お電話はこちらから フリーダイヤル0120932037

重量税とは?お得な減税の方法

2018年3月8日
重量税とは?お得な減税方法

いつもハイシャルコラムをご覧いただきましてありがとうございます。

 

今回は、「車購入後の重量税について」についてご紹介。

 

重量税についてよくユーザー様からお問い合わせがあります。

 

・重量税って何ですか?

 

・どんなタイミングで払わないといけないのですか?

 

・今後、支払う金額は上がることはないですか?

 

など、車を廃車する際によく聞かれます。このようなご質問に合わせて詳しくご紹介しましょう。

 

重量税とは?

 

自動車重量税は、新規登録、車検時に支払う税金です。

 

支払う際に、新規登録及び車検時の車検証の有効期間分をまとめて支払いをします。

 

そしてここがとても重要なのですが、自家用乗用車の場合は車の重さによって税額が変わります

 

ちなみに軽自動車は車の重さに関わらず定額となります。

 

 

次は、車検証の有効期間と車両重量によって変わる税額を詳しくご説明します。

 

車検証の有効期間について

 

ここで簡単に、新規登録及び車検時の有効期間について簡単にご説明しましょう。

 

自家用乗用車及び軽自動車とともに、新車登録時から3年間が車検証の有効期間となり、その後の車検証有効期間は2年ごととなります。

 

 

つまり、新車登録時は「3年間」で、その後は「2年間」となります。

 

車を取得時と継続とでは、重量税額が変わるので注意しましょう!

 

 

※新規登録とは、新たに自動車を使用しようとするときに受ける検査、または、いったん使用することを中断する手続きをした自動車を再び使用するときに受ける検査

国土交通省「自動車検査・登録ガイド」をご覧ください。

 

重量によって変わる税額

 

次に車の重量によってどのぐらい税額が変わるのかご説明しましょう!

 

その前に、自動車重量税は「重い自動車が公共の道路を走る時の劣化や道路の傷や欠点を補填するための税」という意味がありました。

 

 

ですが、今では道路特定財源が一般財源化されたため、その使い道は曖昧になっています。

 

それでは具体的なご説明に移りましょう。

 

自家用乗用車は車両の重さ0.5トンごとに税額が変わります

 

乗用車は500kg以下から始まり、500kg単位で3,000kgまでの6段階が設けられています

 

軽自動車は車両の重さにかかわらず税額は定額です。国土交通省「自動車重量税額の調べ方」をご覧ください。

 

 

これまではどれぐらいかかるかということをお伝えしました!

 

しかし、ある特定された車を購入することで、「減税」や「免税」を受け取れます。

 

 

数年前から注目を集めているエコカー減税とは?

 

実は、重量税が購入する車によって減税や免税にできることはご存知でしたか?

 

数年前からテレビや雑誌などで注目の「エコカー減税」です。

 

環境性能に優れた「エコカー」については優遇措置があり、平成30年4月30日までに新車登録をした場合は、

 

燃費基準の達成度合により「25%減税」「50%減税」「75%減税」「100%減税(免税)」の4段階が設定されています。

 

 

なお、新車購入時に免税を受けた車両については、初回車検時も免税となります。

 

※先ほどの「自動車重量税額の調べ方」に詳しく記載されていますのでご覧ください。

 

これまでのご説明で、重量税でかかる「金額」や「支払うタイミング」「免税や減税」などを知っていただけたと思います。

 

重量税は、車購入時にかかる「初期費用」であり、「ランニングコスト」ということを忘れないでください。

 

 

その上で、あなたにあった車を購入することをオススメします。

 

当社では廃車(永久抹消)を専門としており、本来廃車によってかかる費用負担も0円でご対応しております。

 

もし、廃車買取をご希望であれば下記の「愛車の査定価格をいますぐチェック!」から無料見積もりをご利用ください。

 

関連記事


廃車のトラブルの事例|注意すべき4つのポイント!... 廃車手続きでトラブルを起こさないために。 廃車をお考えの方、廃車手続きの際に極稀にトラブルが発生していることはご存知でしょうか? 一生に数回しか行わないかもしれない廃車でも、タイミングが悪ければトラブルに巻き込まれる可能性があります。&nb...
ディーラーで廃車手続きをする前に注意したい4つのポイント...  ディーラーで廃車手続きをお考えの方へ。 車の購入やメンテナンスでお世話になっているので、廃車もそのままディーラーに任せしようと考えている方も多いでしょう。 しかし、ディーラーでの廃車は、金額的に大きな損をする可能性があります。 ...
廃車するには相続放棄が必要?注意すべき車の所有権... 親が遺した車の扱いに困ると、まずはじめに思い浮かぶのは車を廃車にすること。 しかし、自己判断で廃車手続きを進めるのは危険です。相続問題にかかわる恐れも。 ここでは相続した車の廃車で忘れてはならない手続きや、確認すべき点をご紹介します。&nb...
事故車や不動車を運ぶ車両!!レッカー車以外の車をあなたは言えますか?...  エンジン故障で動かなくなってしまった車、事故を起こしてしまって動かなくなった車、 バッテリー上がりで動かなくなった車、これらの車を廃車する際にどのように動かすのでしょうか? それぞれの案件によって動かす車両が異なりますので下記で...
事故車や故障車などパーツは再利用できない?...  パーツ利用は可能? 事故や故障車のパーツの再利用は可能なの? 故障した場合でも他の部分は調子が良いので使えないのか?と考える方が多いのではないでしょうか。  許可を持たない人が車をバラして販売すると罰せられる...
車の購入に印鑑証明書は必要なの?必要枚数と有効期限は?... 車を購入する時は、普段見慣れないような書類がありドキドキすることはありませんか?さらに一生に数回しか購入する機会がないので、必要な書類に不備がないか不安になることも。 「初めだからといって恥もかきたくないし購入手続きをスムーズに進めたい。」 「印鑑...
簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県