもらうことが出来ます。

 

 

ナンバープレートの盗難は、年間約12,000件!

 

平成30年度6月の警視庁の発表によると、平成29年度のナンバープレートの盗難件数は、12,289件!約12,000件になることが発表されました。

 

ナンバープレートが盗難されると、犯罪に悪用されるケースもあるため、警視庁は防犯性が高い「盗難防止ネジ」の普及促進を呼びかけています。

 

参考元:自動車盗難等の発生状況について

 

盗難された時の対応

 

まずは最寄りの警察署へと盗難届けを提出することです。

 

用意された書類に記入すると「受理番号」が発行されます。

 

大切なものなので忘れずに保管してください。

 

ちなみに、警察署は最寄りの警察署で大丈夫です。盗難に遭った地域である必要はありません。

 

 

 

記念に持ち帰ることも可能!(記念所蔵)

 

平成29年(2017年)4月3日から記念にもらえるようになりました。

 

今までは、廃車にするとナンバープレートは返納し、破棄をする義務がありました。

 

しかし、オリンピックナンバーの図柄入りデザインが公開されたことをきっかけに、記念としてもらえることに。

 

 

「記念日や誕生日をナンバープレートの数字にしている」

 

「初めて買った車のナンバープレートを自宅に置いときたい」

 

といったように愛着を持っている人にとって嬉しいニュースとなりました。

 

 

ただし、持ち帰るには穴を開ける必要が

 

注意箇所としては、廃車(抹消登録)がされた車と区別をするため、不正使用にされない為に、直径40ミリ以上の穴を開ける必要があります。

 

陸運局や軽自動車検査協会で300円~500円ほどの値段でやってもらうことが出来ます。

 

 

ナンバープレートに愛着があり、記念に置いときたいかたは、試してみてもいいでしょう。

 

手前味噌ですが、弊社、廃車買取のハイシャルでもナンバープレートの記念所蔵が可能です。

 

詳細は、お電話にてお尋ねください。

 

 

車に乗っていてナンバープレートを取り外したらどうなる?

 

ナンバープレートの取り外しは、道路運送法違反となります。

 

50万以下の罰金というペナルティが課せられる可能性が。

 

ちなみに、違反点数はありません。

 

 

道路運送車両法第73条

「車両番号を記載した車両番号標を表示し、かつ、その車両番号を見やすいように表示しなければ、これを運行の用に供してはならない」

 

道路運送車両法施行規則第7条

「自動車登録番号標の取付けは、自動車の前面及び後面の見やすい位置に確実に行うものとする」

 

車体とナンバーはビス2本で取り付けられています。

 

さらには、リア側には、キャップのような金属が装着されています。

 

 

これは「封印」と呼ばれるもので、普通車のリア側にはナンバープレートを必ずつけなければいけません。

 

軽自動車は封印義務は無しとなっています。「封印」は、少し手を加えないと外せない仕様です。

 

 

なぜ外しにくくしているか?

 

車両が運輸支局で検査を受け、正式登録されたナンバープレートと証明する為です。

 

通常では、取り外しを行わないので、むやみに取り外して付け替えお可能性があると見なされ、盗難車と疑われることも。

 

罰金も取られるので、興味本位の取り外しは避けるのが賢明です。

 

 

廃車手続きの流れ

 

まずはじめに、ご自身で廃車手続きを行うのは、面倒や手間暇をかけることが多くお勧めできません。

 

よほどの専門的知識や時間がない限りは、任せることが賢明です。

 

 

弊社、ハイシャルのような廃車買取の専門業車に任せることが、お勧めです。

 

 

面倒な廃車手続きも無料代行し、動かすことが出来ない場合のレッカー代なども無料。

 

廃車費用がかかると言われた車でも、0円以上の買取保証をしております。

 

 

なぜ、このような仕組みができるか?についてはハイシャルのHPをご確認ください。

 

廃車買取・事故車買取 – 無料査定と高価買取中|ハイシャル

 

もしも、ご自身で廃車手続きを行いたいなら、この記事を参考にされてください。

 

廃車手続き完全ガイド!車の廃車手続きを無料で行う方法とは?

 

まとめ

 

もしナンバープレートを紛失しても、焦らずに警察署や市役所に届出を提出してください。

 

通常の廃車よりも一手間はかかりますが、廃車にすることは可能です。

 

 

また、今年度よりナンバープレートを記念に持ち帰ることもできるようになりました。

 

愛着あるナンバープレートであれば、新制度を利用しましょう。

 

弊社、廃車買取のハイシャルでも、一声頂けたらナンバープレートの記念所蔵が可能です。

 

関連記事


廃車手続きに納税証明書は必要なの?紛失の場合はどうしたらいい?... 「廃車手続きに納税証明書は必要なの?」 「自動車税の支払いをしていないけど、廃車にできる?」 「紛失した場合に再発行はできるの?」  廃車にしようと思った時に、こんな疑問をお持ちではありませんか?...
放置車両は撤去できるの?撤去までに行う6つの行動... 私有地や店舗の駐車場などに、車両を放置されてお困りではありませんか? そして、「このままにしておくわけにはいかないし、どうすればいいのだろう・・・」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。  「放置車両を撤去したいけれど、まず何を...
車の買い替えの時期はいつがベスト?9つのポイントで判断... 車を買い換えるタイミングは、誰しも頭を悩ませるもの。 「今度、車検だから車を買い換えようかな?」 「子供も大きくなってきたので、車を乗り換えたい!」 「今の車にも飽きてきたので、新しい車に乗りたい!」  ...
車のへこみの直し方は自分でもできる?修理にださなくても完璧に仕上げる5つの方法... 車にへこみができてしまった。大切にしている愛車ほどそのダメージは大きいもの。 そのまま走行するには格好悪いので恥ずかしい。修理工場に持っていくのもお金がかかるし出費が痛い。と頭を悩ませていませんか? そんなかたにこそ、オススメしたいのが、自分で(D...
【自動車税の早見表付き!】廃車の自動車税の還付について解説!... 自宅で乗らなくなった車を廃車、もしくは中古車買い取りなどご検討されている方かと思います。 また条件によっては、手続きの際に自動車税が還付されるかもしれないと、お聞きになったのではないでしょうか? 結論からご説明しますと、自動車税については条件により...
車の改造は買取NG?廃車にはできるの?...  車の不正改造・違法に当てはまらないための注意点 改造は車好きにはたまらない趣味です。自分の好みにカスタマイズするのも、カッコいい車に乗ることも楽しいのですが、もしかしたらその改造、違法かもしれません。 今回は違法・不正改造をしな...
簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県