プジョーの処分・廃車買取価格を上げる3つのコツ

公開日:2020年4月14日 日本全国対応 廃車の豆知識
最終更新日:2020年6月15日
プジョー 処分

「プジョーを売りたいけど、どこに頼むのが一番いいのだろう」なんて悩んでいませんか?

 

愛車を手放すなら、一番お得でメリットのあるところにお願いしたいものです。

 

プジョーを手放すにはどこがいいのか、詳しく説明しておりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

なお、廃車をお急ぎのかたは、ハイシャルへご相談下さい。ハイシャルではどんな車でも0円以上の買取保証をしています。

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

お客様について


 

プジョーの特徴

 

プジョーは「ライオンのエンブレム」で有名なフランスの自動車メーカー。

 

1889年に蒸気エンジンを搭載した自動車の製造を始め、世界最古の量産自動車メーカーとしても有名です。

 

フランスは石畳の道路も多く、その影響もあって「猫足」と呼ばれる柔らかい足回りとサスペンションが特徴的で、地面に吸い付くようなしなやかな走りが持ち味です。

 

プジョーといえば青色がイメージカラーとして定着していましたが、日本の市場においてはホワイトやブラックが主流となっています。

 

近年まで日本においてはコンパクトカーが売れ筋でしたが、市場の変化によりSUVである2008、3008、5008シリーズが人気となっています。

 

しかしながらプジョーは、コアな人気のある車ではありますが、ベンツやBMWなどのドイツ車に比べると認知度が低く、中古車市場ではなかなか厳しい査定になります。

 

どうしても国産の自動車の方が安心感があり、(ドイツ車は例外として)いまだに「外車はすぐに壊れるのではないか」という市場の不信感がぬぐえません。

 

実際に、修理となった場合は通常の2倍ほど金額がかかるうえ、日本に無いパーツはフランスからの「お取り寄せ」になり、下手をするとちょっとした修理に1カ月以上かかることもあります。

 

一般的に「外車」は、日本では「贅沢」「高級品」という一種のステータスになります。なので、外装にキズやへこみがあったり、経年劣化などの使用感があると、ありがたみが薄れ、中古車としての人気はありません。

 

高年式で走行距離の少ない美麗なプジョーなら、中古車販売店での高値買取を期待してもよいでしょう。しかし、5年以上過ぎると、買取金額はガクッと落ち込んでしまいます。

 

特に故障車やキズの激しい車、走行距離が多い車はかえって廃車処分代を請求されることもあります。

 

わたしのプジョーはボロボロだから、廃車処分代を払わないといけないのかしら!?

廃車買取店なら廃車処分代なんてかからないよ。買取保障をしていたり、引取りや廃車手続きだって無料で代行してくれるところもあるんだよ。

プジョーを処分、廃車買取価格を上げる3つのコツ


プジョー 買取相場

車種情報を正確に伝える。車検証を準備しよう

 

廃車買取店に依頼する場合、まずは電話で問い合わせをしましょう。直接持ち込むこともできますが、電話で相談する方が対応がスムーズになります。

 

さらに廃車買取店では保管場所まで引取りに来てくれる場合も多く、廃車の際の書類の手続き等も相談するといいでしょう。

 

電話する際は、必ず車検書を準備します。車種名、年式、グレート(型式)、排気量、車検の有効期限車の情報を伝えることで、スタッフが正確な見積もりが出せます。

 

廃車のおすすめ時期は5月〜7月

 

廃車をするなら12月から3月の繁忙期を避けるほうがいいでしょう。

 

12月は年末ということで、年内に車を処分してスッキリしたいという人が多いですし、3月になると年度末で税金の関係もあり、「駆け込み廃車」が多くて、引取り業者も対応が手一杯になります。

 

その時期を避けた方が、じっくりと納得のいく対応になるでしょう。

 

自動車税などの還付金の扱いの事前確認

 

車検まで一カ月以上の余裕がある場合、自動車税や自動車重量税が返ってきます。

 

しかし、そのことを知らない人が意外と多く、業者によっては還付金を買取金額に上乗せし「高価買取」のように見せたり、うやむやにしてしまう場合もあるので注意が必要です。

 

自動車税や重量税が返ってくるなんて知らなかったわ!!

だから、自動車の廃車は信頼できるキチンとした業者にお願いするべきなんだ。

プジョーの処分・廃車買取ならハイシャル!

 

たとえ動かなくても引取費用は無料

 

プジョーの処分や廃車を検討しているなら、廃車買取店ハイシャルにおまかせください。

 

たとえ故障車やタイヤがパンクした不動車でも、レッカー車やクレーン車を使って、どこにでも引取りに伺います。通常、レッカー車を頼むと数万円かかりますが、ハイシャルなら引取り費用は無料ですので、ご安心ください。

 

廃車手続き代行費用も無料!面倒な廃車手続きも全てお任せ!

 

廃車手続きもお任せください。ディーラーや行政書士に頼むと5000円から15000円ほどかかる廃車手続きも、廃車買取店ハイシャルなら無料で行います。

 

個人で行うと手間がかかり面倒な手続きも、スタッフが責任をもって最後まで行います。

 

自動車税などの還付金も受け取れる!

 

廃車買取店ハイシャルでは、買取したお車の自動車税や自動車重量税も所有者様にすべてお返しします。

 

中には還付金をあやふやにしてしまう業者もいるようですが、ハイシャルなら最後までキチンと対応するので安心です。

 

廃車引取り業者ならどこでもいいってわけじゃないのね

もちろん!まずはちゃんとしたホームページがあるか確認しよう。引取りや書類手続きが無料だったり、買取保障があると安心できるね。実績の多いハイシャルならその点、心配はいらないよ!

まとめ

 

プジョーの処分はどうすれば良いのか、参考になりましたでしょうか。

 

一番大切なのは、本当に任せて大丈夫な業者なのか、きちんと見極めることです。

 

多少買取金額が高かったとしても、引取りに来てくれるのか、引取り料や手数料、また書類手続きは行ってくれるのかなどは確認した方が良いでしょう。全国にネットワークがあるのか、きちんとしたホームページがあるのかも判断材料になります。

 

廃車買取店ハイシャルなら、年間相談実績だけでも65,000件を突破、年中無休で様々なご相談を承ります。引取り手数料や廃車手続きなどの諸経費は一切必要ありません。

 

プジョーの処分をお考えなら、まずはお気軽に廃車買取店ハイシャルにご相談下さい。

 

関連記事

無料見積もりはコチラから

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

お客様について