お電話はこちらから フリーダイヤル0120932037

プロが教える廃車を高く売る4つの方法

2018.08.18
プロが教える廃車を高く売る4つの方法

 

廃車と呼ばれる状態の車を「少しでも高く売るためにはどうすればいいのか?」これらについてまとめてみました。

 

10万キロや20万キロ走行距離のある車。

次の車を購入検討段階に入っているが、この廃車寸前の車をいかにして高く売るか頭を悩ませていませんか?

 

そもそもこれだけ走っているのに売れるの?お金を払って処分するか、無料で引き取ってもらうかぐらいしか出来ないのではないか?と思う方が多いかもしれません。

 

 

しかしそのような廃車寸前の車でも、売ることが可能なのです。もちろん売ることができれば、なるべく高く売りたいですよね?

 

そんな方のために、今回は廃車寸前の車をいかにして高く売るのかをご紹介いたします。

 

興味のある方や、今の車をどうするか考えている方に最後まで読んでいただければと思います。

 

中古販売店やディーラーは、廃車を高く売ることができない。

 

廃車を高く売るには?

廃車と呼ばれるような古い車や事故車は、中古販売店やディーラーに頼むと費用がかかると言われたりほとんど買取金額がつかなかったりします。

ですから、手前味噌ですが、廃車買取ならば弊社、ハイシャルのような専門業者に依頼することがおすすめです。

中古販売店やディーラーが廃車を高く買い取れないのは2つの理由があります。

 

高く売れる販路を持っていないから。

 

廃車の多くは海外に輸出されたり鉄などのスクラップとして再利用されます。

また使えるパーツがあれば、スクラップになる前に取り外しをして国内外の流出経路で売買を行います。

ですが、中古車販売店などはそういった販路を自社で保有しておらず自動車のオートオークションに出品したり廃車買取店に転売をします。

廃車買取店へ売却できる価格よりも低い金額での買取価格になるので必然的に買取金額はそれよりも低くなります。

 

引き取りコストが掛かるから。

 

廃車買取業者なら輸送費用はなし

廃車寸前の車は、自走することができないケースが多いです。

ですから、レッカー車や積載車などを利用して引き上げる必要があります。

結局、自社でレッカー車など特別車両を保有していない中古販売店は、専門業車に依頼して引き上げてもらう必要があるのです。

 

大破して自走できない車は、近距離の輸送の場合でも30,000円以上も輸送費用がかかる可能性があります。

その輸送費用を買取査定金額から差し引くので、その分買取金額は低くなります。

 

その一方で、廃車買取の専門業者は、特殊車両を持っているので輸送費用がかかりません。

さらにスクラップ工場と提携して間に業者もはさみません。

無駄な費用がかからないので、廃車専門の業者のほうが高価買取を期待できます。

このような理由から、廃車を高く売るためには専門の業者に依頼するのが良いでしょう。

 

廃車専門業者に高く売るにはどうすればいいの?

 

廃車寸前の車は、中古販売店やディーラーよりも廃車買取の専門業車に依頼するほうが高く売れる理由についてお分りいただけかと思います。

では、廃車買取業者にさらに高く引き取ってもらうためにはどうすればいいでしょう?

 

高く売るためのポイント2|車両の情報を把握する

 

正確な車両情報を伝えよう

まずはじめに、買取業者に連絡する際には、廃車を考えている車両の情報を集めておきましょう。

必要な情報はこちらになります。車検証がお手元にあると情報が集めやすいです。

 

・車種

・年式(初度登録年月)

・走行距離

・車検の満了日(有効期間の満了する日)

・自走可能か?(バッテリ上がりやエンジンの故障はないか等)

・車の外装や内装の状況

・前後左右や内装の写真 ※電話査定の場合は不要です。

 

廃車買取の専門業者はこれらの情報を元に買取金額を算出します。

「エンジンやパーツが中古部品としていくらで売れるか」「スクラップとしての価値」「国内での再販が可能か」などの廃車の価値を最大限に引き出した時の販売価格から逆算をして買取価格を提示します。

もしも車両の情報がわからない場合は、概算としての見積もり金額になるので期待している程の査定額を提示してもらえない可能性が高くなります。

 

高く売るためのポイント3|故障箇所の修理や車検を通す、必要性はない。

 

正確には故障箇所を修理したり車検をとった状態で売却した方が高く売れるのですが、修理や車検の費用がそのまま上乗せされるわけではありません。

実質的には現状のまま依頼した方が一番最善の方法と言えます。

但し、洗車をしたりゴミを片付けるなど綺麗な状態にしておけば、査定額を提示する担当者も人ですので多少なりとも良い査定額をつけてもらえる可能性はあります。(出張査定の場合)

 

高く売るためのポイント4|査定担当者と仲良くなる

 

担当者と仲良くなれば査定額UPの可能性も。

電話や実写査定で担当する営業マンはある程度決済できる価格について任されています。担当者と仲良くなることで上司に買取価格をあげる交渉をしてくれることも多々あります。

同じ年式の車でも、乗り方や走行距離・グレートによって車の価値は変わります。

査定額を算出する上司や本部に車両情報が漏れなく伝わるように担当者と良い関係性を保つようにしましょう。

 

まとめ

 

廃車を高く売りたいと思っているなら、中古車販売店やディーラーに頼むよりも、廃車買取の専門業車に頼むほうが高く売れることが多いです。

また、車両の状態を正確に伝えるほど、廃車の価値を引き出す情報を伝えることになるので、高く売れる可能性は高まるでしょう。

担当者と仲良くなっていれば買取価格の値上げに応じてくれる可能性も。

 

この記事を読んで廃車買取に興味を持った方は、この記事もおすすめです。

廃車買取の必要な書類はこちら。

廃車買取の流れはこちら。

簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり簡単入力たった20秒 愛車の査定価格を今すぐチェック 無料見積もり

ご利用の愛車について

メーカー
車種
走行距離

お客様について

お名前
電話番号
都道府県