【知らなきゃ損】車のマフラー交換前に知るべき7つのこと!費用・工賃・時間は?

公開日:2019年1月23日
最終更新日:2019年10月12日
車 マフラー 交換 費用

車のエンジンをかけた時や運転中に、急にカラカラという異音や爆音が聞こえた。そのような症状が出た場合は、マフラーの損傷の可能性があります。

 

気になるのは、マフラーの交換・修理費用。この記事では、マフラーが故障した時の症状、交換・修理費用、時間、交換の目安などを解説していきます。

 

マフラーが損傷していると、車検には通りません。交換・修理をして乗り続けるか、車を乗り換えるのか、の判断材料にもされてください。




マフラーの交換・修理費用(工賃込み)

 

車 マフラー 交換 費用

 

 

一番気になるマフラーの交換・修理費用について解説をします。

 

マフラーのどの部分を損傷したかによって、費用は異なります。目安の相場価格として捉えてください。

 

マフラーの交換・修理価格

・マフラーの部品代|1万〜8万円

・工賃(作業時間1時間の場合)|5,000円

・計|1万5000円〜8万5000円程度

マフラーの部品代は、純正のマフラーほど高価になり、リビルド(中古品)ほど安くなります。

 

マフラーの部品代の相場価格は、以下となります。

 

マフラーの部品代

・純正のマフラー|7万〜8万円

・リビルド(中古品)のマフラー|1万〜2万円

リビルド(中古品)を使うと、部品代を安くできますが、寿命が短いため交換頻度も早くなります。

 

ディーラーの場合は、基本的に純正のマフラーでの交換しか受け付けていません。

 

今後も、乗り続けるのであれば純正もしくは社外品のマフラーがおすすめ。社外品のマフラーの方が純正マフラーよりも断然安く交換ができます。

 

ただし、平成22年4月以降の車両に関しては、「加速度騒音規制」の規制が出来て、いくら静かなマフラーでも車検が通りません。社外品でもJASMAやJQRなどの認証を取ったマフラーなら規制をクリアしているので車検に通ります。

 

 

車両によっても異なりますが、マフラーの損傷箇所によっては、数10万円かかることも。

 

特に、マフラーの「触媒」が損傷をしていると、交換・修理費用は、30万〜80万円程度の高額になります。ここまでの高額費用になるのなら、車の乗り換えを検討するのが賢明でしょう。

 

触媒とは、排気ガスに含まれる有害な成分を浄化する装置のことを言います。

 

 

マフラーの交換時間の目安

 

 

ディーラーや整備工場でのマフラーの交換時間の目安は、1時間ほどになります。

 

※繁忙期や混み具合によっても異なりますので、事前予約をすることがおすすめ。

 

 

マフラーが損傷・故障したままでいると

 

車 マフラー 損傷 故障

 

マフラーが損傷・故障をしていたら、車検を通すのは難しいでしょう。

 

車検では、マフラーの音量と取り決め位置、触媒の有無を確認されます。これは、国土交通省による「道路運送車両の保安基準」で定められています。

 

ちなみに、2016年10月1日以降に生産された車は、純正よりも音が大きいマフラーを装着してはいけないという規制が追加されました。

 

社外品・リビルト(中古品)での交換を考えている場合は、規制に引っかからないようにお気をつけください。

 



マフラーが故障する原因

 

 

マフラーは、排出される排気ガスの温度を下げて、騒音を低下させる役割があります。

 

マフラー内では、共同原理を使ったり、排気ガスを膨張させたりしています。排気音はマフラー内の壁に反射するうちに互いに干渉し合って静かになります。

 

※マフラーの内部は、騒音が干渉して小さくなるようにいくつかの部屋に仕切られています。

 

大きな音・爆音が聞こえる場合

 

マフラーに穴が空いていると、大きな音が聞こえます。そして、普段の走行に比べて、加速が弱く感じるのが特徴。

 

応急処置としては、穴が空いた箇所を「マフラーパテ」「アルミテープ」「耐熱スプレー」で補修ができますが、早めにディーラーや整備工場へと運んでください。

 

穴が空いた原因としては、以下の理由が考えられます。

 

穴が空く原因

・錆びなどによる腐食

・地面や障害物に接触しての破損(縁石など)

マフラーは、錆びにくいステンレスで作られていますが、エンジンから排出された水蒸気(水分)が結露して錆びることがあります。

 

その錆びからどんどんと腐食が進み、最終的にマフラーに穴が空きます。

 

カラカラ・カタカタという音が聞こえる場合

 

マフラーから「カラカラ」という音が聞こえた場合は、触媒が損傷している可能性があります。

 

そして、「カタカタ」という音が聞こえる場合は、マフラーを吊り下げるゴム製のマフラーハンガーが経年劣化している可能性が。

 

マフラーハンガーが劣化をすると、マフラーの振動を吸収しきれずに、周辺の部品と干渉した音が「カラカラ」「カタカタ」という音の原因になります。

 

 

マフラーから白い煙が出る場合

 

 

マフラーから白い煙が出る場合は、エンジンの調子が悪い可能性があります。

 

燃焼室にオイルが入り込むと白い煙が出ていきます。エンジンオイルの減りが早かったり、警告灯(ランプ)が点灯していたら、オイル漏れの可能性もあるのでご注意ください。

 

オイル漏れはエンジン故障へと繋がり、高額な修理・交換費用がかかることも。早めに点検に出しましょう。

 

エンジンオイル漏れの修理・交換費用が知りたいかたはこちら。

 

エンジンオイル漏れの時に知っておきたい6つのこと!原因は?修理費用は?

 

 

マフラー交換はDIY(自分)でできる?

 

車 マフラー 自分 DIY

 

マフラーに損傷・故障がある状態での、マフラー交換はおすすめできません。

 

車の専門的知識がなければ、損傷箇所やダメージを正しく把握できないので、プロの修理業者に依頼をおすすめします。

 

また、車両のジャッキアップなどには危険が伴います。よほどの専門的な知識・経験がない限り、プロの力を借りてください。

 

車両の下に潜り込む作業になり、安全面を考慮して作業を進めなければ、下敷きになってしまう恐れも。

 

 

交換時期の目安

 

 

マフラーの交換時期の目安は、7万キロと言われています。

 

ただし、走行状況、天気・気候などの外部環境などによっても異なりますので、一般的な目安として考えてください。異音や異臭、穴を発見した時には、早急に対応をしてください。

 

 

交換・修理費用の見積もりが高額なら、廃車も考えて

 

 

マフラーに損傷・故障があると車検を通すのは難しくなります。交換・修理費用の見積もりから、さらに車検代が加わることに。

 

見積もり金額が数10万円になるなら、車を乗り換えて、廃車にする選択もあります。

 

多くの人が勘違いをしているのが「廃車には廃車費用がかかる」ということ。

 

しかし、弊社、廃車買取のハイシャルなら、「廃車費用はすべて無料」「レッカー代料金も無料」「廃車手続き代行費も無料」と廃車費用を一切かけることなく、車を廃車にできます。

 

 

他の業者では、「廃車費用がかかる」と言われた車でも、思わぬ高価買取価格がつけられることも。

 

「なぜ、廃車でも買取価格がつくのか?」と疑問を持たれるかたも多いのではないでしょうか?弊社、廃車買取のハイシャルでは、海外への販売ルートや中古車のパーツ販売のルートがあります。

 

他社では、「廃車費用がかかる。」「ボロボロで買取価格がつけられない。」と言われた車でも、車両価値を引出すことにより、廃車費用をかけることなく廃車手続きを進められます。

 

「廃車にお金も時間もかけたくない!」という方は、廃車買取のハイシャルへとお任せください。

 

 

 

 

まとめ

 

 

車のマフラーの交換・修理費用は、工賃を含めて3万5000円〜8万5000円程度になります。そして、作業時間は1時間程度かかります。

 

内訳としては、マフラー部品代が大きく占めます。純正のマフラーほど高額になり、一方でリビルド(中古品)であれば1万〜2万円程度で済むことも。

 

金額や耐久性のことを考えると、社外品のマフラーとの交換がおすすめです。純正のマフラーより安くなります。社外品でもJASMAやJQRなどの認証を取ったマフラーなら、規制をクリアしているので車検にも通ります。

 

 

マフラーに損傷・故障があると、車検を通すには難しくなります。交換・修理費用が高額になるのなら、車を乗り換えて、廃車にする選択も考えてみてください。

 

以上、「車のマフラー交換前に知っておきたい5つのポイント!費用・工賃・時間は?」でした。

関連記事

無料見積もりはコチラから

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

お客様について