お電話はこちらから フリーダイヤル0120932037

自動車税未納付でも廃車は可能?|属託保存(しょくたくほぞん)とは?

2018年5月27日
嘱託保存とは?

いつもハイシャルコラムをご覧いただきましてありがとうございます。

 

今回は、自動車税と廃車についてご紹介します。廃車を決めている車に対して税金を払いたくないですよね。

 

もしかしたら、廃車するから税金を未納付中という方もおられるかもしれません。

 

では、自動車税を払わなくても廃車にすることは可能なのでしょうか?

 

自動車税とは

 

自動車税とは、毎年4月1日午前0時の時点で自動車の所有者に対して課税される税金のことです。

 

納付する自動車税は用途や排気量によって税額が決まり、電気自動車やハイブリッドカーなどの低公害車には税額の軽減措置がとられています。

 

(平成31年3月31日までに新車登録をした場合は、燃費基準の達成度合により自動車税は「概ね50%~75%」の減税が、軽自動車税は「概ね25%~75%」の減税。)

 

自家用乗用車の税額については総排気量によって異なり、0.5リットルずつ増税される仕組みです。

 

ちなみに自家用乗用車の場合、1リットル以下で29,500円6リットル以上の場合は111,000円まで設定されております。

 

また軽自動車税は、自家用乗用軽自動車の場合、一律10,800円です。

 

自動車税の納付は、毎年5月に管轄の自動車税事務所や都税総合事務センターから、自動車税納税通知書・納付書が送られてきます。自動車税、軽自動車税は以下の通りです。

 

 

自家用乗用車

 

1リットル以下  29,500円

 

1リットル超~1.5リットル以下 34,500円

 

1.5リットル超~2.0リットル以下 39,500円

 

2.0リットル超~2.5リットル以下 45,000円

 

2.5リットル超~3.0リットル以下 51,000円

 

3.0リットル超~3.5リットル以下 58,000円

 

3.5リットル超~4.0リットル以下 66,500円

 

4.0リットル超~4.5リットル以下 76,500円

 

4.5リットル超~6.0リットル以下 88,000円

 

6.0リットル超 111,000円

 

 

自家用乗用軽自動車

 

一律 10,800円

 

毎年かかる自動車税ですが、廃車を決めている車にはなるべく納付したくないですよね?

 

それでは、自動車税は廃車の際にどのように関わってくるのでしょうか?

 

自動車税は未納付で廃車はできるのか?

 

年数も経って、廃車を決めている車はあるが自動車税を納付していないので、廃車するタイミングを失っていませんか?

 

廃車を検討しているならば出来る限り早く廃車手続きをするべきです。

 

車を廃車できていないので、自動車税を払い続けることになっているわけです。

 

結論から言いますと、自動車税が未払いの状態でも廃車にできるのです。

 

ただし、自動車税の未納付が1年以内の車に限ります。

 

自動車税を2年以上未納付の場合には、属託保存(しょくたくほぞん)という措置が取られます。

 

これによって、未納の自動車税を支払わないと抹消手続きができないことがあります。

 

以下のことに注意して廃車を進めてください。

 

自動車税の滞納期間

 

廃車を決めている自動車の滞納期間は認識していますか?

 

自動車税の納付期限である5月末日までに納付しなかった場合には、20日以内に都道府県税事務所から1回目の督促状(ハガキ)が送られてきます。

 

1回目の督促状で自動車税を支払わないと、ほぼ同じ内容の書面が再度送られてきます。

 

滞納期間がわからない場合は、軽自動車は市町村役場自動車税納税係りへ、普通車の場合は都道府県の自動車納税係に問い合わせてください。

 

滞納している納税

 

廃車にしても納税義務から逃げることはできません。

 

廃車手続きが完了した後、通常1~2ヵ月後に延滞金を加算された未払い分の納税通知が届きます。

 

廃車前と同様、支払わない場合には財産の差し押さえなどの措置を取られることになります。

 

2年以上未納付の場合は、属託保存の解除をしなくてはなりません。

 

全額納付後に属託保存を解除することが可能となります。

 

また、未納分の支払いを一括で支払えない場合には、自動車税事務所との相談の上、分納で払うのかを確定することの可能となります。

 

さらに、自動車税の未納に関しては延滞の利息がかかります。

 

もちろん、永久抹消手続き(解体を伴う廃車)をしてしまえば課税を止められます。

 

※永久抹消手続きに関する記事はこちらを参考にしてください。

 

廃車手続き完全ガイド!車の廃車手続きを無料で行う方法とは?

 

これについては、お金がないので自分でやったほうが良いと考えるかもしれませんが、面倒な手続きが多いので、専門業者にお願いする方が賢いかもしれません。

 

廃車買取のハイシャルなら、面倒な手続きも無料代行しています。いちどご相談ください。

 

廃車買取・事故車買取 – 無料査定と高価買取中|ハイシャル

 

まとめ

 

廃車を検討しているが、自動車税が未納付のため廃車できないかもしれないと悩んでいたかもしれません。

 

未納付期間によって異なりますが、先に廃車をすることは可能となります。

 

未納付期間が1年以内の場合は先に廃車することが可能で、2年以上未納付の場合は、先に納税を済ませてから廃車する必要があります。

 

もちろん、先に廃車をしても、納税義務から逃れることはできないのでご注意ください。
  

関連記事


【自動車税の早見表付き!】廃車の自動車税の還付について解説!... 自宅で乗らなくなった車を廃車、もしくは中古車買い取りなどご検討されている方かと思います。 また条件によっては、手続きの際に自動車税が還付されるかもしれないと、お聞きになったのではないでしょうか? 結論からご説明しますと、自動車税については条件により...
廃車と解体の違いとは?解体業者よりも廃車買取業者がおすすめな理由... 廃車と解体の違いが分からない。廃車=解体ではないの? 車を処分するのには、解体業者か廃車買取業者のどちらかがおすすめ?と悩んではいませんか? 世間一般的なイメージでしたら、「廃車=解体」と同じ意味と考えるかたも少なくはありません。 ...
車の維持費について簡単解説!車検費用や税金など含めていくらかかる!?... 都心部では交通機関が発達し、車がなくても生活に支障がない世の中になってきました。 また、どうしても車が必要になった場合は格安レンタカーやカーシェアリングといったサービスを使うことも出来るようになりました。 車を所有するには維持費が掛かってしまいます...
【画像付き】廃車手続きでの譲渡証明書の書き方と注意点... 画像サンプル付きで譲渡証明書の書き方を解説。 譲渡証明書の書き方は、それほど複雑ではなく簡単です。 この記事で紹介する流れに沿って、譲渡証明書に記入されて下さい。   譲渡証明書とは?読み方はなんて読むの? ...
気になる車の修理費用はどれくらい?修理会社はどう探す?... 突然の車トラブル!どうする? 「車に傷が入ってしまった。」「故障して動かない。」「突然動かなくなってしまった。」という場合、必要になる車の修理。 車を修理をする場合、気になるのは修理費用ではないでしょうか。 また、「どこで...
突然のバッテリーあがり!知っておきたいバッテリー上がりの対処方法... 突然バッテリーが上がってしまった!どうすればいい? しばらく動かしていなかった車のエンジンをかけようとしたらエンジンがかからなかった。 気がつかない間にライトを付けっ放しでエンジンがかからなくなった。 突然このような状況に...
簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県