お電話はこちらから フリーダイヤル0120932037

ハイシャルのコラム車情報更新中

コラム一覧を見る

Haishall's Columnハイシャルのコラム廃車や車に関する様々なお役立ち情報をお届けします!知って役立つ車のアレコレ

Haishall's Columnハイシャルのコラム廃車や車に関する様々なお役立ち情報をお届けします!知って役立つ車のアレコレ

廃車手続きにも種類がある?

2016.05.31

廃車というと車を捨てる。廃棄するといったイメージを持ちますが廃車の手続き方法には何種類かあるのをご存じでしょうか?ここでは廃車の手続き方法についてわかりやすく簡単にご説明させて頂きたいと思います。

廃車買取ハイシャル_コラム画像
永久抹消登録
廃車買取ハイシャル_コラム画像

永久抹消登録というのは字のとおり永久的に登録を抹消するということになります。この永久抹消登録を行うには該当車両がスクラップ(解体処理)されて公益財団法人 自動車リサイクル促進センターが運営する自動車リサイクルシステムに登録されていることが条件となります。
永久抹消登録をすることによって自動車税重量税や自賠責保険の還付金を受けることができるようになります。永久抹消登録は完全に運輸局のデーターベースから情報を削除してしまうので間違って自動車解体業者などが自動車リサイクルシステムに登録してしまうと車検を受けてもう一度乗ることなどが出来なくなってしまいます。

一時抹消登録

一時抹消登録というのは一時的に登録を抹消するということです。
車についているナンバープレートを外して運輸局に返却をして公道を走れない状態にします。一時抹消登録をした車は自動車税の課税を免除されますので、中古車販売業者などが在庫の車の自動車税の支払いをしないでいいようによく使う手続き方法です。
一時抹消の状態でも所有者等の変更も可能ですし勿論、転売することも可能です。一時抹消の車を再度、公道を走れる状態にする為には、車検を運輸局で受ける必要があります。一時抹消の場合、永久抹消と異なり自動車重量税は還付されません。一方、自賠責保険の還付は受けることが可能です。

廃車買取ハイシャル_コラム画像
輸出抹消登録
廃車買取ハイシャル_コラム画像

輸出抹消登録というのは海外へ車を輸出する際にする廃車手続きになります。
輸出抹消に記載されている期限が記載されていて期限までに輸出しなかった場合は、再度登録をしなおす必要があります。また輸出抹消には所有者が記載されていて所有者しか輸出することが出来ません。もし輸出抹消した車を転売したい場合は、一時抹消に一旦戻さなければ所有者の変更が出来ない為、転売することができません。輸出抹消をした場合も一時抹消の場合と同様で自動車税は課税されなくなりますが自動車重量税の還付はなく自賠責保険の還付は可能です。

まとめ

廃車手続き=抹消手続きの種類についてご理解頂けたでしょうか?廃車の買取や廃車の手続きを依頼しようと考えている方は、各手続きの特徴を踏まえた上で依頼される業者さんを選定されることが重要だと言えます。

普通車の廃車に必要な書類      軽自動車の廃車に必要な書類

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県