車のリサイクル料金を解説!リサイクル券がなくても廃車にできるの?

2018年12月15日
リサイクル料金

車のリサイクル料金についての解説。

 

車を購入する時や、売却や廃車にする時に、「自動車リサイクル券」が必要なのことも。

 

そもそも「リサイクル料金はなんの為に払っているの?」「リサイクル料金は戻ってくるの?」「リサイクル券がなくても廃車は可能?」

 

といった疑問をこの記事で解決していきます。

 

 

車のリサイクル料金とは?

 

リサイクル料金とは

 

2005年1月1日に、自動車リサイクル法が施行されました。

 

車の所有者は、車を購入する際には「自動車リサイクル料金」も一緒に支払わなければいけません。

 

自動車リサイクル料金は、廃車手続きの際に利用されます。

 

 

自動車リサイクル法が施行される前は、車の解体処理は事業者の負担によって行われていました。

 

しかし、埋立地の高騰により、廃車の不法投棄や不適切な処理をする業者が続出。

 

また、エアコンなどに使われているフロンガズが地球温暖化に影響を与えることも判明。

 

こうした環境問題を解決すべく施行されたのが「自動車リサイクル法」になります。

 

ゴミを減らし、資源を無駄遣いしないリサイクル型社会を作るために、クルマのリサイクルについてクルマの所有者、関連事業者、自動車メーカー・輸入業者の役割を定めた法律です。関係者の具体的な役割は以下のようになっています。

引用元|自動車リサイクル法とは(METI/経済産業省)

 

リサイクル料金はいつ払う?支払うタイミングは3つ

 

リサイクル料金タイミング

 

車のリサイクル料金を支払うタイミングは3つ。

 

・新車の購入時(2005年1月1日以降での購入)

・車検時

・車を廃車にする時

 

リサイクル料金を支払うと「リサイクル券」が発行されます。車検証などと一緒に管理してください。

 

もし、紛失してしまった時の対処については、後ほど記載しています。

 

 

自動車リサイクル法は、年式が10年以上前の車であれば、リサイクル料金を支払っていない可能性も。その場合は、廃車をする時に、リサイクル料金の支払いを求められるケースもあります。

リサイクル料金はいくら支払う?金額は簡単に検索できる

 

リサイクル料金は、車種、エアバック数、車両重量、エアコンの有無、で金額が違います。

 

同じ車種でも、装備内容に金額が変わることも。

 

 

リサイクル料金の正確な金額を知りたい方は、こちらから検索してください。

 

あなたの車のリサイクル料金を調べられます|自動車リサイクルシステム

 

↑自動車リサイクルシステムのホームページになります。

 

 

リサイクル料金の金額目安

 

目安の料金は、下記の通りです。

 

軽自動車や小型乗用車普通自動車中型・大型トラック大型バス
7,000~15,000円程度10,000円~17,000円程度10,000円~16,000円程度40,000円~65,000円程度

 

ちなみに、トヨタ車ならもっと簡単に調べることも

 

トヨタ車をお使いの場合、もっと簡単にリサイクル料金を調べられます。

 

1クリックで調べられるので、こちらからの検索もおすすめです。

 

トヨタ車のリサイクル料金一覧はこちらから。

 

 

車を売却すると、リサイクル料金は返還(返金)される

 

 

リサイクル料金返金

 

車を売却・譲渡すると、リサイクル料金はリサイクル券と引き換えに返還(返金)されます。

 

そしてリサイクル券は、新しい自動車オーナーに渡ります。

 

廃車にする場合は、最終的な自動車のオーナーがリサイクル料金を負担することに。

 

つまり、車を売却すると、売却価格+リサイクル料金が戻ってくることに。

 

 

車の売却時には、車体価格+リサイクル料金がきちんと計上されているかを確認してください。

 

業者によっては、売却価格に含まれるケースもあります。内訳についてもしっかりと確認するのがおすすめ。

 

 

廃車にするなら、リサイクル料金は返還(返金)されない

 

車の最終オーナーがご自身の場合は、リサイクル料金は返還されません。

 

リサイクル料金の返還があるのは、売却や譲渡する時のみになります。

 

 

リサイクル券を紛失。廃車にする時どうしたらいい?

 

残念ながら、リサイクル券の再発行はできません。しかし、安心してください。

 

「自動車リサイクル料金の預託状況」がリサイクル料金を支払った証明の代わり、になります。

 

下記のホームページにアクセスして「自動車ユーザー向け/リサイクル料金検索」の結果を印刷すると、証明書代わりに使えます。

 

自動車ユーザーの方 | 自動車リサイクルシステム

 

ちなみに、廃車手続きが完了しているかも↑のページから確認できます。

 

こちらに見本も貼り付けておきます。

 

<自動車リサイクル料金の預託状況 見本>

 

 

リサイクル券代わり

画像引用元| 自動車リサイクルシステム

 

リサイクル料金を支払うと、証明書としてリサイクル券が発行される

 

リサイクル券は、リサイクル料金を支払った証明書になります。

 

紛失しないように、車検証などと一緒に管理してください。

 

リサイクル券の見本はこちら。

 

 

リサイクル券見本

 

画像引用元| 自動車リサイクルシステム

 

リサイクル券は4枚つづりになっており、A券~D券まで用意されています。

 

新車の購入時には、A券~C券までを販売業者から受け取ります。

 

中古車購入時には、A券・B券を以前の所有者から受け取ることに。

 

リサイクル券を紛失しないように大切に保管してください。

 

A券:預託証明書

 

券面に記載されている車両のリサイクル料金が預託されていることを証明するもの

 

B券:使用済自動車引取証明書

 

引取業者が使用済自動車を引取ったとき、必要事項を記入し、最終所有者に交付するもの

 

C券:資金管理料金受領証

 

資金管理法人が資金管理料金を受領したことを証明するもの

 

D券は料金通知書兼発行者控えとなります。会計帳票としての保管義務は、法人税法で7年間となっております。

 

まとめ

 

自動車リサイクル料金は、環境に優しい社会にする為に施行されました。

 

車は便利な乗り物ですが、環境に負荷をかけているのも事実。

 

これからも住みやすい社会にするために、リサイクル料金をきちんと支払うことが大切です。

 

 

 

この記事の執筆者
安部哲史

ユニオンエタニティ株式会社(廃車買取のハイシャル 運営会社) 代表取締役

 

昭和59年生まれ。34歳。大阪府出身。大学卒業後、廃車買取会社で7年間勤務。支店長を経て、取締役営業部長として業績拡大に貢献。

 

現場経験と書類の知識が豊富で困難な案件もこなす。これまで携わった廃車台数は約30万台を誇る。新たな仲間と廃車の可能性を最大限に引き出す為に起業、現在に至る。


無料見積もりはコチラから

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県