お電話はこちらから フリーダイヤル0120932037

事故車や故障車などパーツは再利用できない?

2016年6月19日
事故車や故障者のパーツ再利用はできる?

 

パーツ利用は可能?

 

事故や故障車のパーツの再利用は可能なの?

 

故障した場合でも他の部分は調子が良いので使えないのか?と考える方が多いのではないでしょうか。

 

許可を持たない人が車をバラして販売すると罰せられる

 

自動車リサイクル法(使用済自動車の再資源化等に関する法律)では自動車解体業の許可を得ていない者は自動車の解体をしてはいけないことになっています。

 

法律違反した場合は一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金となります

 

ドアやボンネットといった部品はスパナやラチェットといった工具があれば比較的容易に取り外しができますが、こういった取り外しを行うことも法律違反となります。

 

車のリサイクル料金を解説!リサイクル券がなくても廃車にできるの?

 

取り外してもいい部品はあるのか?

 

では専門業者ではない人は、自分が所有している自動車であったとして、部品の脱着や交換などは一切できないのでしょうか?

 

結論から言うと、オーディオやETCといった付属装置に関しては個人で取り外しをしても法律違反にはなりません。

 

社外のアルミホイールを装着していた場合に純正のホイールに戻すといった行為も法律違反とはならないでしょう。

 

 

あくまでも自動車リサイクル法は適正に使用済み自動車が円滑にリサイクルされることを目的とした法律ですので

 

取り外しが行われたパーツが放置されたり部品どりされた車が放置車として捨てられる危険性が高い行為に関しては避けるべきと言えます。

 

事故車や故障車などはそのままスクラップにするしかない?

 

では法律上禁止されているのであれば、まだまだ使える部分がある自動車でもスクラップするしかないのでしょうか?

 

自動車解体業者の中にはリビルトパーツを専門に取り扱う業者が存在します。

 

これらの業者は勿論、免許も解体業の許可を得ていますし鉄としての価格の提示ではなくパーツ一つ一つの価値で価格を算出しますので思わぬ価格で買取をしてくれることもあります

 

また自宅や保管場所まで自動車を引き上げに来てくれるので輸送費用なども負担する必要がありません。

 

以前はリビルトパーツといえば海外に輸出されることが殆どでした。しかし、不景気が続いていることもあり国内での需要も伸びています。

 

個人としてパーツの再利用に貢献するのであればこういった専門業者に任せることが一番の最善策だと言えます。

 

プロが教える廃車を高く売る4つの方法。そもそも廃車って売れる?

 

関連記事


ディーラーで廃車手続きをする前に注意したい4つのポイント... ディーラーで廃車手続きをお考えの方へ。 車の購入やメンテナンスでお世話になっているので、廃車もそのままディーラーに任せしようと考えている方も多いでしょう。 しかし、ディーラーでの廃車は、金額的に大きな損をする可能性があります。  ...
廃車手続き完全ガイド!廃車手続き費用を無料にする方法とは?... 廃車手続きを初めて行う場合は、用意する書類や費用などが全くわからないもの。 「廃車にしようと思ったら、まず何から始めればいいの?」とお悩みになるかたも多いのではないでしょうか。 今回の記事では、初めての廃車手続きでもスムーズに行えるよう、廃車手続き...
水没車の修理はできる?可能だが修理費用は高くなる... 台風やゲリラ豪雨の影響で、水害により水没・冠水する車が急増しています。 購入した車が水没・冠水したショックは大きいと思います。  そして次に気になるのが、  「水没した車をこのまま乗り続...
廃車するには相続放棄が必要?注意すべき車の所有権... 親が遺した車の扱いに困ると、まずはじめに思い浮かぶのは車を廃車にすること。 しかし、自己判断で廃車手続きを進めるのは危険です。相続問題にかかわる恐れも。 ここでは相続した車の廃車で忘れてはならない手続きや、確認すべき点をご紹介します。&nb...
簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県