ハイシャルなら面倒な手続きはすべて丸投げ
無理な営業は一切いたしません
無料見積もりはこちらから

廃車の豆知識

廃車の手続き代行は無料が当たり前!【損しない廃車の仕方】

更新日: 2021/05/18
廃車 手続き 代行

「廃車手続きの代行費用はいくらくらいかかるんだろう・・・。」「どこに依頼すればいいの・・・。」と疑問に思いませんか?
 
結論からいうと、廃車手続きは廃車買取業者に依頼することで0円(無料)でやってくれます。
 
この記事では、なぜ廃車買取業者に依頼したほうがいいのか、廃車代行を依頼する際の注意点などを詳しく解説していきます。
 
このような方におすすめの内容です。

廃車を自分でしようか代行してもらおうか迷っている方
廃車手続きの代行費用が気になる方
廃車手続きを代行してくれる業者はどこか知りたい方

では、解説していきます。
 
なお、車の廃車や処分をしたい方は「ハイシャル」へとご連絡ください。専門スタッフが処分に必要な工程と廃車手続きをサポートします。

電話をかける 電話をかける

0120-932-037

愛車をWEBで査定 愛車をWEBで査定

 
廃車の必要書類も迷わずすぐわかる!専門スタッフが親切対応!
 
お客様にメリットのある ハイシャルならではの特典

9月中に廃車すると

ハイシャルなら自動車税の還付金が受け取れる ハイシャルなら自動車税の還付金が受け取れる

 

廃車代行費用はいくらかかる?

自分の愛車を廃車にする際、「廃車費用」が気になっている方は少なくないでしょう。
 
以下では、自分で廃車した際にかかるであろう費用と、廃車買取業者へ依頼した際の費用を比較しました。
 
【自分で廃車をした場合】

費用
引取り費用 0円~30,000円
※車が動くかどうかで値段は変わります。
解体費用 0円~30,000円
自動車リサイクル料金 7,000円~20,000円
※車の車種などによって値段は変わります。
※リサイクル料金を既に支払っている場合は、費用は再発生しません。
申請書類の関連費用 5,000円~10,000円
廃車代行費用 0円~10,000円

 
【弊社(ハイシャル)のような廃車買取業者に頼んだ場合】

費用
引取り費用 0円(無料)
解体費用 0円(無料)
自動車リサイクル料金 0円(無料)
申請書類の関連費用 0円(無料)
廃車代行費用 0円(無料)

 

廃車手続きを代行してくれる業者はどこ?

廃車手続きを代行してくれる業者は廃車買取業者だけではありません。
 
廃車手続きを代行してくれる業者は主に3つあります。

・ディーラー
・中古車販売店
・廃車買取業者

これを踏まえて、なぜ廃車買取業者がおすすめなのか見ていきましょう。

ディーラーや中古車販売店は費用がかかることがある

「車を手放したい」こう思ったとき、真っ先に思い浮かぶ売り先はディーラーや中古車販売店。車両状態によっては、運が良ければ買取価格をつけてくれる業者もいるでしょう。
 
しかし、これらの業者は車の下取りしてはくれるものの、廃車となると手続きの費用がかかることがほとんど。
 
また動かない車であれば買取価格がつきにくい上に、レッカーで引き取ってもらうことになるため、レッカー代がかかります。
 
もし、「お金をかけず車を手放したい」、「時間をや手間をかけずに廃車したい」とお考えの方は、廃車買取業者に依頼することをおすすめします。

廃車買取業者がおすすめな理由

どんな状態の車でも0円以上の買取保障

まず、どんな古いボロボロの車でも0円以上の買取査定額がつきます。
 
年式が古くても綺麗な車であれば高く売れることも・・・。
 
また、(弊社 ハイシャル)では車両ごとに全国1000社以上ある専門協力業者から最適な販路を選択して販売しています。
 
一般的に廃車の車両は価値がないといわれ、処分の費用をとられることが多いですが、各専門業者のニーズに合わせて車両を提供することにより、廃車の車両がもつ最大限の価値を引き出すことができ、0円以上の買取保証を実現しています。

廃車買取実績の一覧

 

引き取り費用が無料

ハイシャルのような廃車買取の専門業者に依頼をすると、お金も時間もかけずに廃車にすることができます。
 
もし車がボロボロで動かない(不動車)場合でも、全国どこでも自宅まで無料で引取に伺います。
 
ディーラーや中古車販売店だと持ち込みになり、費用が掛かってきますが、ハイシャルのような廃車買取業者であれば、レッカー代(引取費用)など必要ありません。

面倒な廃車手続き作業もすべて無料

廃車買取業者に依頼することで、陸運局での廃車手続きも無料代行
 
必要書類を買取業者に送付するだけで、陸運局での廃車手続きを進めてくれます。
 
もし自分で廃車手続きをする場合、5万~7万ほどの手続き費用がかかりますが、廃車買取業者に任せることで、無料で廃車手続きの代行をしてくれ、さらに時間もかけずに済ますことができます。
 
ディーラーや中古車販売店では自動車税の還付金がもらえないのが一般的。
 
ハイシャルでは自動車税の還付手続きも無料で代行し、お車の買取金額にプラスして還付金が後日お客様に返ってきます。
※軽自動車には自動車税還付の制度はございません。

無料で廃車代行ができる3つの理由

廃車買取業者が0円で廃車手続きをしているのにはもちろんワケがあります。
 
3つの理由を以下で解説しています。

海外に輸出し、販売できるから

無料で廃車代行をしている理由の1つは、廃車した車を海外で再販売できるから。
 
日本では、走行距離10万km以上を超えると、中古車としての価値がガクッと下がります。
 
しかし、海外では違います。海外では、走行距離10万km・20万kmを超えてもメンテナンスや修理を施し、気にすることなく乗り続けます。
 
そして、廃車買取業者は、海外への販路ルートを持っているため、ディーラーや中古車販売店では買取価格がつかなかった車両でも、買取価格をつけることができます。
 
日本車は性能がよく人気が高いので、長年日本で使われた車が海外で再利用されるケースは珍しくありません。
 
なのでディーラーや中古車販売店では費用がかかる場合でも、廃車買取業者ならば無料で廃車代行ができるのです。

中古品パーツとして販売できるから

たとえ、お持ちの愛車の車両状態がひどく、到底販売できそうにない車でも、生きているパーツのみを再度販売することが可能です。
 
また車のパーツには鉄でできている部分が多くあり、その鉄くずを売ることによって利益を得ることができます。
 
こういった理由から、廃車買取業者はどんな状態の車でも無料で廃車代行ができます。

修理して、中古車として販売できるから

車の車両状態によりますが、修理後、走行可能な自動車と認定されれば、修理され再度国内オークションなどで販売されるケースも。
 
日本車は性能がいいので、見た目が良くなくても、少し手を加えてあげるだけで、案外走ることがあります。
 
なので、ディーラーや中古車販売店では費用がかかる場合でも、廃車買取業者ならば無料で廃車代行ができるのです。

廃車代行を依頼するときの注意点

廃車後は必ず解体されるというわけではない(廃車には2種類ある)

廃車とは、正式には車の抹消登録を済ませることを言います。
 
そして、抹消登録は、大きく分けて「永久抹消登録」と「一時抹消登録」の2つに分かれます。
 
永久抹消登録とは、字のごとく永久的に登録を抹消すること。
 
廃車と聞いたとき、「車を解体して使えないようにする」というイメージがありますが、まさにこれが永久抹消登録であり、車を解体(スクラップ)にして、二度と車を使えない状態にします。
 
以下のような車両は基本的に永久抹消登録を行います。

・修復ができないほどの事故車
・中古車としての価値が見込めない車
・車が盗難に遭いどこにあるのか分からない車両

永久抹消登録によって解体された車は、パーツを再利用したり、鉄・アルミなどの素材としてリサイクルされます。
 
なお、通常は、永久抹消登録が完了をすると、自動車税・自賠責保険・重量税などの還付金が受け取れますが、軽自動車には自動車税の還付制度はありません。
 
一時抹消登録とは、ナンバープレートを返却して一時的に公道を走れない状態にすること。
 
つまり解体せずに、一時的に登録を抹消するということです。
 
車を再販する時や、書類の使用期限が近いときに一時抹消登録を行い、再登録をすると再び公道を走れるようになります。
 
一時抹消登録の車は、自動車税の課税が免除されるので、「ある期間のみ使用しない車」、中古車販売業者が「商品の自動車税の課税免除」の時に使用します。
 
また、これらの車の管理情報は、普通自動車では「陸運局」、軽自動車では「軽自動車検査協会」で、「誰がどのような車を所有しているのか」を管理します。
 
「必ず解体してほしい」という方は、廃車買取業者を利用する際に、要望をはっきり伝えましょう。

 自動車税の還付金を渡さない業者もある(還付金を受け取る)

廃車手続きが完了してから、およそ1ヶ月〜2ヶ月後には、自動車税の還付金を受け取ることができます。
 
※自動車の廃車手続きが完了すると、陸運支局から都道府県の税事務所に連絡が行き、還付金の手続きが行われます。
※※ご自宅に還付通知書が届きますので、口座振込か金融期間の指定を行って還付金をお受け取り下さい。
 
廃車買取業者を廃車代行を依頼した後で、還付金のことを知り、トラブルに発展する場合もあります。
 
このようなトラブルを避けるためにも、還付金をだれが受け取るのかしっかり聞きましょう。
 
ハイシャルでは、お客様のもとに自動車税が還付されますのでご安心ください。

廃車代行するときの必要書類

普通車の必要書類

◇自宅で用意できるもの
・車検証
・自賠責保険証
・リサイクル券
・実印
・身分証明書のコピー

◇市役所で取得するもの
・印鑑証明書
・住民票
・戸籍付票
・戸籍謄本

◇廃車買取の業者に提出するもの
・譲渡証明書
・委任状

イラスト付きの普通自動車の必要書類はこちらを確認ください。普通自動車の廃車手続きに必要な書類

 

軽自動車の必要書類

◇自宅で用意できるもの
・車検証
・自賠責保険証
・リサイクル券
・認印 ※普通自動車の場合は実印ですが、軽自動車の場合は認印でも構いません。
・身分証明書

◇廃車買取の業者に提出するもの
・申請依頼書

イラスト付きの軽自動車の必要書類はこちらを確認ください。軽自動車の廃車手続きに必要な書類

 

廃車代行手続きの4つのステップ

ネット・電話申し込み【査定】

インターネットで、簡単に問い合わせと査定が可能です。
 
またお急ぎの方は、電話でご連絡ください。

査定金額確認【成約】

電話にて査定金額をご提示致します。
 
査定金額にご満足いただければ、ご成約となります。

引取り日確認【引取り】

ご指定の日時・ご住所にお車を引き取りに伺います。(引取日当日にお立会いできない場合でも引取り可能)

買取金額受け取り【振込】

必要書類を郵送していただき、不備の有無を確認後、お客様のご指定口座に速やかにお振込み致します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
 
「お金をかけず車を手放したい」「時間をや手間をかけずに廃車したい」とお考えの方は、 廃車買取業者に依頼すること。
 
ディーラーや中古車販売店であれば、引取費用や代行費用がかかり、廃車費用を請求されることもあります。
 
「廃車手続きを代行してほしい」という方は、ぜひ廃車買取のハイシャルへとご相談ください。


お客様から満足頂いている

廃車買取実績

トヨタ ヴィッツDBA-SCP90
買取価格
¥15,000
車種
トヨタ ヴィッツ
型式
DBA-SCP90
年式
2018(H20)
走行距離
100000 km
満足度
90%
買取エリア
愛知県
ダイハツ タントカスタムCBA-L350S
買取価格
¥11,000
車種
ダイハツ タント
型式
CBA-L350S
年式
2017(H19)
走行距離
105,000 km
満足度
100%
買取エリア
三重県
メルセデス・ベンツ Mクラス
買取価格
¥300,000
車種
メルセデス・ベンツ Mクラス
型式
DBA-164186
年式
2010(H22)
走行距離
120,000 km
満足度
100%
買取エリア
大阪府
買取価格
¥50,000
車種
トヨタ プレミオ
型式
CBA-ZZT240
年式
2006(H16)
走行距離
125,000 km
満足度
100%
買取エリア
東京都
買取価格
¥45,000
車種
トヨタ ヴォクシー
型式
CBA-AZR60G
年式
2004(H16)
走行距離
120,000 km
満足度
100%
買取エリア
愛知県
トヨタ クラウンアスリート
買取価格
¥60,000
車種
トヨタ クラウンアスリート
型式
DBA-GRS182
年式
2005(H17)
走行距離
150,000 km
満足度
100%
買取エリア
神奈川県
買取価格
¥45,000
車種
トヨタ アイシス
型式
CBA-ANM10W
年式
2004(H16)
走行距離
100,000 km
満足度
100%
買取エリア
東京都
スズキ キャリイトラック
買取価格
¥30,000
車種
スズキ キャリイ
型式
EBD-DA63T
年式
2006(H18)
走行距離
120,000 km
満足度
100%
買取エリア
大阪府

関連する記事