廃車手続きに納税証明書は必要なの?紛失の場合はどうしたらいい?

2018年12月8日
納税証明書

「廃車手続きに納税証明書は必要なの?」

 

「自動車税の支払いをしていないけど、廃車にできる?」

 

「紛失した場合に再発行はできるの?」

 

 

廃車にしようと思った時に、こんな疑問をお持ちではありませんか?

 

車を購入する時の情報はたくさんありますが、廃車や車の処分についての情報は意外にも少ないもの。

 

 

今回の記事では、廃車手続きの納税証明書の扱い方について解説していきます。

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県

 

納税証明書とは?

 

 

納税証明書とは?

 

納税証明書の扱い方を解説する前に、そもそも納税証明書とは?について解説。

 

自動車税納税証明書とは、自動車税が正しく納まっているかを確認する為の証明書です。

 

毎年4月1日時点での車の所有者は、自動車税を納めなければいけません。

 

毎年5月に、管轄の自動車税事務所から、自動車税納税通知書と一緒に送られます。

 

 

大阪府のホームページから、自動車税通知書と納税証明書の見本を引用します。

 

画面左が通知書。画面右が納付書となります。

 

 

自動車税通知書と納税証明書

 

画像引用元|大阪府のホームページ

 

自動車税の納付は、5月31日までに済ませないといけません。

 

ちなみに、自動車税の納付は、コンビニ支払い・金融機関・都道府県税事務所・クレジットカード決済でも支払えます。

 

車のダッシュボードに、納税証明書を保管しておくのがおすすめ!

 

廃車に納税証明書は基本的にはいらない

 

廃車手続きに、納税証明書は基本的にはいりません。

 

(例外的に必要なケースについては後ほど解説)

 

 

もし納税証明書を紛失しても、基本的に提出を求められることはないのでご安心を。

 

廃車手続きに必要な書類について、詳細を知りたいかたは、こちらを参考にして下さい。

 

廃車手続き完全ガイド!廃車手続き費用を無料にする方法とは?

 

納税証明書が必要になるケース

 

先ほど述べたように、廃車にするのに基本的に納税証明書は必要ありません。

 

ただし、例外的に必要になるケースも。

 

買取業者側が後々のトラブルにならないように、念のために提出を求めるケースがあります。

 

個人売買で必要になるケース

 

近年では車の個人売買が増えています。

 

この個人売買の時に、買主から納税証明書を求められることも。

 

買主の立場なら、自動車税をきちんと納めているか、未納していないかは気になるところ。

 

後々のトラブルにならないように、納税証明書の提出が必要になることがあります。

 

買取業者が中古車販売を考えているケース

 

買取業者が中古車販売を考えていると、納税証明書が必要になることも。

 

もし車検まで残りわずかであれば、次の所有者は車検で納税証明書が必要になります。

 

また自動車税が未納であると、次の所有者とのトラブルになる可能性もあり、万が一に備えて提出を求められることも。

 

 

※廃車には大きく分けて2種類ある

 

廃車なのに中古車として販売?に疑問を持った方もいるかもしれません。

 

実は、廃車には大きく分けて、「永久抹消登録」「一時抹消登録」の2種類があります。

 

 

永久抹消登録とは、車を解体して2度と乗れない状態にすること。

 

一時抹消登録とは、一時的に車を乗れない状態にすること。(転勤・中古車販売・自動車税の停止の時に使います)

 

 

廃車=永久抹消登録のイメージが強いですが、一時抹消登録でも正確には廃車となります。

 

車の最後の所有者でありたい場合(解体したい場合)は、買取業者に永久抹消登録の意志を伝えて下さい。

 

 

(この辺りの認識の違いが、後々のトラブルにもなることも。しっかりと確認することが大切!)

 

納税証明書を紛失したら再発行はできる?

 

納税証明書の再発行

 

自動車税をきちんと納めたが、うっかり紛失してしまうかたも。

 

先に結論を言うと、再発行はできるのでご安心下さい。

 

 

納税証明書の再発行は、都道府県税事務所、自動車税管理事務所で再発行ができます。

 

軽自動車であれば、市区町村役所の納税課・支所・市民センターでの再発行も。

 

 

必要なものは、下記になります。

 

・車検証
・印鑑
・身分証明書
・直近に納付した場合は領収書か通帳の記帳面コピー

 

交付手数料は400円ほど。

 

ちなみに、代理人での再発行も可能です。

 

自動車税を滞納していても廃車はできる?

 

納税証明書がなくても廃車は可能?

 

結論から言うと、自動車税の未納が1年未満であれば、廃車は可能。

 

2年以上の未納であれば、嘱託保存(しょくたくほぞん)という措置がとられ、廃車はできません。

 

 

自動車税未納が1年未満の場合

 

前述したように、1年未満であれば廃車は可能です。

 

この場合、廃車手続きが完了後2ヶ月ほど経てば、自動車税事務所から未納分の自動車税納付書が届きますので、その際に納める必要があります。

 

※軽自動車の場合は、1年分の軽自動車税を納税する必要があります。

 

 

ちなみに、自動車税を納付していれば、還付金が受け取れます。(残り有効期間を月割した金額)

 

自動車税の還付金の早見表は、この記事になるので確認してください。

 

【自動車税の早見表付き!】廃車の自動車税の還付について解説!

 

※軽自動車には、自動車税の還付金はありません。

 

※※3月時点での廃車でも還付金はありません。

 

 

自動車税の還付金は、買取業者が説明もなく受け取ることもあるので、還付金の扱い方について確認が大切!

 

自動車税未納が2年以上の場合

 

自動車税が2年以上の未納の場合、嘱託保存(しょくたくほぞん)という措置が取られます。

 

嘱託保存とは、「自動車税が未納であるため、税務署が管理をする」ということ。

 

 

税務署により車が差し押さえ状態になっているので、勝手に廃車手続きを進めることはできません。

 

まずは、未納分の自動車税を納める必要があります。

 

自動車税事務所に相談すると、分納支払いができる可能性も。

 

嘱託保存を解除するためには相談されてみることもおすすめです。

 

 

まとめ

 

廃車手続きでは、基本的に納税証明書は必要ありません。

 

ただし、買取業者側が、念のための可能性を考慮して求められることも。

 

紛失していても再発行は可能なので、ご安心下さい。

 

 

手前味噌ですが、弊社 廃車買取のハイシャルなら納税証明書は必要なし。

 

廃車をお考えのかたはお気軽にご相談ください。

 

 

 

この記事の執筆者
安部哲史

 
ユニオンエタニティ株式会社(廃車買取のハイシャル 運営会社) 代表取締役
 
昭和59年生まれ。34歳。大阪府出身。大学卒業後、廃車買取会社で7年間勤務。支店長を経て、取締役営業部長として業績拡大に貢献。
 
現場経験と書類の知識が豊富で困難な案件もこなす。これまで携わった廃車台数は約30万台を誇る。新たな仲間と廃車の可能性を最大限に引き出す為に起業、現在に至る。


無料見積もりはコチラから

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県