ハイシャルなら面倒な手続きはすべて丸投げ
無理な営業は一切いたしません
無料見積もりはこちらから

廃車手続き

軽バンをお得に廃車する方法!処分代や手数料などを徹底解説

更新日: 2021/05/18
軽バンをハイシャルで賢く廃車

画像引用元:スズキ株式会社
 
軽バンは、スズキ「エブリイ」やダイハツ「ハイゼット」に代表されるように、主に軽の商用バンや貨物自動車として使われることが多い車です。
 
商用車は走行距離が多くなりがちなので、中古車としての買取価格は低い傾向にありますが、乗用にカスタムされた「キャンピング仕様」車などは、高値で取引さています。
 
中古車市場では、どんな車でも”走行距離が短いほど良し”、とされ、十分に使用した軽バンは、廃車にしたほうがお得になる場合もあります。
 
そこで軽バンをお得に廃車する方法をまとめてみました。処分代や廃車手数料なども解説しておりますので、是非参考にしてくださいね。
 
なお、愛車の廃車ならハイシャルへご相談下さい。ハイシャルではどんな状態の車でも0円以上の買取保証をしています。
 

電話をかける 電話をかける

0120-932-037

愛車をWEBで査定 愛車をWEBで査定

お客様にメリットのある ハイシャルならではの特典

9月中に廃車すると

ハイシャルなら自動車税の還付金が受け取れる ハイシャルなら自動車税の還付金が受け取れる

 

軽バンとはどういった車?

軽バンは、「N-BOX」や「タント」のような軽自動車のハイトワゴンと同じようにみえますね。大きさや、見た目もそんなに違いは分からないでしょう。
 
しかし、それらハイトワゴンはエンジンルームが運転席の前にある2ボックスカーであるに対し、軽バンはエンジンが運転席の下やリアシートの下に配置されている「ワンボックスカー」であるというのが大きな違いです。
 
現在、多くのメーカーが軽バンを取り扱っていますが、そのほとんどがスズキかダイハツからの軽バンをOEM供給(他社がつくった車を外側だけ変えて自社ブランドで売ること)された車です。
 
ホンダだけは独自の進化を遂げていて、アクティーバンを廃止し、「N-VAN」を登場させたことが話題となりました。
 
世界にも類を見ないほどのコンパクトで高性能な軽バンは、海外での評判も高く、かつて中国では「ハイゼットカーゴ」がタクシーの主流として広く使われていました。

軽バンの廃車はどこに依頼する?

 

ディーラーに依頼するメリット、デメリット

軽バンは商用車として使われることから、次も同じ車種にすることが多く、廃車をするなら手っ取り早くディーラーに依頼しがちになります。商談の際に依頼出来ますし、話も早くて便利ですよね。
 
しかし、ディーラーに廃車を依頼することは「お得」とは言えません。
 
会社間の話し合いで「廃車もおまかせください!」といわれると任せて安心な感じもしますが、廃車にするならもっとお得な方法があるからです。
 
気軽に軽バンの廃車を依頼できる点はメリットですが、それ以上に良い点はないといえるでしょう。

解体業者に持ち込むメリット、デメリット

では、軽バンの廃車は自動車解体業者にお願いすればいいのでしょうか。
 
確かに車の解体の専門ですが、自動車解体業者は業者によって対応が大きく違います。引取りや廃車手続きを無料で代行してくれる業者もある一方で、解体処分代として2万円ほど請求されるケースもあるからです。
 
良い業者を見つけることが出来ればメリットも大きいのですが、そうでない場合は逆に損をする可能性もあります。

廃車買取業者に依頼するメリット、デメリット

軽バンの廃車なら、廃車買取業者をお勧めします。
 
多くの業者が0円以上で買取をしてくれますし、業者によっては廃車手続きが無料、さらに車両の引取りも無料で行ってくれるところがあります。
 
業者によってはさらにサービスの良いところもあるので、HPなどで確認してみるといいでしょう。

軽バンの廃車手続きは自分でした方がお得?

廃車は、車を解体処分すれば「完了」ではありません。
 
管轄の軽自動車協会にナンバープレートや自動車検査証(車検証)を返納し、登録を抹消しなければいけないのです。

自分で廃車手続きをする場合

廃車手続き(永久抹消登録)は基本的に無料なので、廃車手続きは自分で行った方がお得になるかもと考えるかもしれません。
 
実は、各地の軽自動車協会は郊外にある場合が多く、受付時間は平日の朝8:45~11:45、午後は12:45~16:00までとなっており、平日勤務の方にとっては厳しい時間帯です。
 
しかも、書類の申請は手間と時間がかかる上、申請が通らなかった場合、日を改めて出直すことになります。
 
廃車手続きは、専門家に依頼した方が安心でしょう。

行政書士に依頼する場合

廃車手続きは、行政書士に依頼すればいいのでしょうか。
 
確かに安心ですが、約2万円ほどの手数料が必要になります。
 
軽自動車の廃車は、通常であれば必要書類も少ないので、かなり「もったいない」出費といえるでしょう。

廃車買取業者に依頼する場合

実は、廃車買取業者のほとんどが、廃車手続きを無料で代行してくれます。
 
また、業者によっては、自動車税、重量税や自賠責保険の還付金なども、すべて返してくれるところがあるので、そういった業者を選ぶことでメリットが一層大きくなります。

軽バンの廃車なら廃車買取業者がお勧め

 

廃車買取業者をお勧めする理由

廃車買取業者は廃車手続きを無料で行ってくれるだけではありません。どのような状態の軽バンでも、無料で引取りに来てくれるのです。
 
業者にはユニック車やレッカー車が常備されているので、車を駐車している場所まで引取りに来てくれ、その場で廃車依頼も完了します。
 
手間もかからず、時間の無い人でも、気軽に廃車をすることが出来ます。

廃車買取業者がどんな軽バンでも買取をしてくれるワケ

廃車買取業者はディーラーや中古車買取業者とは異なった販売ルートがあります。
 
買取した車の部品を取り外し、「中古パーツ」として販売したり、車両本体などは鉄やアルミの素材として鉄鋼会社に販売します。
 
また、海外でも需要の高い車は、中古車や中古エンジンとして輸出することもあります。
 
日本の軽バンは海外でも人気があるので、車種によっては良い値段で買取をされる場合もあるでしょう。

まとめ

軽バンの廃車なら、廃車買取業者がお勧めです。
 
廃車買取業者も色々あるので、HPなどを見てサービスを比較するのも、お得に廃車するコツです。
 
廃車買取のハイシャルなら、どんな状態の車でも買取0円以上の保証をしています。引取りや面倒な書類手続きも無料で、重量税だけではなく、自動車税や自賠責保険の返戻金も受け取ることが出来ます。もちろん車に応じた高価買取を致します。
 
年中無休で様々な状況に応じたご相談を承ります。専門スタッフが対応したしますので、廃車手続きが初めての方や女性でも安心してご利用下さい。廃車買取に特化したハイシャルは、あなたのお車を素早く適切に買取いたします。

お客様から満足頂いている

廃車買取実績

トヨタ ヴィッツDBA-SCP90
買取価格
¥15,000
車種
トヨタ ヴィッツ
型式
DBA-SCP90
年式
2018(H20)
走行距離
100000 km
満足度
90%
買取エリア
愛知県
ダイハツ タントカスタムCBA-L350S
買取価格
¥11,000
車種
ダイハツ タント
型式
CBA-L350S
年式
2017(H19)
走行距離
105,000 km
満足度
100%
買取エリア
三重県
メルセデス・ベンツ Mクラス
買取価格
¥300,000
車種
メルセデス・ベンツ Mクラス
型式
DBA-164186
年式
2010(H22)
走行距離
120,000 km
満足度
100%
買取エリア
大阪府
買取価格
¥50,000
車種
トヨタ プレミオ
型式
CBA-ZZT240
年式
2006(H16)
走行距離
125,000 km
満足度
100%
買取エリア
東京都
買取価格
¥45,000
車種
トヨタ ヴォクシー
型式
CBA-AZR60G
年式
2004(H16)
走行距離
120,000 km
満足度
100%
買取エリア
愛知県
トヨタ クラウンアスリート
買取価格
¥60,000
車種
トヨタ クラウンアスリート
型式
DBA-GRS182
年式
2005(H17)
走行距離
150,000 km
満足度
100%
買取エリア
神奈川県
買取価格
¥45,000
車種
トヨタ アイシス
型式
CBA-ANM10W
年式
2004(H16)
走行距離
100,000 km
満足度
100%
買取エリア
東京都
スズキ キャリイトラック
買取価格
¥30,000
車種
スズキ キャリイ
型式
EBD-DA63T
年式
2006(H18)
走行距離
120,000 km
満足度
100%
買取エリア
大阪府

関連する記事