事故車の廃車はどうすればいいの?一番お得な廃車方法を徹底解説!

公開日:2020年8月25日 日本全国対応
最終更新日:2020年8月25日
事故車 査定落ち

思いがけず、愛車が事故車になってしまった場合、ショックで冷静な判断が出来ないこともあります。

 

とにかく廃車しなければ!と業者を選ばず廃車を依頼すると、高額な金額を請求される場合もあるのです。

 

そこで、事故車になった場合の一番お得な廃車方法を解説いたしますので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

なお、廃車をお急ぎの方はハイシャルへご相談下さい。ハイシャルではどんな状態の車でも0円以上の買取保証をしています。

 

事故車だけどお得に廃車したいわ。

 

業者によっては高い解体処分代や廃車手数料を取ることもあるから注意が必要だよ!

 

事故車を廃車にしたほうが良い場合

 

事故車とは、単に事故に遭った車ではなく、車体の骨格部分(フレーム)まで損傷がある車や骨格部分の修理歴がある車を指します。

 

廃車を選択した方が良いのは、「車体の骨格が歪んでしまった」場合と、修理代金が高額になって「次の車を購入した方が良い」場合でしょう。

骨格(フレーム)が完全に歪んでしまった場合

骨格が歪んでしまうと、乗り続けることは出来ません。事故の処理や保険の手続きが終了次第、速やかに廃車をしましょう。

骨格の損傷を修復できる場合

事故の程度によっては、修復して乗り続けることも可能です。ただし、骨格部分の修理はかなり高額になります。保険の補償以上の見積もりになった場合は、車を手放すことも考えた方がよいでしょう。

また、骨格(フレーム)を損傷した車は、車両の耐性が落ち、まっすぐに走行できないなど運転自体にも影響が出てしまいます。

さらに、どんなに外観はきれいな車だとしても、中古車としては「事故車」扱いになってしまいます。車両価値がぐっと下がってしまうので、中古車買取業者での買取は、一部の人気車種以外は難しいでしょう。

事故車をお得に廃車するにはどこに頼めばいいの?

事故車 廃車

 

ディーラーに依頼する

 

次に買う車のディーラーに、事故車の廃車を依頼することが出来ます。下取りとして値段が付くことはないでしょうが、商談の際に、気軽に頼めて便利です。

 

ただし、廃車処分代や廃車手数料として2万円ほど請求されることもあり、お得に廃車出来るわけではありません。

 

自動車解体業者に依頼する

 

事故車の廃車なら、解体業者に依頼する方法もあります。ただ、業者によって対応が大きく異なることが問題です。

 

良心的な業者も多く、廃車処分代がいらなかったり、廃車手続きをサービスしてくれるところもある一方で、廃車処分代として2万円以上も請求されるケースもあります。

 

廃車をするのが初めての方には、見分けることが困難でしょう。

 

廃車買取業者に依頼する

 

事故車の廃車なら、廃車買取業者をお勧めします。中古車買取専門店とは違った売却ルートがあるので、事故車でも買取ってくれるのです。

 

事故車でも、使える部品は中古パーツとして販売できますし、鉄などの素材売却や輸出などで利益が出るのです。

 

事故車の廃車手続きはどうしたらいいの?

 

事故車の廃車手続きを自分でやる

 

事故車の解体を依頼した業者に「自分で廃車手続きをする」ことを伝えます。

 

というのは、解体処理が終わったあとに出る「解体記録報告日」が必要だからです。また、ナンバープレートも忘れず取り外して持ち帰りましょう。

 

業者から「解体報告記録日」の報告が来たら、普通自動車は管轄の「陸運支局」、軽自動車は「軽自動車協会」へ行って廃車の手続き(永久抹消登録)を行います。

普通自動車 永久抹消登録の必要書類

・車検証
・ナンバープレート(前後)
・車の所有者の印鑑証明書(住所移転などがあった場合は履歴のわかる住民票が必要)
・車の所有者の実印
・「解体報告記録日」と「移動報告番号」のメモなど
・自動車重量税還付の際の銀行口座のメモなど
・(申請用紙などは、現地に用意されています)

永久抹消登録は無料ですが、住所変更、名義変更などには手数料が必要になります(350円~500円程度)

 

書類が揃ったら、管轄の陸運支局へ行って申請手続きを行います。場所は国土交通省の陸運局のHPで確認します。

 

陸運支局には相談窓口があるので、書類に不備が無いか確認してもらうといいでしょう。

軽自動車 永久抹消登録の必要書類

・車検書
・ナンバープレート(前後)
・使用者、所有者の印鑑(実印でなくて良い)
・「解体報告記録日」と「移動報告番号」のメモなど
・自動車重量税還付の際の銀行口座のメモなど
・(申請用紙などは、現地に用意されています)

必要書類が揃ったら、管轄の軽自動車協会へ行って申請手続きを行います。場所は軽自動車協会のHPで確認します。

 

協会の中にも相談窓口があるので、不備書類がないか確認してもらうと安心です。

 

普通自動車も軽自動車も、申請が通れば「自動車重量税還付申請書付表」又は「永久抹消登録/解体届出手続き完了のお知らせ」が発行されます。これで廃車が完了となります。

一時抹消登録について

廃車まで時間がかかる時、税金などを先に止める意味で一時抹消登録を行う場合もあります。手数料は350円です。

事故車の廃車手続きを行政書士に依頼する

 

行政書士は申請の専門家なので、依頼料が高くなります。通常2万円以上は請求されるので、遺産相続や面倒な名義変更など、個人で書類を揃えるのが難しい場合に依頼すればいいでしょう。

事故車の廃車手続きを廃車買取業者に依頼する

 

ほとんどの廃車買取業者では、廃車手続きを無料で行ってくれます。中には、自動車重量税や自動車税、自賠責保険の払戻金をまとめて返してくれる業者もあり、かなり便利でお得になります。

 

また、車の持ち込みと同時に廃車手続きを依頼できるので、余計な手間がかかりません。

 

事故車の廃車に廃車買取業者をお勧めする理由

 

事故車の引取り料が無料だから

 

事故車だと、走行出来ない車もあるでしょう。しかし廃車買取業者ではレッカー車やユニック車を常備しているので、無料で引き取りに来てくれます。

 

個人でレッカー車を依頼すると1万円近く請求されるので、かなりお得です。

 

事故車でも0円以上で買取をしてくれるから

 

多くの業者が、事故車でも0円以上での買取を保証しています。車の程度や車種によっては高値買取も可能なので、まずは電話で相談してみましょう。

 

でも、廃車引取業者も沢山あって、迷うわ。

 

それなら廃車買取のハイシャルがお勧めだよ。0円以上の買取保証や、引取り料、廃車手数料も無料だし税金や自賠責の還付もキッチリしてくれるんだ。

 

まとめ

 

事故車の廃車は廃車買取業者が一番お得である事がお分かりいただけましたでしょうか。さらにお得にするために、いくつかの業者を比べてみることをお勧めします。

 

廃車買取のハイシャルなら、どんな状態の車でも買取0円以上の保証をしています。引取りや面倒な書類手続きも無料で、重量税だけではなく、自動車税や自賠責保険の返戻金も受け取ることが出来ます。もちろん車に応じた高価買取を致します。

 

年中無休で様々な状況に応じたご相談を承ります。専門スタッフが対応したしますので、廃車手続きが初めての方や女性でも安心してご利用下さい。廃車買取に特化したハイシャルは、あなたのお車を素早く適切に買取いたします。

 

関連記事

無料見積もりはコチラから

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

お客様について