お電話はこちらから フリーダイヤル0120932037

ハイシャルのコラム車情報更新中

コラム一覧を見る

Haishall's Columnハイシャルのコラム廃車や車に関する様々なお役立ち情報をお届けします!知って役立つ車のアレコレ

Haishall's Columnハイシャルのコラム廃車や車に関する様々なお役立ち情報をお届けします!知って役立つ車のアレコレ

放置車両に困っている方!|手続きを済ませて廃車にしましょう

2018.08.18
放置車両が私有地にある。どうすれば・・・
廃車買取ハイシャル_コラム画像

いつもハイシャルブログをご覧いただきましてありがとうございます。

所有している土地に知らない自動車が放置されているなどの、放置車両の問題が多くあります。店舗などで長きに渡り、自動車が放置されているなどの経験をされたことはありませんか?



道路交通法の改正により2006年6月1日から「放置駐車違反」の制度が開始されました。以前までは、すぐに取り締まりをするのではなく、わずかですが猶予が与えられていました。

しかし、放置駐車違反の制度が開始されてからは、「運転者が自動車から離れており、すぐに運転できない状態」にあるものは「放置駐車違反」として「時間の経過にかかわらず、すぐに」取り締まりを行うことになりました。



しかし放置車両の取扱には十分注意した上で、手続きなどを行う必要があります。

では実際に放置車両があった場合、どのようなことに注意し手続きを進めていく必要があるのでしょうか?

 

放置車両の取り扱いについて

自分が所有している土地に放置車両があったとしても取り扱いが重要となります。放置車両の持ち主確認などをせずに、急に廃車にすることは後々所有者とのトラブルになりかねません。

被害を受けている状態ですが、手続きや進め方については十分注意してください。では簡単な流れをご紹介します。

 





 



1.放置車両の持ち主確認

まず放置車両の持ち主を特定する必要があります。

なぜ持ち主を知る必要があるかといいますと、廃車する前にその旨を申告しておく必要があります。

もちろん駐車料金未払いなどの請求先としても知っておく必要があります。

持ち主を知る際に重要になるのが、放置車両が軽自動車かそれ以外かによって少し異なります。



【放置車両が軽自動車以外の普通車両の場合】

放置車両が普通車両であれば、「登録事項等証明書」を運輸支局で確認が可能となります。



登録事項等証明書を申請の際に必要なものについては以下のとおりです。

・交付申請する人の身分証明書(窓口で提示)

・取得するための手数料

・放置車両のナンバープレート番号

・車台番号の下7ケタ


ただし次の事項を明確にしていれば、車台番号の記載は必要ありません。



a.放置車両の場所を明確にすること。

b.放置車両の場所の見取り図を添付すること。

c.放置されている期間を明らかにすること。

d.放置されている車両の写真を添付すること。



【放置車両が軽自動車の場合】

軽自動車と普通車両では少し違い、軽自動車の場合は登録事項証明書の制度がありません。



軽自動車の場合は、軽自動車協会で閲覧申請を行い、開示の許可が出された情報のみを得ることができます。

昨今個人情報保護の問題もあり、情報を得られにくいです。





2.撤去を要請する

上記で得た情報を基に、一度警察に相談してみましょう。

また少し前後しますが先に警察に相談した上で、警察から持ち主に連絡を入れたもらうことも可能です。

(民事不加入という原則があり、警察は放置車両の撤去はできません。しかしその車が犯罪と関係があれば、保管のために移動してくれる場合も)

放置車両の持ち主が取引に応じない場合に関しては、内容証明郵便を送りあらためて車の撤去を要求しましょう。

それでも応じない場合でも再度送ることがベターです。



3.司法判断を行う

2度の通達を行っても、取引に応じない場合は司法判断を行う必要があります。

訴訟を提起し、欠席裁判等で勝訴となった場合は、車の競売手続きを裁判所に申し立て、自分でその車を落札。

その時点で、車は自分のものになるので撤去が可能です。

車に価値がないと裁判所が判断した場合は、競売そのものができません。

その場合は、強制執行を執り行い、車の処分を原告側に任せるという形になります。

上記の場合となれば、ナンバープレートごと解体業者に引き取ってもらい、廃車等の処分をしてもらいます。

 

放置車両をしてしまう理由とは?
廃車買取ハイシャル_コラム画像

このような事態を引き起こす理由はどこにあるのでしょうか?

放置車両をしてしまう理由は多々あると思いますが、おそらく大多数を占めるのが「廃車費用が払えない」「廃車にお金を使いたくない」のような理由だと思います。



最近では廃車を無料で行う廃車買取業者も多くあります。

放置車両をする前に、一度踏みとどまって廃車買取業者に相談すれば放置車両の件数は減少傾向となるでしょう。

 

まとめ

放置車両は犯罪であり、放置車両をした方も、された方も大変不幸になります。

冒頭からお伝えしたとおり、放置車両の手続きはかなり大変で時間もかかります。

なるべくこのような事態は避けたいですが、いつ起こりうるかわかりません。



もし放置車両が自分の所有する土地で起こった場合は、上記を参考に手続きを行ってください。

 

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県