お電話はこちらから フリーダイヤル0120932037

ハイシャルのコラム車情報更新中

コラム一覧を見る

Haishall's Columnハイシャルのコラム廃車や車に関する様々なお役立ち情報をお届けします!知って役立つ車のアレコレ

Haishall's Columnハイシャルのコラム廃車や車に関する様々なお役立ち情報をお届けします!知って役立つ車のアレコレ

車の処分を考えている人必見!「廃車」と「売却」の違いとは?

2018.03.01
気になる車の処分|「廃車」と「売却」どちらがよい!?
廃車買取ハイシャル_コラム画像

「長年愛用してきたけれど、そろそろ維持が大変」、「海外転勤になって今持っている車を使わなくなった」、「事故に遭ったから別の車に乗り換えたい」など、車が必要な環境で生活していると、所有していた車を手放すという機会が訪れることもあるでしょう。

所有している車を手放す方法には「廃車」「売却」といった手段がありますが、実際に車を手放す際に、「廃車」と「売却」のどちらにすべきか悩む人も多いと思います。

そこで、この記事では車を処分する手段である「廃車」と「売却」の2つの方法について、説明します。それぞれの方法について詳しく知り、どちらの方法で手放すほうがよいのかチェックしましょう。

廃車にする場合

廃車の方法には、「一時抹消登録」と「永久抹消登録」の2種類があります。一時抹消登録とは、一時的に車の使用を止めるための方法です。一時抹消登録をすると、登録された車は公道を走ることができなくなります。

しかし、一時抹消登録をしている期間中は自動車税や自賠責保険料を支払う必要がなくなるため、「海外出張でしばらく車を使わないけど、戻ってきたらまた乗る予定」などといった場合には、一時抹消登録を検討するのもよいかもしれません。

もう一方の「永久抹消登録」は、車を解体してナンバープレートも完全に陸運局に返却し、車の戸籍(車籍)を抹消する手続きです。永久抹消登録した車はバラバラに解体されるので、二度と公道を走ることはできません。

バラバラに解体された車からは、金属などの資源が回収されてリサイクルされます。また、まだ利用することができるパーツは中古部品として再利用されることもあります。永久抹消登録された車のすべてがゴミになってしまうわけではなく、使えるところは再利用されるのですね。

一時抹消登録も永久抹消登録も、車を解体業者に持って行ったり、陸運局での手続きを自分で行なったりすれば、手間はかかりますが費用を最小限に抑えることができます。

一方、ディーラーなどの業者に依頼して廃車手続きを行なってもらう場合、車のリサイクル料金に加えて、車の引き取り費用や廃車手続き手数料などといった諸費用がかかる場合もあります。

しかし、自分ですべての手続きを行なうよりも手間がかからないというメリットもあります。自分で行なう場合のメリット・デメリットと、業者に依頼する場合のメリット・デメリットを比較して、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

また、車を廃車にすると、納付済みの自動車税や自動車重量税、自賠責保険料が一部返還される場合もあります。これらの還付金の手続きも忘れないようにしてくださいね。

売却する場合

「廃車(永久抹消登録)」が解体業者に車を解体してもらって二度と乗れない状態になる処分方法であるのに対し、「売却」は車の買取業者やディーラーに車を買い取ってもらうという処分方法です。

一般的に、買取業者やディーラーが買い取った車は中古車として販売されます。 廃車の場合は手続きに費用がかかることがほとんどですが、中古車として買い取ってもらった場合には反対にお金をもらうことができます。

また、自走できない状態で廃車にするしかないという車でも、廃車専門の買取業者が買い取ってくれることもあります。中古車として買い取ってもらう場合ほど高値がつくことはありませんが、金銭的にプラスになることも多いようです。

では、車を売却する際にはどのようなポイントに注意すればよいのでしょうか。まず、車を売却する場合には、必ず複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。買取業者のなかには、優良とはいえない業者もいます。

今まで愛用してきた車を高く売るためにも、複数の業者の見積もりを比較し、信頼できる業者に買い取りを依頼するようにしましょう。 また、事故歴のある車は事故車専門の買取業者に買い取りを依頼するのが無難です。

事故に遭ったことがある車は、査定時に気づくことができない不具合も多いので、買い取り後に買い取り業者から返金請求がくることもあります。このようなトラブルを避けるためにも、最初から事故車専門の買取業者に依頼することをおすすめします。

結局、車処分は廃車と売却どちらにすべきか!?
廃車買取ハイシャル_コラム画像

「廃車」と「売却」のそれぞれの方法について詳しく説明してきましたが、気になるのは「結局どっちがいいの?」というポイントでしょう。

処分する予定の車を廃車にしたほうがよいのか、売却したほうがよいのか、一緒に考えていきましょう。

まず、車の状態がよければ中古車として買い取ってもらうのがおすすめ。

型式が比較的新しいものや、走行距離が短いもの、車のボディに傷やへこみなどがほとんどないものは、まず買い取りを検討してみましょう。

ただし、型式が古かったり走行距離が長かったり、車に大きな傷やへこみがついていたりと、売り物にならない状態だと中古車として買い取ってもらえないどころか処分費用がかかる場合もあります。

このような場合は、廃車買取専門業者に依頼して廃車にしてもらうことを検討してみましょう。 廃車にするとはいえ、使える部品があったりリサイクルできる金属があったりします。

廃車買取専門業者であればこれらの資源を上手に換金することができ、自分で行なうよりも廃車手続きの手間を省くこともできるので、中古車での買い取りを狙うよりもスムーズに処分が進むというわけです。

廃車買取専門業者に依頼する場合には、自動車税や自動車重量税、自賠責保険料の還付金を受け取るための申請も忘れずに行ないましょう。(中には還付金の手続きをしてネコババする悪徳業者もいるので必ず信頼できる業者選びが大切です。)

このように、処分する車の状態によって、廃車のほうがよいか売却のほうがよいかは変わってきます。しかし、車の専門家でない限り、車の詳しい状態を判断することは難しいですよね。車を処分するときには、まずは見積もりを取ってみることが大切です。

「廃車にするしかないな」と思っていても、中古車として売却することができるケースもあるので、選択肢を多く持っておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?大切に使ってきた愛車を手放すときには、最もよい方法で見送ってあげたいですよね。

そのためにも、持ち主の判断だけで「廃車」か「売却」かを決めず、それぞれの方法について見積もりを取ってみることが大切です。

費用や買取価格だけではなく、処分にかかる手間や確実性などといった点も含めて検討し、後悔のない処分方法を選びましょう。

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県