オルタネーターを交換する前に知っておきたい5つこと。費用は?異音が聞こえたら?

2019年1月31日
オルタネーター 交換 異音

走行をしていて異音が聞こえたら、オルタネーターの損傷・故障が考えられます。

 

オルタネーターとは、エンジンの駆動を利用した交流発電機のこと。バッテリーへと電力を供給する役割があります。

今回の記事では、異音別の原因、損傷・故障した時の症状、原因、交換・修理費用について解説をしていきます。

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県

 

オルタネーターから異音が聞こえたとき

 

オルタネーターは、複数のパーツを組み合わせて構成されていて、内部の部品に損傷・劣化がある時に、異音が聞こえます。

 

しかし、オルタネーターの点検は、目視や異音だけでの診断は難しくなります。

 

正確な診断をするためには、電圧チェッカー使用がおすすめ。(2000円程度。ホームセンター・工具店で販売しています)

バッテリー端子に繋いで、オルタネーターが発電されているか、また正常にどれくらい発電しているかを数値で見れます。

 

オルタネーターの故障かな?と思ったら、必ず点検を受けるようにしてください。最悪の場合だと車両火災に発展する恐れがあります。

 

 

ウィーンという異音が聞こえる場合

 

「ウィーン」という音が聞こえた時は、ベアリングの劣化が考えられます。

 

ベアリングとは、機械を動かすときに発生する摩擦を軽減するための部品。オルタネーター以外にも、自動車のさまざまな部品に組み込まれています。

 

そのため、「ウィーン」という音が聞こえた時には、オルタネーター以外の可能性も考えられます。

 

 

カラカラ・カリカリという異音が聞こえた場合

 

 

「カラカラ」「カリカリ」という異音が聞こえた時は、プーリーの摩耗の可能性があります。

 

※摩耗(まもう)とは、他のものにすられて、減ること、擦り減ること。

 

プーリーとは、クランクシャフトの先端に取り付けられていて、ウォーターポンプ、パワーステアリング、エアーコンプレッサーなどを駆動するもの。

 

オルタネーターのプーリーが劣化すると、エンジンの回転とともに「カラカラ」と異音が聞こえます。

 

前述した「ペアリング」のように、オルタネーター以外のプーリーから音が出ている可能性もあるので、プロの点検を受けて原因を特定してください。

 

 

キュルキュル・キーキーという異音が聞こえた場合

 

「キュルキュル」「キーキー」という異音が聞こえたときは、ベルトのゆるみや故障などが考えられます。

 

エンジンの回転を伝えるために、ベルトは一定の力で張っておく必要があるので、張る力が弱まるとベルトが滑ってしまいます。

 

そのベルトの滑っている音が、「キュルキュル」「キーキー」という異音の原因になります。

 

また、ベルトが劣化して、表面や溝にひび割れが発生している可能性もあるので、早めに点検を受けて必要があればベルト交換をしてください。

 

修理・交換費用の相場価格については、後述します。

 

 

オルタネーターの仕組み・役割

 

オルタネーター  とは

 

オルタネーターという言葉を「初めて聞く言葉だ・・」というかたも多いかと思います。この項目では、オルタネーターの仕組みや役割について解説をしていきます。

 

オルタネーターは、エンジンの駆動によって得られる回転数を使って発電をします。そして、その電気をバッテリーへと供給する役割があります。

 

また、バッテリーの電力を使って作った磁界を電力で誘起するため、ダイナモに比べて小型軽量化に成功しています。

 

オルタネーターで発電される電流は交流電流ですが、自動車で使用される電流は直接電流なので、オルタネーター内部には、ダイオードによる整流回路も組み込まれています。

 

このオルタネーターが損傷・故障をすると、必要な電力が供給されなくなるので、最悪の場合にはエンジンはかかりません。また、オルタネーターの交換費用は高額になります。

 

オルタネーター故障の症状・原因

 

異音が聞こえる以外にも、オルタネーターの故障時によく見られる症状・原因についてを解説していきます。症状は大きく分けて以下になります。

 

オルタネーター故障の症状・原因

・エンジンがかかりにくい

・バッテリー警告灯が点灯

・運転中にエンジンが止まる

・バッテリー交換をしたのにエンジンが止まる

 

エンジンがかかりくい

 

エンジンがかかりにくくなる原因は、3点考えられます。

 

エンジンがかかりにくい原因

・カーボンブラシの摩耗

・レクティファイヤーの故障

・ICレギュレーターの故障

カーボンブラシとは、モーターに使われる機能部品のこと。モーターや発電機を回転する部品に接触をして、摺動しながら通電する機能を持っています。

 

レクティファイヤーとは、オルタネーターの交流電流を直流に変換する装置のこと。

 

ICレギュレーターとは、ICレギュレーターはオルタネーターの回転が高くなっても出力電圧を一定に制御する装置になります。

 

これらに損傷・故障があると、エンジンがかかりにくくなります。

 

 

バッテリー警告灯が点灯

 

オルタネーターが故障をすると、バッテリーの充電ができません。また、故障による発電のし過ぎの時もバッテリー警告灯が点灯することも。

 

以下の画像のような警告灯(マーク)が点灯していないかを確認してください。

 

充電 警告灯

 

 

運転中にエンジンが止まる

 

オルタネーターが故障をすると、車のバッテリーを全て使用します。エアコンやナビなどが動かなくなり、突然エンジンが止まってしまう事態にもなります。

 

 

バッテリー交換をしたのにエンジンが止まる

 

バッテリーを交換したのに、バッテリー上がりを起こすのであれば、オルタネーターの故障が考えられます。

 

 



オルタネーターの交換・修理費用

 

オルタネーター  費用 交換

 

オルタネーター(車)から異音が聞こえた時は、エンジン故障につながる恐れがあるので、早めに点検に出してください。大きなトラブルになる前に交換・修理をするのがおすすめです。

 

修理費用

 

修理で済む場合は、費用はそれほど高額ではありません。

 

修理費用

・オルタネーターベルトの部品代|1,000円〜3,000円程度。

・ペアリングの部品代|1,000円〜3,000円程度。

上記の部品代に、工賃がかかりますが、工賃を含めても10,000円を超えることはないので安心してください。

 

 

交換費用

 

オルタネーターの交換が必要な場合、費用は高額になります。

 

交換費用

・新品のオルタネーター の部品代|5万円〜10万円程度

・リビルド(中古品)の部品代|1万円〜2万円程度

この部品代に合わせて、工賃が1万円程度かかります。このように、オルタネーターの交換費用は高額になります。

 

車検が迫っている・年式が古い・走行距離が多いなどの車であれば、車の乗り換えを考えても良いかもしれません。

 

 

オルタネーターの交換が必要になったら、廃車にする手もある

 

 

交換費用が高額になるのなら、これを機会に車を買い換える選択もあります。

 

年式が古く・走行距離も多い車であれば、オルタネーター以外の修理・交換の必要箇所が見つかり、さらに高額になる可能性も。

 

そのまま修理をして乗り続けるよりも、車を買い換えた方が得になるのか、損になるかを検討してみてください。

 

弊社、廃車買取のハイシャルなら、動かない車でも、「廃車費用を一切かけず」に廃車をできます。

 

多くの人が勘違いをしているのが「廃車には廃車費用がかかる」ということ。

 

しかし、弊社、廃車買取のハイシャルなら、「廃車費用はすべて無料」「レッカー代料金も無料」「廃車手続き代行費も無料」と廃車費用を一切かけることなく、車を廃車にできます。

 

 

他の業者では、「廃車費用がかかる」と言われた車でも、思わぬ高価買取価格がつけられることも。

 

「なぜ、廃車でも買取価格がつくのか?」と疑問を持たれるかたも多いのではないでしょうか?弊社、廃車買取のハイシャルでは、海外への販売ルートや中古車のパーツ販売のルートがあります。

 

他社では、「廃車費用がかかる。」「ボロボロで買取価格がつけられない。」と言われた車でも、車両価値を引出すことにより、廃車費用をかけることなく廃車手続きを進められます。

 

「廃車にお金も時間もかけたくない!」という方は、廃車買取のハイシャルへとご相談ください。

 

 

 

まとめ

 

オルタネーター (車)から異音が聞こえた場合は、そのまま放置しておくと、エンジンが動かなくなる可能性も。早めに修理・交換に出してください。

 

また異音を聞き分けることで、どこのパーツが損傷しているかを判別することができます。

 

オルタネーターの修理は高額にはなりませんが、交換になると費用は跳ね上がります。見積もり金額が高額になったのなら、これを機会に車を乗り換える選択肢も。

 

弊社、廃車買取のハイシャルは、動かなくなった車でも廃車費用をかけずに廃車ができます。お気軽にご相談ください。

 

以上、「オルタネーターを交換する前に知っておきたい5つこと。費用は?異音が聞こえたら?」でした。

無料見積もりはコチラから

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県