廃車の処分費用を無料にする方法!廃車にお金をかける必要はありません

公開日:2019年10月2日
最終更新日:2019年10月12日
廃車 無料 処分

廃車にしたい車があっても、費用がかかるとなると踏みとどまってしまいますよね。

 

わざわざ廃車にするのだからお金はかけたくないものです。

 

実は廃車にお金をかける必要はないのです。

 

今回の記事では、廃車の処分費用を無料にする方法についてご紹介します。それでは、参りましょう!

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

お客様について

 

廃車の処分費用は無料にできる?

 


廃車 無料 処分

 

廃車にする際、自分で廃車にしようと思えば、レッカー費用、解体費用、廃車に必要な手続きの手数料がかかります。

 

しかし、そんな廃車処分費用を無料にすることが可能です。無料と言われるとなにか裏があるのではないか、怪しいと思ってしまいますが、なんで無料でできるのか?の理由も交えながら解説をしていきますね。
 
廃車処分費用を無料にする方法としては、廃車専門の業者に引き取ってもらうことです。自動車解体施設がある業者に依頼することで、廃車費用をかけずに廃車にすることができます。
 
廃車専門者は解体施設にて中古車部品を取り出しリユース販売する販路があるため、無料で廃車にすることができるのです。
 
走行距離が高い車、車体がボロボロになってしまっている車でも、再利用することができる中古車部品、金属素材を流通させることができるので、無料で廃車にできるという仕組み。
 
廃車にする利用者は不安になることなく利用することができます。
 
また、通常は中古車や廃車にする車は、レッカー費用が必要となります。
 
しかし、廃車買取を行っている業者なら、自社保有のキャリアカーがあることで、ガソリン代だけのコストで済むため、安く廃車の回収もしてくれます。
 
中古車部品の販路が多い、海外に輸出することができる、解体事業の認可を受けているため、都道府知事から認可を取得しているという廃車買取業者を選ぶことで、廃車を無料でお金をかけずに行えます。
 

廃車の処分費用の内訳

 

廃車 費用 内訳

 
廃車の処分費用の内訳です。

 

 レッカー移動費用

動かなくなってしまった車を解体工場まで運ぶためのレッカー移動費用がかかります。
車検切れの場合も、公道走行不可であるため、レッカーで運ぶ必要があります。
レッカー費用は移動距離に応じ価格が変動するため、大体1,2万円ほどかかります。

 解体費用

自動車は許可をうけている解体工場でしか解体することができません。
解体工場に解体依頼をした場合、解体にかかる費用が車の大きさにより決まります。
大体1~3万円ほどかかります。

 廃車書類作成申請費用

自動車を解体したあと、陸運局で永久抹消登録を行う必要があります。
陸運局に登録されている自動車の情報を消去する方法です。
書類申請にかかる費用は500円ほどかかります。
行政書士などに書類の制作を依頼した場合は約1万円ほどかかります。

 リサイクル料金

リサイクルするために必要となる費用も必要となります。最近は自動車取得時に支払うシステムとなっています。
しかし、古い車の場合は納付していないことがあります。リサイクル料金が納付されていないという場合は、約1,2万円ほどかかります。
車種によって価格が異なります。

 

自分での廃車手続きは勿体無い

 
廃車の場合は自分自身すると、逆に費用が高くなってしまいます。
 
廃車は手間もかかるのに、業者に依頼するときよりも費用がかかります。自分でレッカー移動や解体を依頼しなければいけません。できるのは陸運局で抹消登録申請をするくらいとなります。
 
ご自身での廃車は意外と費用と手間もかかるのでおすすめしません。
 

ディーラーや中古車販売店では、処分費用がかかることも

 
廃車買取の場合、廃車買取業者に依頼することで、廃車費用を無料にすることができます。
 
ディーラーや車屋の下取りに出してしまうと、費用がかかり損します。
 
ディーラーや自動車販売店に依頼した場合、まずは中古車として買い取るという形になるため。中古車としての価値がない車はお金になりません。
 
事故車や故障、傷が多い、古い、走行距離が高いというような、廃車に使用としている車は、買取価格がつかず、逆に引き取るための費用を請求されてしまうこともあります。
 
ディーラーが下取りした廃車が廃車買取業者に引き渡されるため、ディーラーが廃車買取業者に受け渡す際にかかる費用を、廃車にしたいあなたが処分費用として支払わなければいけなくなってしまうのです。
 

【必見】ディーラーで廃車手続きは120%損!?廃車手続き前に注意すべき4つのポイント

ガソリンスタンドの廃車引き取りも注意

 

廃車 ガソリンスタンド 損

 
ガソリンスタンドの場合もディーラーと同じような状態となります。

 

もし廃車にする際に鉄くずやパーツなどがまだまだ使用できるもので、海外輸出などができる場合、せっかくお金になるはずだった車をガソリンスタンドに無料で渡し、ガソリンスタンドが儲けるという仕組みになり損してしまいます。

 

そこで、廃車買取業者に依頼すれば、廃車買取業者では、廃車にするまでの仲介手数料のようなものもかかりませんし、廃車にしたときに取り出すことができたパーツや鉄くずを海外輸出などを行うことで、お金になります。

 

その分、廃車を提供したお客様から廃車費用をいただくことがないという仕組みなのです。

 

また、海外輸出することができるパーツや鉄くずなどが多く、買取費用が高かった場合、無料以上にお金になることもあります。

 

まとめ

 
自動車を廃車にしたいとき、必ず解体費用、レッカー移動費用、書類作成制作費用、リサイクル料がかかってしまいます。
 
しかし、廃車買取業者に直接依頼することで、すべての費用が不要となり、お金をかけずに廃車にすることができます。
 
買取蚊価格がつくこともあります。
 
古くても、故障していても、廃車にしたい車があるときは、廃車買取業者にお願いするのが一番お得です。
 
安心してご利用ください。
 

廃車買取実績の一覧

関連記事

無料見積もりはコチラから

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

お客様について