9年落ちの車の買取はどこに頼むべき?おすすめ買取先を比較してみた

公開日:2020年3月30日 日本全国対応 廃車の豆知識
最終更新日:2020年12月3日
9年落ち 廃車買取

車を売りたいけど、「9年も乗っているから、高く売れないのでは?」そう思っていませんか?長く乗っている車でも、車種や状態、さらにはタイミングによって高く売れることがあります。
 
何でも使い捨てだった時代は終わり、今では愛車を長く大切に使っている人も多くなりました。しかし、車検のお知らせが来るたびに、そろそろ手放した方がいいのかな、と一度は悩むもの。
 
その中でも9年、4回目の車検を受けるタイミングで車を手放す人も多いようです。理由は色々ありますが、10年が1つの区切りになることと、フルモデルチェンジのサイクル的に(4年から6年)「一昔前の車」になる前に手放そう、とする人が多いからでしょう。
 
また、買い取ってもらう場合、10年以上の車は、査定額が大きく下がってしまいます。
 
そこで、9年落ちの車を買取してもらうにはどこに頼むべきなのか比較してみました。迷っている方は是非参考にしてみてください。
 

先に結論を言うと、過走行・動かない・大破しているような車であれば、ハイシャルのような廃車買取業者への依頼がおすすめです。

 

 

9年落ちの車でも高額で買取してもらえる車は?


9年落ち 車 買取

 
まず、新車を買う際の「下取り」とは別に、車を手放す方法には2種類あります。それは「中古車買取業者」に頼むか、もしくは「廃車買取業者」に依頼することです。
 

中古車買取業者に出した方が良い車

 
中古者買取業者に依頼した方がいいのは、走行距離が少なく車両状態が良い車です。もちろん年式が新しく、すぐに乗れる車の方が有利ですが、9年落ちの車でも想像以上に高い値段が付く場合があります。
 
古い型式が人気の車種や、コアなマニアがいる車もありますし、海外でも日本の中古車はかなりの需要があるからです。
 
逆に、人気の車種であっても動かない車や大きな事故をした車などは、中古車買取業者では買取ってもらえないことがあります。
 
どんな車でも引き取ってくる場合もありますが、逆に廃車手続き費用や処分費用を取られる可能性があるので注意した方が良いでしょう。
 

廃車費用・処分費用が取られることもあるんだ・・

下取り・買い替えをするときは相殺してくれることもあります。ただし、状態が悪い車を処分するだけでは費用がかかってしまうことも・・・

廃車買取業者に依頼する車

 
車が故障していたり、事故車、不動車になると、中古車としては価値がなくなります。その場合は廃車買取業者に依頼します。
 
中古車として売るよりははるかに下がりますが、買取ってもらえる場合がほとんどです。さらに、たとえ車が動かなくてもレッカー車などを使って、現地まで取りに来てくれる業者も多いので安心です。
 
業者によっては、レッカー代や出張費、さらには廃車手続きがすべて無料というところもあるので、どんな金額が発生するのか電話で詳しく聞いた方が安心でしょう。
 

ハイシャルでは、どんな車でも0円以上の買取保証。引き取り費用・手続き費用なども一切かかりません。

9年落ちの車でも高額で買取してもらえる車は?

走行距離が少ない車

中古車として買い取ってもらう場合、まずは走行距離が少ない車は高く買取ってもらいやすくなります。エンジンや足回りが消耗されていないので、車としての寿命が長いからです。
 
一般的に走行距離が5万キロ以下の車は、査定金額がアップされる傾向にあります。
 

フルモデルチェンジ前の車

 
また、売ろうとしている車のフルモデルチェンジ前に買取ってもらうことも大切です。
 
フルモデルチェンジ後になると、前の型式は「古くさい」イメージとなり、どんなに良い状態だとしても、中古車としての価値がぐんと下がるからです。
 
乗っている車のモデルチェンジのニュースが出たら、手放すかどうかの検討をしてみてもいいでしょう。
 

車両状態が良い車

 
もちろん、どんな車でも車両状態の良い車は、高評価につながります。
 
車の外装に大きな傷やへこみが無いのも大切ですが、社内やシートの状態が良いと、大切に乗っていたことが伝わりますし査定金額もアップしやすいでしょう。
 
逆に一見綺麗に見えても、たばこやペットの形跡があったり、きつい匂いが残っていると評価が下がる場合もあります。
 

人気の車種

 
人気の車種はもちろん買取金額も高くなります。しかし、車種によっては年式やモデルチェンジに関係なく、市場価値が大変高い車もあります。
 
そのような車は、例え外観が悪くてもさほど金額に影響しない場合さえあるのです。
 

9年落ちの車でも買取価格が付く理由

中古車として販売できるから

 すでに書いたように、状態の良い車や人気の車種は中古車市場でも価値があります。
 
たとえ人気のない車種だったとしても、車にこだわりのない人も沢山いますので、状態さえ良ければ売れる可能性はあるのです。
 

海外に輸出して販売するから

丈夫で壊れにくい日本車は、中古車としても大変人気があります。特にアジア圏では、舗装もされていない道路も多く、故障の少ない日本車は需要が大きいのです。
 
ですから、たとえ国内で人気のない車種でも、海外に輸出すれば簡単に買い手が付く場合があります。
 

生きている部品やパーツに価値が付くから

 
たとえ、故障している車でも、外装が良ければ値段が高くなる事もあります。きれいなパーツだけを取り外して、中古パーツとして再利用できるからです。
 
最近では、車の修理をした際、新品を使うか中古パーツを使うか聞かれることも多くなりました。
 
ドアやミラー、ボンネット、フロントガラスなど、人気車種であればあるほど中古パーツとしての価値が高くなります。
 
また、外装がボロボロでも、エンジンやミッション、足回りに影響がなければ、それだけでも価値のある車種もあります。
 
そういった車は、海外での需要が高く、たとえ廃車専門店であっても高く買取ってくれる可能性があります。
 

まとめ

 
「9年落ちの車は、もう価値がないのでは?」と思うかもしれませんが、車種によっては大変な価値があります。
 
たとえ人気のない車種であっても、年代や型式によって大きく値段が付く場合もありますし、その買取会社の得意、不得意としている車種もあるのです。
 
大切なのは、車の買取専門店であっても、複数の会社に見積もりをしてもらうことでしょう。
 
また、いくら高く買取ってくれても、遠い店舗に持ち込む際の輸送費がかかったり、廃車買取業者の場合、面倒な書類の手続きをしてもらえない場合もあります。
 
単純に車の買取金額だけではなく、車の引き渡しや書類関係も詳しく聞いて、9年落ちの車をお得に買取ってもらいましょう。
 

中古車としての価値がつかない車の処分は、ハイシャルへとお任せください。


簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

お客様について

関連記事

無料見積もりはコチラから

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり 簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

お客様について