お電話はこちらから フリーダイヤル0120932037

ハイシャルのコラム車情報更新中

コラム一覧を見る

Haishall's Columnハイシャルのコラム廃車や車に関する様々なお役立ち情報をお届けします!知って役立つ車のアレコレ

Haishall's Columnハイシャルのコラム廃車や車に関する様々なお役立ち情報をお届けします!知って役立つ車のアレコレ

自動車リサイクル法とは→車を処分するための法律

2017.05.21
廃車買取ハイシャル_コラム画像

2005年1月1日に施行された自動車リサイクル法。自動車リサイクル法の存在は知っている、リサイクル料金も払っている、車検証や自賠責保険証と一緒にリサイクル券もちゃんと置いている・・・という人も多いかと思いますが、自動車リサイクル法がどんなものか詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか?

どんな法律?
廃車買取ハイシャル_コラム画像

処分するにしても、車1台のおよそ80%がリサイクルされます。中古パーツとして再利用されたり、鉄などの資源を取り出して再利用されたり、車1台から様々な部品がリサイクルされるのです。

車をリサイクルする為に、車の所有者、関連事業者、自動車メーカーや輸入業者の役割を定めたものが自動車リサイクル法です。

車をリサイクルする処理をするのは関連事業者なのに、なぜ車の所有者が自動車リサイクル法でリサイクル料金を払わなければいけないと定められているのか疑問に思う人がいるかもしれません。

ですが、自動車リサイクル法では、車の所有者には「使用済自動車の排出者」という役割が求められています。

車の処分は廃棄物の処理ということになり、その処理に伴う環境への負荷の責任を排出者が負いましょうということです。車を所有するということは、車を処分する際の責任も少なからず負わなければけないのです。

リサイクル料金はいつ払うの?
廃車買取ハイシャル_コラム画像

自動車リサイクル法が施行された2005年1月1日以降に新車を購入した人は、購入の際にリサイクル料金を払っているはずです。

しかし、これ以前に車を購入した人はまだリサイクル料金を払っていない可能性があります。その場合は、次に車検を通す際に支払うことになります。

車検を通す前に廃車にするという場合は、廃車時に支払うことになります。

リサイクル料金を払ったかどうか分からない・・という人は、リサイクル券があるかどうか確認しましょう。リサイクル料金を支払えば、リサイクル券がもらえます。

リサイクル券はリサイクル料金を支払った証明となり、廃車時に車検証や自賠責保険証等と一緒に提出を求められます。

リサイクル料金は何度も支払うの?
廃車買取ハイシャル_コラム画像

リサイクル料金は定期的に支払う必要は無く、原則として一度支払えば問題ありません。

ですが、リサイクル彫金を支払った後にエアコンやエアバッグ等の装備を後から追加した場合は、追加分のリサイクル料金を支払う必要があります。

また、追加のリサイクル料金を支払う際には、リサイクル料金を運用・管理・徴収に係る費用として資金管理料金というものも支払わなくてはいけません。

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県