お電話はこちらから フリーダイヤル0120932037

ハイシャルのコラム車情報更新中

コラム一覧を見る

Haishall's Columnハイシャルのコラム廃車や車に関する様々なお役立ち情報をお届けします!知って役立つ車のアレコレ

Haishall's Columnハイシャルのコラム廃車や車に関する様々なお役立ち情報をお届けします!知って役立つ車のアレコレ

車の燃費は買取に影響するの?燃費向上のポイントは?

2018.01.25
燃費は車の買取価格に影響する!
廃車買取ハイシャル_コラム画像

廃車買取専門のハイシャルコラムをご覧いただきありがとうございます。車の良し悪しを決める判断材料に燃費の良さがあげられますが、実は、買取りにも大きな影響を与えます。 車は購入費用が高く、更にはガソリン代などの運用コストが多くかかります。

どのような車が燃費良く、お得に乗れるのか?高額買取りを達成する可能性があるのか? まずはしっかりとリサーチしてから、自分の車を選んでいきましょう。

車の燃費の平均について

住んでいる地域によって交通の便の良さは違いますが、やっぱり現代の生活では、車を持っている方が便利だと感じる人は多いのではないでしょうか。 ただし、車は購入費用だけでなくガソリン代や車検代、税金や定期的にメンテナンスを受けるために要する費用、いわゆるランニングコストがかかります。

購入費用はローンでコツコツ支払っていくことができますが、車のランニングコストは日々かかり、その場で支払わなくてはいけないお金です。 当然自分の衣食住の維持にかかる生活費もありますので、車にかかるランニングコストは少ない方が良いに決まっています。

だからこそ、税金や車検費用の負担の少ない軽自動車は人気です。一昔前の軽自動車は「セカンドカー」や「女性が乗るもの」というイメージがありましたが、最近はお得さで男女を問わず、幅広い年代で選ぶ人が増えています。

維持費を低く抑えるために軽自動車を選ぶのであれば、あとは平均的な燃費の良さを重視すればいいのですが実際は違います。軽自動車は、最近人気急上昇のために性能が向上しており、意外と燃費を悪くしている車も多いのです。

車体が大きく重くなるほど、また、早く力強く走ろうとするほどガソリンを必要とするわけですから、軽自動車の機能と燃費は反比例の関係。

ちょうど良いバランスを取って、乗りやすくかつオーナーに負担の少ない自動車を選ぶためにも、市販されている軽自動車の燃費をよく知っておきましょう。

例えば人気の次の3種の軽自動車の燃費は、次のようになります。



・スズキ アルト 37.0km/L 平均実燃費24.1km/L



引用|スズキ アルト

・ダイハツ ムーヴ 31.0km/L 平均実燃費23.6km/L



引用元|ダイハツ ムーブ

・ダイハツ ミライース 35.2km/L 平均実燃費23.2km/L



引用元|ダイハツ ミラーイース

軽自動車の場合はもともとエンジンの出力が小さいため、メーカーのカタログに記載されている燃費と、条件の悪い公道での走行や荷物を積んだ状態での平均実燃費とのギャップが大きい傾向があります。

こういった平均実燃費も参考に、ランニングコストの良い車を選んでみてください。

車の燃費を向上できる?燃費向上のために今からしたいこと

カタログの燃費と実走行の平均燃費に差があるように、軽自動車の燃費は走行によっても左右されます。急ブレーキや急加速など、車やエンジンに一気に負荷のかかる運転は、燃費を悪くさせるもとです。

経済的に車を乗りたいのであれば、無理に前の車を追い越すようなことはやめ、できるだけ丁寧な運転を心掛けましょう。 燃費向上のために心掛けたい運転のコツは、次の9つです。



1.急ブレーキを避けてゆっくりとアクセルを踏み、丁寧な運転を心掛ける

2.急発進や急加速は控える

3.アイドリング時間をできるだけ減らす

4.加速や減速が多くなりがちな渋滞の道や市街地を避ける

5.前車とは十分な車間距離を取る

6.下り坂ではエンジンブレーキを使い、惰性で走らせる

7.エンジンへの負荷を抑えるために、不要な荷物を積まない

8.長距離の移動は高速道路を使い、100㎞/h以上の経済的速度で走る

9.車は近場を乗り回すのではなく、20~30㎞以上の移動にだけ使う



こういったポイントをわきまえずに車を運転していると、ガソリン代が無駄にかかるだけでなく、エンジンの性能自体が低下してしまいます。



次のような状態でも燃費が悪くなりますので、車の走行状態やエンジン自体に障害を及ぼすパーツはきちんとメンテナンスを心掛けましょう

・タイヤの空気圧が低い

・タイヤ断面が歪んでいる

・タイヤの溝が摩耗している

・エンジンオイルの交換を怠り、汚れている

・エアフィルターが汚れている、詰まっている


走り方を変えてメンテナンス方法に気を配るだけでも、燃費が20%以上も向上するといわれています。将来的に高額査定を狙うためにも、ぜひ自分の車の使い方を見直してみてください。

車の燃費が減ってきたら買い替えのサイン?

どんなに丁寧に車を扱っても、エンジン回りの劣化は避けることができません。心配であればガソリンを一度満タンにしてから走行距離を記録し、次のガソリンを入れたときの量で計算して、自分の車の燃費を出してみましょう。

メーカーや自動車販売サイトなどが公表している平均実燃費と比較して極端に数値が低下しているなら、それはそろそろ買い替えの時期かもしれません。

そのまま燃費のリスクを我慢して乗っていても、エンジンのパワーや走行性能、乗り心地はどんどん悪くなっていき、買取り価格が下がってしまう可能性も考えられます。動いているのだからまだ走れると無理をしても、かえって損になってしまいます。

燃費の低下は、車の劣化を測る良いバロメーター。車の買取りで不利にならないよう、車の燃費性能からベストな買い替え時期を考えていきましょう。もちろん最終的には廃車にすることを考えて、コスパ低下を承知で使うといった方法もよいでしょう。

しかし、車の内部が劣化しすぎているから売れないと判断するのは早計かもしれません。エンジン全体としては機能が低下していても、細かい部品に解体してしまえば、充分パーツ取りができる可能性があります。

なので、燃費が劣化した車は廃車の買取りに出すのが狙い目です。丁寧に乗っていた車は、部品としての再利用価値も高いのです。 パーツ市場に強力なネットワークを持つ廃車専門の買取り業者を選んで、高価買取りを目指しましょう。

まとめ

車の燃費は性能に直結していますので、燃費が悪くなった車は価値がないと思い込んでしまいがちですが、決してそのようなことはありません。

日頃から燃費性能を極力低下させない車の使い方を心掛けていれば、車の価値は比較的下がりません。内部が劣化した状態でもパーツの買い取りが可能な場合もあります。

信頼のおける廃車専門の買取り業者にお願いすれば、意外と良い値が付くかもしれません。たとえわずかな査定金額でも、いくばくかのお金になれば、次の車を購入する足しにもなるでしょう。

大事に使えば最終的な見返りは大きいので、ぜひ自分の車の使い方を見直すことをおすすめします。買い替えまでの期間をできるだけ伸ばして、燃費のいい車であり続けられるよう考えていきましょう。

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県