お電話はこちらから フリーダイヤル0120932037

車のへこみの直し方は自分でもできる?修理にださなくても完璧に仕上げる5つの方法

2018.10.01
車のへこみの直し方は自分でもできる?修理にださなくても完璧に仕上げる5つの方法

車にへこみができてしまった。大切にしている愛車ほどそのダメージは大きいもの。

 

でも、そのまま走行するには不恰好だし恥ずかしい。

 

ただ、修理工場に持っていくのもお金がかかるし出費が痛い。

 

 

と頭を悩ませていませんか?

 

 

そんなかたにこそ、オススメしたいのが、自分で(DIY)で修理すること。

 

自分で修理をすると、板金屋や修理工場に持っていくことなく費用を抑えることができます。

 

そして、意外にも自宅にあるちょっとしたもので凹みを直せます。

 

 

「でも、本当に自分でへこみを直せるの?」

 

と不安なかたもいらっしゃるかもしれません。

 

この記事では、自分で修理する方法、そのメリットとデメリット、板金屋や修理工場での修理費用、について解説します。

 

いちど読んでみて検討してみてください。

ドア付近は車のへこみが多い箇所で修理には高額な費用がかかることも

 

知らなかった。車のへこみ修理がこんなにかかるなんて。

 

車のドア付近のへこみは意外と多いです。ブロックにぶつけてしまったり、内輪差で柱にぶつけてしまったりした経験はないでしょうか?

最悪の場合は、ドア交換、フェンダー補修、ドアミラーの修理、などもろもろ込みでディーラーに依頼すると工賃込みで10万~20万円ほどする可能性も。

修理箇所単体で見てみると、

ドア・フェンダーの修理費用は、相場として約30,000円程度。

ドアミラーの修理費用は、相場として約5,000円程度。

バンパーの修理費用は、相場として約25,000円程度。

の出費を覚悟しなければなりません。※傷の範囲やダメージの具合によって異なります。

 

車がへこんだ時の修理費用・値段はいくら?

 

ドアパーツ付近以外にも車にへこみができてしまった場合、修理費用はどれくらいかかるのでしょうか?

自分で車のへこみを直す場合と工場で修理を頼んだ場合、それぞれの費用の目安をみてください。

 

自分で修理する場合の費用・値段

 

車のへこみを自分で直す場合、直し方にもよりますが、費用はほとんどかかりません。

家に、ドライヤー、冷却スプレー、樹脂製のハンマー、があれば吸盤を使用する以外の直し方を全部することができます。

新たにこれらを買う必要があっても、1万円を出せばで全部揃えられます。

 

板金屋や整備工場での修理費用・値段

 

修理にかかる費用は、へこみがある場所と大きさによって異なります。

例えば、10cm×10cmほどのへこみが、フロントバイパーにあった場合は1.5万円、リアバンパーでは2.5万円、ドアでは3万円、クォーターパネルだと7万円の費用が相場です。

この金額は10cm×10cmほどのへこみの修理にかかる費用です。そこまで大きくありませんが、へこみの範囲が広く修理しづらい場所だと数十万円かかってしまうこともあります。

大きなへこみで費用が高くなってしまう場合は、廃車や買い替えの検討も考えてください。

 

自分(DIY)で修理することのメリットとデメリット

 

自分(DIY)で修理するメリット・デメリット

自分でへこみの修理をするメリット・デメリットを解説します。

自分で修理するメリットは

・板金屋や修理工場にお願いするよりも費用を安く抑えることが出来る

・自分で修理するので車を預ける必要がない(生活の足を奪わられない。)

というメリットがあります。

へこみの修理に必要となる道具は家にあるものでもできます。

修理のために何か道具を購入しなければいけないということもありません。

時間とやる気さえあればすぐに試してみることができる、というのも自分で修理することのメリットと言えます。

 

自分で修理することのデメリット

・板金屋や修理工場の仕上がりと比べると、荒さが目立ってしまう。

へこんでいる箇所が大きかったりすると、自分でへこみ修理を試したものの綺麗にならず、結局は板金屋や修理工場に持っていくことも。

その場合は、自分で修理しようと頑張った時間と労力が無駄になります。

 

板金屋や修理工場にお願いするメリットとデメリット

 

板金屋・修理工場に依頼するメリット・デメリット

板金屋や修理工場にお願いするメリットとデメリットも解説します。

自分自身でするか?プロに依頼するか?検討材料として活用ください。

車両保険を使用して修理する場合は、こちらを参考に!

気になる車の修理費用はどれくらい?修理会社はどう探す?

 

板金屋や修理工場にお願いするメリット

 

メリットは、やはり仕上がりがキレイということ。

板金を生業としているプロに任せるわけで、当然へこみがあった形成などを残すことなく修理できます。

 

板金屋や修理工場にお願いするデメリット

 

修理している間は、車を使うことができない。

特に、通勤に毎日車を使っている方にとって、2~3日の間だけもお困りになるかもしれません。

そして、当然、修理費用がかかります。

 

へこみ箇所毎の修理にかかる時間の目安

 

修理にかかる時間はへこみがある場所によって異なります。

例えば、フロントバイパーであれば2日間、リアバンパーだと4日間、クォーターパネルやドアだと5日間ほど時間がかかります。(目安として)

街の板金屋や修理工場は代車を用意してくれるところも多いです。

代車が全部貸し出されてしまっているケースもありますので、念のために見積もり時には代車を手配してもらえるか確認してください。

 

自分で車のへこみを直す5つの方法

 

車のへこみを板金修理した経験があれば、見積もり金額を見たときに「え!こんなにするの!」と驚いたこともあるかもしれません。

小さなへこみでも結構な修理費用がかかるため、板金屋や修理工場に依頼すると痛い出費になることも。

もし自分でへこみを修理できれば、かなり安く直すことができます。ここでは自分で車のへこみを直す方法を5つご紹介します。

車のへこみの扱いで困っているかたは試してみてください。

 

車のへこみの直し方は意外にも熱湯が効果的

 

熱湯がへこみを直すのに役立つ。

意外に思われるかたも多いのではないでしょうか?車のへこみの直し方に熱湯が効果的です。

車の凹み部分に、熱々の熱湯をかけましょう。※熱湯の扱いに注意してくださいね。不安なかたは次に紹介する、ドライヤー手法を試してください。

そして、へこみの部分を裏側から押し出してやる。これだけです。

原理としてはシンプルです。

カップ焼きそばのお湯を、シンクに流すときに、突然ボゴッという音を聞いたことはないでしょうか。

これは熱湯によって樹脂の形が変わるからです。熱々の熱湯なので使い方に注意しながら、いちど試してみてくださいね。

 

ドライヤーを使ってへこみは直せる!

 

ドライヤーを使ってへこみを直そう!

ドライヤーをへこみのある部分にあてるという方法があります。

ドライヤーでへこみのある部分を軟らかくしていき、裏側から押し出すことでへこみを直すことができます。

バンパーやエアロパーツ、フロントフェンダー、ボンネット、リアゲートなど樹脂でできていて、かつ裏側から押し出せる箇所のへこみを直すのに向いているやり方です。

 

吸盤を使ってへこんだ部分をある程度まで復元できる

 

熱湯やドライヤーで金属を十分に軟らかくしてから、吸盤でへこみを引っ張って直すという方法です。

この直し方は板金工場でも使用されている方法ですので、上手に行えばかなりキレイに仕上げることも可能です。

吸盤で引っ張り出してへこみが目立たなくなったら、最後にハンマーなどで細かく形状を整えることも。

通販サイトなどで車のへこみ直し用の吸盤が販売されています。吸盤の値段は2,000円前後が相場となっています。

 

冷却スプレーを使ったらより効果が出やすい

 

裏側から押し出すことができない箇所では、ドライヤーで熱くしてから冷却スプレーで一気に冷やすという直し方もあります。
 

急速に冷却することで金属が元の形状に戻ろうとする力が働き、へこんでいた部分が元通りになっていきます。

冷却スプレーを噴射する際には逆さにして噴射することで、超低温の液体が噴射されるので効果がより出やすくなります。

 

ハンマーで形を整いやすくすることも出来る!

 

へこみがある部分の裏側からハンマーで叩いて、形を整えていく直し方です。

このときもドライヤーで熱しながら叩いていくことで形が整いやすくなります。
 

ハンマーは頭部が金属製のものではなく、樹脂製のものを使用すると、少しずつへこみを直していけるのでおすすめです。

ただし、慎重に叩かなければ「へこみは取れたけど全体的にデコボコしてしまった」ということになりかねませんので、注意してください。

 

まとめ

 

自分で車のへこみを修理することは、意外にも簡単だと思いませんか?

必要なものについても、ドライヤー、冷却スプレー、ハンマー、吸盤、を集めても1万円ほどで全て購入することができます。

ただ、当然ですが、修理のクオリティにこだわるのであれば、プロに任せることがおすすめです。

自分で修理した場合、さらに損傷をひどくしてしまう可能性も。

もし板金屋や整理工場に依頼するのであれば、小さな凹みの範囲であれば3万~5万円程度、大きな凹みであれば5万~10万程度の出費は覚悟しておきましょう。

修理が高額になり、廃車をお考えなら廃車買取のハイシャルへとご相談ください。

廃車買取・事故車買取 - 無料査定と高価買取中|ハイシャル
簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県