サイドバー

普通車・軽自動車の廃車手続きに必要な書類

廃車手続きについて細かくご説明します 書類

廃車手続きは、車の抹消登録を行うことを指します。
このページでは、廃車手続きの流れ、必要書類、種類についてご案内します。

普通車の必要な書類はこちら 軽自動車の必要な書類はこちら 廃車手続きのよくある質問

面倒な廃車手続きは全て丸投げ!
専門スタッフが必要書類をすぐにご案内します!


チャート式

普通車の廃車手続きの必要書類

必要書類をチェック

STEP
1

車検証の所有者情報を確認してください

車検証には所有者欄と使用者欄が記載されております。 印鑑証明書などの必要書類は所有者の書類が必要になります。

step1
車検証に記載されている使用者と所有者の情報は同じですか?

YES

STEP2へ

NO

下記書類へ

step1

追加で書類が必要になります。

引越しで住所が変わっている
車検証の住所から1回のみ・・・住民票(B-2)
車検証の住所から2回以上・・・戸籍附票(B-3)
引越しで住所が変わっている
車検証の住所から1回のみ・・・住民票(B-2)
車検証の住所から2回以上・・・戸籍附票(B-3)
STEP
2

印鑑証明書の発行期限を確認してください

廃車のお引取りから陸運局でのお手続きまで1週間〜2週間程度時間を要します。 陸運局にて手続きをする際に使用可能な印鑑証明の有効期限は発効日から3ヶ月以内となっています。 よってハイシャルにお預けいただく印鑑証明書は取得から2ヶ月以内のものをお預けください。

step2
印鑑証明書は2ヶ月以内に取得していただいたものですか?

YES

STEP3へ

NO

下記書類へ

step2

追加で書類が必要になります。

発効日が2ヶ月以上前の印鑑証明書
お手数ですが市役所などで印鑑証明書(B-1)の取得をお願いします
STEP
3

印鑑証明の印鑑と同じ印鑑をご用意ください

陸運局へ提出する委任状と譲渡証明書の押印は印鑑証明書の登録をしている印鑑で押印が必要です。 似ている印鑑で押印された場合や不鮮明な場合は申請が受理されません。 お手元へご準備頂いた印鑑を再度、印鑑証明書の印鑑かご確認おねがいします。
※引取当日に委任状と譲渡証明書はハイシャルスタッフが持参致します。
(一部の地域につきましては郵送での対応とさせて頂く場合があります。)

step3
印鑑登録をされている印鑑をご準備頂き書類に押印されましたか?

YES

これで完了!

NO

下記必要書類へ

step3

追加で書類が必要になります。

印鑑証明書登録の印鑑を紛失した。
お手数ですが住民登録している市役所にて再度印鑑登録をお願い致します。
委任状や譲渡証への押印が不鮮明な場合や押印場所が違っている
書類によっては使用できない可能性がありますのでもう一度白紙の書類に記入、押印して下さい。
※予備書類が手元にない場合はコールセンタースタッフまでご相談ください。

別途追加書類が
必要となる場合

一般的にこれまで説明してきた書類で陸運局での手続きが可能です。
以下のような場合は陸運局での手続きを行う上で追加の書類が必要になります。

車検証所有者の氏名・住所と
印鑑証明書の情報が一致しない場合

車検証の所有者、印鑑証明書それぞれの氏名・住所が同一でなければ陸運局での手続きができません。

いずれかひとつ追加でご用意ください

住民票
引越しが一回の場合 発行から2ヶ月以内のもの
戸籍の附票
引越しが一回の場合 発行から2ヶ月以内のもの
戸籍謄本 or 抄本
氏名が変わっている場合 発行から2ヶ月以内のもの

所有者がローン会社
法人になっている場合

所有者がローン会社(信販会社・ディーラー)・法人の場合は、購入した販売店に以下の書類を取り寄せする事ができます。
印鑑登録の承認書は利用することはできません。

使用者ではなく所有者の方のもの

印鑑証明書
譲渡証明書
委任状
※ローン会社または法人から発行してもらいます
※住所が異なる場合は登記簿謄本が必要です
※いずれの書類も発行して2ヶ月以内のもの

その他の特殊な案件

1.所有者が未成年の場合
2.所有者が所有者がお亡くなりになられている場合
3.車検証等の必要書類を紛失している場合
4.緑色のナンバープレートの普通自動車の場合
1.所有者が未成年の場合
2.所有者が所有者がお亡くなりになられている場合
3.車検証等の必要書類を紛失している場合
4.緑色のナンバープレートの普通自動車の場合

案件ごとにご準備頂く書類がことなる為、コールセンターへお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ


市役所(市区町村役場)で
取得して頂くもの

住民票 拡大
住民票
※不要な場合がございます
戸籍附票 拡大
戸籍附票
※不要な場合がございます
戸籍謄本・除籍謄本 拡大
戸籍謄本・除籍謄本
※不要な場合がございます

当社にて
ご準備させて頂くもの

面倒な廃車手続きは全て丸投げ!
専門スタッフが必要書類をすぐにご案内します!

チャート式

軽自動車の廃車手続きの必要書類

必要書類をチェック

STEP
1

車検証の所有者情報を確認してください

車検証には所有者欄と使用者欄が記載されております。 印鑑証明書などの必要書類は所有者の書類が必要になります。

step1
車検証に記載されている使用者と所有者の情報は同じですか?

YES

STEP2へ

NO

下記書類へ

step1

追加書類が必要な場合がございます。コールセンターへお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
STEP
2

シャチハタ以外の印鑑をご準備下さい

軽自動車検査協会へ申請する際に使用する申請依頼書への押印は認印でも可能ですがシャチハタ以外の印鑑をご準備ください。 又、法人の場合は法人印で押印いただけます。

シャチハタ以外の印鑑のご準備はお済ですか?

YES

これで完了!

NO

下記必要書類へ

step2

お手数ですが、シャチハタ以外の印鑑をご用意下さい。

別途追加書類が
必要となる場合

一般的にこれまで説明してきた書類で陸運局での手続きが可能です。
以下のような場合は陸運局での手続きを行う上で追加の書類が必要になります。

所有者がローン会社
法人になっている場合

所有者がローン会社(信販会社・ディーラー)・法人の場合は、購入した販売店に以下の書類を取り寄せする事ができます。

使用者ではなく所有者の方のもの

申請依頼書
所有者承諾書
※ローン会社または法人から発行してもらいます
※住所が異なる場合は登記簿謄本が必要です
※いずれの書類も発行して2ヶ月以内のもの

その他の特殊な案件

1.所有者が未成年の場合
2.所有者が所有者がお亡くなりになられている場合
3.車検証等の必要書類を紛失している場合
1.所有者が未成年の場合
2.所有者が所有者がお亡くなりになられている場合
3.車検証等の必要書類を紛失している場合
4.緑色のナンバープレートの普通自動車の場合

案件ごとにご準備頂く書類がことなる為、コールセンターへお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ


当社にて
ご準備させて頂くもの

面倒な廃車手続きは全て丸投げ!
専門スタッフが必要書類をすぐにご案内します!

とっても簡単な

廃車買取りの流れ

1

お客様の
車のお引き取り
 

2

廃車手続き
必要書類の
お預かり
 

3

弊社から運輸支局
軽自動車検査協会
への書類提出

4

弊社から
自動車税事務所
への書類提出

5

お客様へと
抹消登録証明書を
送付
 

1

お客様の車のお引き取り

2

廃車手続き必要書類のお預かり

3

弊社から運輸支局軽自動車検査協会への書類提出

4

弊社から自動車税事務所への書類提出

5

お客様へと抹消登録証明書を送付

廃車手続きはハイシャル

ハイシャルのメリット

ハイシャルのメリット
チェック 面倒な廃車手続きは全ておまかせ
チェック 廃車手続きの費用もかからない
チェック 時間も節約できる
ご自身で廃車手続きをするデメリット
運輸支局または軽自動車協会にいく必要があり、営業時間が平日9時〜16時と短く手間がかかります。
2種類の方法があります

廃車手続きについて

車は解体しただけでは廃車にはなりません。
車の抹消登録が必要です。抹消登録は大きく分けて2種類の方法があります。

永久抹消登録

永久抹消登録は、車の解体を行い、ナンバープレートも返納し、公道を走れなくする手続きです。

一時抹消登録

一時抹消登録は、車の解体を行い、ナンバープレートも返納し、車の解体は行わずに、一時的に車を 抹消する登録のことです。「中古車新規登録」をすることで再び公道を走れる状態になります

廃車手続きのよくある質問

answer

車検証に記載の「所有者」が本人もしくは家族であれば可能です。ディーラーやローン会社の場合はお問い合わせください。

answer

はい。可能です。必要書類についてはお問い合わせください。

answer

軽自動車は可能です。
普通車の場合は、基本的には本年度分の支払いをしてなくても廃車可能です。支払い義務は当然残りますので詳細は都道府県税事務所にお問い合わせください。2年以上未払いの場合はお問い合わせください。

answer

普通車・軽自動車ともに廃車可能です。普通車の場合は、車検証に記載されていた所有者の書類が必要です。軽自動車の場合は、車検証に記載されていた「所有者の氏名」「所有者の住所」の正確な情報が必要となります。

answer

取得日が記載されている公的書類は、基本的には3ヶ月以内ですが、弊社の場合は郵送期間も考慮して2ヶ月以内のものを推奨しています。

answer

普通車・軽自動車ともに廃車可能です。リサイクル料金が未払いの場合は、法的に支払い義務が発生する可能性があります。事前にお調べできますのでご不安な場合はお問い合わせください。

answer

既にローンを完済している場合は可能です。ローンが残っている場合はお問い合わせください。

廃車に関するよくある質問一覧へ