お電話はこちらから フリーダイヤル0120932037

車の維持費について簡単解説!車検費用や税金など含めていくらかかる!?

2017.06.21
車の維持費について簡単解説!車検費用や税金など含めていくらかかる!?

都心部では交通機関が発達し、車がなくても生活に支障がない世の中になってきました。

 

また、どうしても車が必要になった場合は格安レンタカーやカーシェアリングといったサービスを使うことも出来るようになりました。

 

車を所有するには維持費が掛かってしまいますので、今後は更に所有するのではなくシェアする方向に進んでいくのではないでしょうか。

 

とは言ってもやはりマイカーが欲しい!自家用車が欲しい!と思う気持ちもありますよね。そこで気になるのはやはり車の維持費です。

 

車の維持費をきちんと把握しておかないと、生活が一気に苦しくなった・・・なってことも。せっかく購入した車を泣く泣く売りにだしたり、

 

後から新車を購入して後悔した、なんてことにならない為に車の維持費についてきちんと学習しておけば安心ですよね。

 

そこで車検費用や税金などを含めて「車を維持するのに必要なお金は!?」を簡単にまとめてみたので参考にしてください。

 

車検費用について

車検費用 日本国内の公道を車で走行するためには国土交通省が検査を行う検査登録制度に登録をしなければいけません。

一般的に、車検と呼ばれるこの制度に無登録状態で公道を走行すると道路運送車両法違反となります。

 

新車では3年間、2回目以降は2年間スパンで車検を受けなければいけません。(レンタカー、バンなどは1年間) ではこの車検費用はどの位かかるのでしょうか?

 

2年分の概算費用は下記のようになります。

 

自動車重量税 軽自動車 6,600円 普通自動車は重量によって8,200円~41,000円

※自動車重量税とは、自動車の区分や重量、経過年数に応じて課税される税金のことです。自家用車の場合0.5トン単位で税金が決められています。そして、3トン以上は同一料金となっています。ちなみに田中角栄氏らが1971年に創設した国税となります。

 

自賠責保険料 軽自動車 25,070円 普通自動車 25,830円

※正式名称を「自動車損害賠償責任保険」と言います。自動車やバイクを運転する時に、法律で加入することが義務付けられている(強制されている)保険となります。

 

印紙、証紙代 軽自動車 1,400円 普通車1,700円~1,800円

 

車検代行費用 10,000円~100,000円程度 その他、交換部品があれば部品代+工賃が掛かかります。

 

車検に関する詳しい解説はこちら。

車検が切れた車の罰則はあるの?運転したらどうなる?

 

自動車税について

4月1日の所有者に課税される税金で普通自動車は都道府県より課税されます。 軽自動車については各市町村によって課税されます。

普通車の自動車税については年度内で廃車の手続きをとった場合、月割りで還付を受けること可能ですが 軽自動車については年額での課税になりますので還付は受けることが出来ません。

 

軽自動車税 3,000円~12,900円 事業用途や年式によって課税額が異なります。 普通自動車税 29,500円~127,650円 排気量や年式によって課税額が異なります

 

駐車場代

車を保管しておく駐車場がない場合、駐車場を借りなければいけません。 立地条件によって賃貸料に大きな開きがあるようで5,000円~10,000円位が相場のようです。

都心部で借りる場合、30,000円/1ケ月、掛かるような場合もあるので注意すした方がよいでしょう。

 

任意保険料

車検の際に自賠責保険には強制的に加入する必要がありますが自賠責保険だけでは、 もしも事故をした際の補償が万全ではありません。

殆どの方が自賠責とは別で任意保険に 加入するとおもいますが年間で10,000円位のお手軽なものから100,000円以上するような 手厚いものまであるので、補償内容と保険料から選択必要必要があります。

 

自動車の維持費を安くする方法はあるの?

 

自動車の維持費を安くためには?車のランニングコスト(維持費)を考えると想像以上にお金がかかると思ったかたも多いのではないでしょうか。

毎月かかる固定費だからこそ、少しでも安くしたいと思うのが本音でしょう。

一番大きく維持費を抑えるポイントは任意保険です。自分に合った最適なプランに変えることは毎月の維持費を抑えるポイントです。

 

他には、駐車代料金を抑えること。インターネットを使って改めて駐車場を探すことでより安い駐車場が見つかるかもしれません。

多少自宅から遠くなったとしても金銭面と時間的コストを比べてみて検討されてみてはいかがでしょうか。

 

メンテナンス代を抑えること。車の状態を維持するためにはどうしてもメンテナンスや整備も必要もです。

これらも知り合いに聞いてみたり、インターネットで検索してみることによって数万円を浮かせることができるかもしれません。

 

ガソリン代も少し意識をしてみることで安くすることができます。

ガソリンカードを使用することによってリッター当たり◯円引きになったり、クレジットカードで支払うことによってポイントやマイルも貯めることもできます。

車の買い替えのタイミングはいつがベスト?おすすめの時期は◯月!

 

まとめ|車の維持費について

 

このように車を維持所有するにはかなりの費用が掛かってしまいます。

しかし、任意保険代や駐車代などを意識して見直すことによって年間で数万円を抑えることはできます。

 

普段あまり車を使用しないかたや車検を通して乗り続けるか迷っている方、都心部への引っ越しが決まった方などは愛車を手放して、

必要な時にのみレンタカーやカーシェアリングのサービスを利用することを検討していてもいいかもしれません。

 

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県