お電話はこちらから フリーダイヤル0120932037

自然災害で保険金はおりるの?適用できる災害とできない災害

2017年9月19日
自然災害で保険金は降りる?

 

自然災害に襲われた場合は?

 

最近、異常気象で大雨が降る、地震で壊滅的な被害といったニュースをよく耳にすることがあります。

 

日本に住んでいる限りこのような自然災害に関してのリスクにもしっかりと備えておく必要があります。

 

そして気になるのは、このような自然災害に見舞われた場合、車が使用不能(事故車など)になったら自動車保険は適応されるのでしょうか?

 

保険が適応される自然災害

 

・台風

 

・大雨、洪水

 

・竜巻

 

・雪害

 

・落雷

 

・高潮

 

 

こういった災害に巻き込まれた場合で水没、冠水したり破損や故障した場合には、修理費用として保険金が支払われるケースが多いようです。

 

但し、車が濁流で流された場合などで第三者にぶつかったり、第三者の所有物を破損させてしまった場合には、保険金の補償対象外となるケースもあるようなので、予め保険会社にどういったケースが対象となるのか確認をしておく必要があります。

 

保険が適応されない自然災害

 

・地震

・噴火

・津波

 

なぜ保険の対象外となるかというと一度に巨大な損害を発生する可能性があり、適正な保険料の設定が困難な為です。

 

保険会社によっては特約で保険が適応される場合もあるようなので、万が一に備えたいと考えている人は保険会社に確認してみるのもいいかもしれません。

 

自然災害にあった場合はどうすればいいの?

 

愛車が自然災害に遭遇した場合、軽微に故障や損傷であれば保険金で修理すればいいですが自然の猛威にさらされた場合、大きなダメージ(エンジン不動や電気関係の故障、車が大破) といった状態になることが多いようです。

 

そういった状態になってしまった場合は災害車や事故車、廃車の買取を専門に行っている業者に買取をしてもらうのも一つではないでしょうか。

 

パーツやマテリアルとしての再利用といった方法をとるので「思わぬ査定額がついて保険金とあわせて乗り換えが出来た。」といったケースもあるようです。

 

また弊社、ハイシャルのように0円以上買取保証をしている業者もあるので前向きに検討されてみてください。

 

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県