廃車にかかる手数料の相場は?【お金をかけずに廃車する方法】

公開日:2019年9月27日
最終更新日:2020年3月18日

「車を廃車するのにどのくらい手数料がかかるの?」
「お金をかけずに廃車手続きができたらなぁ・・・」

 

お持ちの愛車を長年使い、そろそろ廃車を検討している方は、こういった疑問があるのではないでしょうか?

 

実は、廃車買取の専門業者に頼むことで、お金をかけずに廃車にすることができます。

 

実際に廃車買取のハイシャルでは、年間数万件もの廃車手続きの相談実績があり、引取りから廃車手続きまで無料で代行しています。

 

もし、お金をかけずに廃車手続きをしたいと思っているなら、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 
お急ぎのかたは廃車買取のハイシャルまでご連絡ください。年間数万台の廃車のご依頼をいただいています。豊富な廃車の買取実績があります。

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

お客様について

 

廃車にかかる手数料の相場と内訳は?

廃車 手数料

 

廃車にかかる手数料の相場は、「どういう方法で廃車手続をするか」によって大きく変わってきます。要するに、「自分で手続きする」のか「業者に頼むのか」で相場は変わります。

 

まずは、廃車手続をする3つの方法を知りましょう。

 

・ディーラーに依頼をする
・自分で廃車手続をする
・廃車買取業者に依頼をする

 

これから、それぞれの方法で廃車手続をした場合の手数料の相場と内訳を解説します。

 

なお、「とにかくお金をかけずに廃車手続をしたい!」という方は、<廃車に手数料・費用をかけたくないなら廃車買取業者へ>まで読み飛ばしてください。

 

ディーラーに依頼したときの廃車手数料

ディーラーに依頼したときの廃車手数料は、他の廃車方法に比べて割高になるケースが多いよ!

ディーラーは割高になると思ってた!

 

手続内容は「一時抹消登録」と「永久抹消登録」があり、ディーラーに依頼したときの手数料は、以下の通りです。

 

・一時抹消登録:20,000~50,000円
・永久抹消登録:30,000~70,000円

 

一時抹消登録と永久抹消登録が分からない方は、車の廃車にお金がかかる時代は終わり!初心者向けガイドを参考に!

 

また、廃車手数料の内訳は主に3つあり、以下のようになっています。

 

・廃車手続き(書類など):10,000~30,000円
・引取り(レッカー代):10,000~20,000円
・解体費用:10,000~30,000円(※一時抹消登録の場合は、解体作業をしないため、解体費用は掛かりません)

 

レッカー代などの引取り費用をかけたくない方は、車をディーラーまで自分で運ぶことで手数料を抑えることができます。

 

また、車の乗り換えでディーラーに下取りとして出す場合は、上記諸々の手数料が安くなるので、乗り換えを検討している方にはおすすめの方法になっています。

 

その他ディーラーでの廃車に関しては【必見】ディーラーで廃車手続きは120%損!?廃車手続き前に注意すべき4つのポイントで詳しく解説しています。

 

自分で廃車手続きをしたときの廃車手数料

自分で廃車手続きをしたときの廃車手数料は、意外にもディーラーに依頼したときの手数料とさほど変わらないことが多いです。

意外に高いんだね~!

 

ディーラーに依頼したときと同じで、手続内容は「一時抹消登録」と「永久抹消登録」があり、自分で廃車手続をしたときの手数料は、以下の通りです。

 

・一時抹消登録:10,000~50,000円
・永久抹消登録:20,000~70,000円

 

また、廃車手数料の内訳は主に3つあり、以下のようになっています。

 

・廃車手続き費用(陸運局にて):350円
・引取り(レッカー代):10,000~20,000円
・解体費用:10,000~30,000円(※一時抹消登録の場合は、解体作業をしないため、解体費用は掛かりません)
・自動車リサイクル料金:0~20,000円

 

廃車手続き自体は、陸運局に行けば自分でも行えますが、ナンバープレートの取り外しや、解体作業(永久抹消登録の場合)は基本的に業者の力を借りることになります。

 

また、永久抹消登録時には、リサイクル料金がかかる場合があり、支払い状況や料金の確認は自動車リサイクルシステムのHPから確認可能です。

 

リサイクル料金についての詳しい内容は廃車に必要なリサイクル券とは?で解説していますので参考にしてください。

 

廃車買取業者に依頼したときの廃車手数料

廃車買取業者に依頼したときの廃車手数料は0円。場合によってはプラスになる可能性もあります。

0円?それにプラスになる可能性があるの?

 

廃車買取業者に依頼したときの手数料は0円で、その内訳は以下の通りです。

 

・廃車手続き費用(書類など):0円
・レッカー代などの引取り費用:0円
・その他諸々の費用:0円

 

廃車にお金がかからない上に、買取金額が付きます。

 

では、なぜ手数料や費用がかからない上に、買取金額がつくのか?これから解説していきます。

 

廃車に手数料・費用をかけたくないなら廃車買取業者へ

廃車 無料

それでは、本題の廃車費用を無料にする方法について解説していきましょう!

 

とにかく廃車にお金をかけたくない!」という方は、ハイシャルのような廃車買取の専門業者に依頼することで、無料で廃車手続きをすることができます。

 

詳しい内容を見ていきましょう!

 

車の引き取り費用が無料

廃車買取の専門業者に依頼をすると、お金も時間もかけずに廃車することができます。

 

それはどんなにボロボロで動かない車でも、自宅まで無料で引取に伺うことができるからです。

 

ディーラーや中古車販売店だと引取費用が掛かってきますが、ハイシャルのような廃車買取業者であれば、レッカー代(引取費用)など必要ありません。

 

面倒な手続き作業を無料で代行

自分で廃車手続きを行うにはかなりの手間がかかります。例えば、ナンバープレートを外したり、陸運局や軽自動車協会に書類を提出しなければなりません。

 

また、陸運局や軽自動車協会の受付時間は平日の日中に限られており、会社勤めの方が自分で廃車の手続きをするのは極めて困難。

 

廃車買取業者に依頼すれば、必要書類を送付するだけで陸運局での面倒な手続きを無料で代行してくれます。

 

どんな状態の車でも0円以上の買取保証

廃車買取のハイシャルでは車両ごとに全国1000社以上ある専門協力業者から最適な販路を選択して販売しています。

 

一般的に廃車の車両は価値がないといわれ、処分の費用をとられることが多いですが、各専門業者のニーズに合わせて車両を提供することにより、廃車の車両がもつ最大限の価値を引き出すことができ、0円以上の買取保証を実現しています。

 

なぜ廃車費用が無料になるのか?

廃車 無料

 

ハイシャルでは、全国1,000社以上の提携業者がおり、車両の最大価値を引き出す仕組みを持っています。

 

廃車になるような車でも、使えるパーツを探しての販売、リサイクル素材(鉄やアルミなど)としての取引、海外への販売などの販路を持っているので、廃車費用が0円でも利益が残る仕組みなのです。

 

日本では中古車としての見込みがない車でも、海外では日本車の人気は絶大で、高値で取引されることがあります。

 

そのため、他社では「廃車費用がかかる。」と言われた車でも、廃車費用がかかるどころか、買取価格を付けられることも。

 

「廃車にお金も時間もかけたくない!」という方は、廃車買取のハイシャルへとご相談下さい。

 

自動車税などの還付金を受け取ろう

 

車を廃車すると、自動車税の還付金を受け取ることができます。

 

自動車税の還付金とは、自動車の抹消登録が完了した翌月から3月までの自動車税を返還する制度です。※軽自動車には還付金の制度はありません。

 

また還付金は、廃車手続き完了後おおよそ1〜2ヶ月前後で受け取ることが可能。

 

詳しくは買取業者まで、問い合わせしてみましょう。

一部の廃車買取業者では、自動車税の還付金をお客様に渡さない業者も存在するので注意が必要だよ!

ハイシャルに依頼すると還付金は返ってくるの?

ハイシャルでは、自動車税の還付金は全てお客様に渡しているよ!ちなみに、重量税と自賠責の還付金は、買取価格に含めて提示しているよ!

 

まとめ

いかがでしたか?

 

自分で廃車手続きをするのは案外お金も手間もかかるもの。

 

ハイシャルでは、面倒な廃車手続きはもちろんのこと、通常、ディーラーや中古車販売店に依頼するときにかかってしまう引取費用や廃車代行費用なども、無料で代行いたします。

 

「お金も時間もかけず、廃車をしたい。車を手放したい。」という方は、ハイシャルのような廃車買取業者にお任せください。車の引き取り、面倒な廃車手続きも無料で代行いたします。


関連記事

無料見積もりはコチラから

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

お客様について