乗らない車のおすすめの処分方法は?早めに処分した方が良い理由

公開日:2019年10月9日
最終更新日:2019年10月12日
乗らない車 処分

乗っていない車を放置している人もおられるかもしれません。
 
その車に乗らなくなった理由としては、「車が古くなってしまった」、「見た目が悪くなっている」、「ほかの車に乗っている」などの理由があるかもしれません。
 

そのように「乗らない車」を作ってしまうこともあると思いますが、乗らなくなった車をずっと放置しているよりは早めに車を処分してしまった方がお得です。
 
乗らなくなった車を置いておくのは自分にとってもあまり良く無い理由があるためです。車の処分方法や処分する理由について紹介していきます。

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

お客様について

 

乗らない車にはどんな処分方法がある?

 

車を処分したいけどどうやって処分することができるの?」と思う人もいるはずです。車を処分するためにはいくつかの方法があります。

 

1つ目は買取業者に売却すること

 

ネットなどの販売に比べて手間が少なくなっており、業者に査定を出して見積りの結果を待ちます。

 

車を処分することもできお金も得ることができるので、車の処分方法としてはとてもいい方法かもしれません。

 

見積りや出張サービスが無料に行われているところもあるので、それらを利用することも可能です。

 

2つ目は廃車手続きをして処分する方法

 

車を廃車処分するには、自動車解体の許可を取っている業者に適切な方法で依頼しなければなりません。

 

解体処理を終えることができれば、ナンバープレートや必要書類を陸運局に提出します。

 

また廃車をする際には3つの方法があり、「一時抹消登録」、「解体届出」、「永久抹消登録」になります。

 

よく行われるのは永久抹消登録になりますが、費用がかかるのでその点は確認しておくことが大事になります。

 

3つ目は下取りに出すこと

 

手放す車を売って得た代金を新しい車購入のために資金の一部にすることができます。

 

そのため、乗らない車でも内装や外装が良ければその分の資金の上乗せをすることができ、新しい車を購入するときの価格を下げることができます。

 

4つ目はオークションに車を出品すること

 

ネットで車をオークションに出せば取引を行うことができます。

 

乗らない車でも年式も比較的新しく、車体などに問題が無ければ車をオークションでお金を得て処分することができます。

 

あまりに古く見た目も悪くなっているなら取引するのが難しいですが、この方法でも処分できます。このようにして車を処分することを検討できます。

 

乗らない車の処分方法のまとめ

・ポイント1 買取業者を通して車を売却
・ポイント2廃車手続きをして車を処分
・ポイント3車を下取りしてもらい新しく車を購入する
・ポイント4オークションに出して取引する

 

おすすめの車処分方法は?

 


乗らない車 処分

 

車の処分の方法はいくつもあるけど、どの方法がおすすめなの?」と思う人もおられるかもしれません。
 
車の処分にはいろいろありますが、おすすめの方法としては上記の4つの中でも買取をしてもらうことです。
 
車の買取をしてもらうことでお金を得ることもできますし、処分するための手続きなども全て業者が行ってくれるので、比較的処分までがスムーズにいくからです。
 
しかし買取を選ぶ際は注意しておく必要もあります。
 
中古車買取業者や外車買取業者など、いろいろな買取業者はありますが、どの買取業者も乗らない車をしっかり査定してくれるわけではありません。
 
買取には業者によって一定の基準があり、その基準を満たしていなければ買取してもらえなかったり、少ない金額での買取になることもあります。
 
そして、乗っていない車で、動かせない(自走できない)車なら、持ち込むことができずに引取費用が請求されることもあります。
 
そのため、買取してもらう際に買取店を選ぶことは大事になります。
 

年式が古い、走行距離が多い、動かせない車なら、1番おすすめできる買取店は廃車買取店です。

 

廃車買取業者であれば、乗らなくなった車が古くなっていたり外装や内装が悪くてもしっかり買取してもらうことができます。

 

しかも、買取の際の手続きも業者の方で全て行なってくれて手数料もかからず無料で行うことができるので、とてもお得に買取してもらうことができます。

 
乗らなくなった車を自宅まで引き取りに来てくれるので、お店まで持っていく必要もありません。
 

乗らなくなった車で「処分に困っているなら」廃車買取業者を利用してみるようにしてください。

 

おすすめの車処分方法のまとめ

・ポイント1 処分の方法で1番おすすめできるのは買取

・ポイント2 低年式・過走行・自走不可ならおすすめなのは廃車買取業者

・ポイント3 廃車買取であれば手続き・引取などは無料で確実に買取ってくれる

 

乗っていない車でも早めに処分すべき理由

 


乗らない車 処分

 

「車を無理に処分しなくても良いのでは?」と思うかもしれません。
 

しかし、車は乗っていなくてずっと放置していると、いろいろなデメリットが生じてくるので、できれば早めに処分するのが最善です。どのような理由があるのか紹介していきます。

 

自動車税は毎年課税される

車は持っているだけで毎年その車の自動車税が負担されます。
 
自動車税は排気量によって異なりますが、毎年3万円から5万円を納税する必要があります。
 
車に乗っていないのに毎年納税をするようになれば、税金の負担が大きくかかってくるので、車の処分をしておくのが良い方法です。
 

【2019年最新版】自動車税制は2019年10月からどう変わる?

 

エンジンが故障してしまう

車はずっと乗らずにず放置していると虫などが車に入り込んでくるようになり、それが原因でファンに絡まってエンジンベルトが切れてしまうこともあります。
 

さらに放置していることでエンジンオイルも劣化してきてエンジンの故障の原因になってしまうことも。
 

エンジンが故障してしまうと処分をしてもらう際に面倒なことになりますし、買取でも大きく値段が下がってしまう原因となります。
 

そのため、エンジンが故障しないように早めに買取などで処分してもらうのが良いです。

 

まとめ

 

乗らなくなった車は早めに処分するのが良いですね。

 
車を早く処分することで無駄な出費を減らすことができ、車の劣化も防ぐことができます。
 

また、乗らなくなった車は買取に出してもらうことで車をお金に変えることができ、劣化していなければ高額に買ってもらうこともできるので、劣化する前に処分するのが良いですね。

 

ぜひ検討してみてください。

 

関連記事

無料見積もりはコチラから

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

お客様について